安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、「宗教2世」がクローズアップされている。悩む子どもたちは以前から少なくないが、救済策が整っていないのが現状だ。AERA 2022年9月5日号の記事を紹介する。

*  *  *

 安倍晋三元首相を銃撃した山上徹也容疑者=殺人容疑で送検、鑑定留置中=が、「母親が旧統一教会に入信し、教会への献金で生活が苦しくなった。恨んでいた」と供述して以降、「宗教2世」が注目されている。

 山上容疑者自身はツイッター上で他の2世をバカにするような発言をするなど、自分を2世だと自覚していなかった節はあるものの、親がなんらかの宗教に入信していることにより、悩みや生きづらさを抱えたり、虐待を受けたりする子どもたちは確かに存在する。

「今に始まった問題ではありません」

 と話すのは、カルト宗教を取り上げるニュースサイト「やや日刊カルト新聞」総裁の藤倉善郎さん。その指摘の通り、1985年、交通事故に遭った息子への輸血を「エホバの証人」を信仰する両親が拒否した「大ちゃん事件」が起きたり、90年代にオウム真理教のサティアンで生活していた子どもたちが保護されたりするなど、2世をめぐる事件はこれまでも起きていた。

相談窓口すらない状況

 だが、報じられるのは、どれも特殊な世界のことに感じられる内容ばかり。大きな社会問題になることはなかった。

「宗教やカルトが絡むとわかった途端、無視されてしまう。虐待やネグレクトを超える問題だと思うが、相談窓口すらない状況が続いてきた」

 と話すのは、京都府立大学文学部の横道誠准教授。自身はエホバの証人の2世で、当事者研究をしながら、オンラインで自助グループを主宰している。

「子どもの虐待ホットラインなど、親子関係の悩みを受け付けている窓口に相談しても『宗教のことは、おうちで解決してね』と言われ、助けてもらえなかった事例は多い」(横道准教授)

 そんななか、2020年ごろから2世自身がネットなどで漫画や書籍を発表し始めた。その一人が漫画家の菊池真理子さん。14歳のときに亡くなった母親は創価学会の熱心な信者だった。

「母からは、怒ったり人の悪口を言ったりすると仏罰が下ると教えられてきた。価値観に常に罪と罰がともない、過剰にいい人になろうとする感覚が自分の生きづらさにつながっていた」

 そんな2世が抱える問題を『「神様」のいる家で育ちました〜宗教2世な私たち〜』に描き、発表。10月、文藝春秋から出版される。

「自ら信仰に入った人は、あるときハッと目が覚めて、元の自分に戻ることができる。でも、2世には元の自分がない。戻るべき自分がわからないことが何よりつらいのです」(菊池さん)

(編集部・古田真梨子)

※AERA 2022年9月5日号より抜粋