役者にとどまらず、クイズ番組でも知性派として大活躍している宮崎美子さん。デビューは、熊本大学在学中に篠山紀信さんが撮影した「週刊朝日」の「女子大生シリーズ」の表紙がきっかけでした。作家・林真理子さんとの対談で、宮崎さんが当時を振り返りました。

*  *  *

林:宮崎さんは週刊朝日の「女子大生シリーズ」表紙の記念すべき第1号(1980年1月25日号 撮影・篠山紀信)だったわけですけど、応募した写真を撮ったのは、当時のボーイフレンドだったんですよね。

宮崎:そうなんです。

林:これには、後日談があって、その彼とは結婚なさらなかったけど、その方のお嬢さんが「女子大生シリーズ」に応募して、表紙になったんですね。

宮崎:そうです、そうです。

林:いまそのお嬢さんは何をしてらっしゃるんですか。

宮崎:このあいだ女の子を出産して……。

林:まあ、そうなんですか。時の流れを感じますねえ。

宮崎:もう40年以上前ですから。私が表紙になったのは。

林:2年前も水着写真をお撮りになって、「やっぱりカワイイなあ」っておじさんたちの胸をキュンキュンさせてたみたいですけど、ご自分でも「まだイケるな」と思われました?

宮崎:ハハハハ、あれは篠山さんのマジックで、「このアングル!この角度! ここしかない!」というところでシャッター切ってますから、うまく撮ってくださるもんだなあと思いました(笑)。週刊朝日の表紙から40年たって、「おかげさまで何とかここまでやってきました。ありがとうございました」という気持ちになりました。

林:あの表紙からすべてが始まったんですもんね。清純で素朴なんだけど、キラッと光るものがあって。選んだ人たち、大したものだと思いますよ。

宮崎:めずらしかったんでしょうね、田舎(熊本)からぽっと出てきたから。面接のとき、お化粧してなくて、「あのリンゴのほっぺがよかった」ってあとで言われました。

林:あれに応募しなかったら、熊本放送かどこかのアナウンサーになって、写真を撮ってくれたボーイフレンドと結婚して……。

宮崎:かもしれないですね。あ、そんなこと言うとヤツがつけ上がるからやめておこう(笑)。

林:熊本大学の学生のころからすごい人気者だったんでしょう?

宮崎:クラスの男子が人気投票みたいなのをして、私は2位でした。寸評があって「着るものをもっと考えろ」って。「はーい」って思いました(笑)。

林:宮崎さんのその後のご活躍から、そのあと週刊朝日の表紙に「ミスソフィア」とか「ミス慶応」とかが出てきて、次々と女子アナになっていったんですよね。

宮崎:そうそう。びっくりでした。そういうチャンスの窓口を開いたんだったらうれしいですね。

林:自画自賛するわけじゃないですけど、デビューが週刊朝日というのがよかったですね。朝日新聞社から出していて、世間的にも非常に信用のある週刊誌で。

宮崎:安心しておうちに持って帰れる週刊誌という感じでした。最初につくられたイメージがそれだったので、ラッキーだったなと思います。

林:知的で国立大出の優等生のイメージですよね。それが重荷になったこともあるんですか。ここで泥酔しちゃまずいなとか(笑)。

宮崎:泥酔はしないかもしれないですけど、ウソをついても見抜かれるというのはありますね。

林:でも、よく「目が笑ってない」とか言われる人がいるけど、宮崎さんの笑顔はうそいつわりがないというか、「本当にこのとおりの人なんだろう」とみんな思ってますよ。

宮崎:そうですか。フッフッフッ(してやったりの笑い方)。

(構成/本誌・唐澤俊介 編集協力/一木俊雄)

※週刊朝日  2022年8月12日号より抜粋