40年以上にわたり、俳優として第一線で活躍する宮崎美子さん。公開中の映画「猫と塩、または砂糖」では、主人公の母親役を演じています。どんな撮影現場だったのでしょうか。作家・林真理子さんがその舞台裏に迫りました。

*  *  *

林:今回の「猫と塩、または砂糖」という映画(上映中)拝見しましたけど、すごくシュールな映画でした。

宮崎:そうなんですよ。

林:宮崎さんの可愛らしさと、真に迫った“アル中”の演技だけが記憶に残ってます(笑)。

宮崎:初“アル中”でした。30代の息子が「僕の職業は猫である」と言うところから始まって、私(母親)も家の中に引きこもってしまうという、閉じた家族の話です。

林:宮崎さんの初恋の人が、不思議な雰囲気をまとう美しい娘と一緒に家に入り込んでくるんですよね。

宮崎:何なんでしょうか、この世界(笑)。監督(小松孝)も商業映画は初めてで、まだ慣れていらっしゃらなくて、いろいろ悩んでました。特に初日は、私だけじゃなくて、(元カレ役の)池田成志さんも諏訪太朗さん(宮崎さんの夫役)も、監督の描きたい世界がわからなくて、混乱していました。あんなに頭の中がグチャグチャになる現場ってなかなかないなと思います。2日目、3日目になって「ああ、こういうことなのか。それに従うしかないな」と思って、みんなハラをくくって。

林:みんな胸を貸してあげたんですね、この若い監督に(笑)。でも、「世界のクロサワ」の映画(「乱」)にお出になった宮崎さんとしては、思うことがいっぱいあるんじゃないですか。

宮崎:いえいえ、映画って、われわれは監督の思いを伝えるための道具のようなものですから、監督の意に流されるしかないんだなと再確認したような感じでした。黒澤さんは「こういう映画を撮りたい」という絵コンテが回ってきて、そのとおりにみんなつくるわけですね。美術部さんもみんな。監督さんの思いを綴(つづ)るわけで、だから今回の映画も同じですね。

林:お優しいですね(笑)。

宮崎:そんなことないですよ(笑)。監督がどこかに「アリの生活を上から見るような視点」って書いてましたけど、不思議でしたねえ。観察されてる感じ。カメラ、ずっと回しっぱなしなんですよ。セリフ、とうに言い終わってるはずなのに「カット」が入らないから、セリフを自分で勝手につくって言ったりして、「どうするんだろうな」っていう(笑)。

林:映画自体、かなり難解であることはたしかですね。

宮崎:監督の脳内世界があらわれている、という感じですね。白い世界から色とりどりの世界に自分で染めていくとか、閉じこもってる世界と外の世界をどう切り結んでいくのかが現代人のテーマだとか、いろいろ言えますけど、結局は「何だろう」という感じで。撮影に入ってから、じわじわと監督の意図がわかったような気もしますけど、いまだに自信はないですね。

林:監督自身が元ニートなんですってね?

宮崎:そうなんですよ。閉じこもってたみたいで。

林:これはPFF(ぴあフィルムフェスティバル)でグランプリをとった小松監督が、PFFスカラシップを獲得して実現した作品だから、低予算でつくられてるんですよね。

宮崎:撮影期間も限られてたし。

林:何日ぐらいで撮ったんですか。

宮崎:10日ぐらいかな。飯能(埼玉県)の一軒家を借りて。たとえば「このシーン、晴れの状態で撮りたいな」と思っても、お金が潤沢にあったら晴れるまで待てるわけですけど、それができないから気の毒な感じがしました。じっくり撮りたかったんだろうなと思うんです。

林:宮崎さんみたいな方が、こういう若い人の意気を感じて「一肌脱いであげよう」という感じだったんですか。

宮崎:小松監督の受賞作の「食卓」(2016年)を見たときに、変におもしろくて、なんか魅力的だったんですよ。何がどう魅力的かというのは難しいんだけど、独特の世界で、いままで見たことのないタイプの映画だったので、そこにちょっとひかれましたね。

林:「カメラを止めるな!」(17年)みたいに、インディーズっぽいのが突然ヒットする世の中ですから、これもひょっとして……。

宮崎:「カメラを止めるな!」は若い監督の希望の星ですよね。そういうことがありますからね。

林:昔は助監督を経て監督になったわけですけど、いまはそんな制度がないし、いろいろお金を集めて撮っていくわけですよね。今回の奨学金みたいに。

宮崎:育てていくというシステムがないですもんね。だからチャンスを生かさないと。本作は、コロナの感染拡大が原因で、21年に公開できなくなってしまったんです。だから、待って待ってようやくなんですよ。上映の順番待ちをしている作品がたくさんあって、その間、監督はどうされてたんだろうと思ってました。次の作品が撮れてたかもしれないし。

林:昔、森田芳光さんが「家族ゲーム」(83年)を撮って、小さい映画だったのに評判が評判を呼びましたけど、あれもふつうの一家に奇妙な男の人が入り込んで崩壊していくんですよね。

宮崎:そうでしたね。

林:一家への入り方とか崩壊の仕方が、「家族ゲーム」はまだわかりやすかったけど、これはお母さんの意志によって入っていくわけですから難しいですよね。でもこれ、小劇場が好きな人にはウケるかもしれない。

宮崎:そうかもしれないですね。不思議な味わいがあります。私はいい体験でした。これが本だったら、どんなふうに評価されるんでしょう、林先生。

林:これ、純文学の世界だから、私、わからないけど、自分の文体で綴ってるから、ハマる人にはすごくハマると思いますよ。

宮崎:そうか、これ、純文学なんですよね。

(構成/本誌・唐澤俊介 編集協力/一木俊雄)

※週刊朝日  2022年8月12日号より抜粋