宮内庁が来年度からSNSを使って情報発信を始めるという。メディアを通さず自ら情報を発信できる便利なツールだが、諸刃の剣。使い方によっては誤ったメッセージを国民に送ることにもなりかねない。宮内庁は、いったいどのような戦略を描いているのか。コラムニストの矢部万紀子さんが考察する。

* * * 

 宮内庁が来春以降、SNSを始めるという。要員として参事官1人を新設、職員2人を増やすことを2023年度予算の概算要求に盛り込んだのだそうだ。

 アエラ8月1日号に「皇室SNS待ったなし」と書いたのは、何を隠そうこの私だ。型通りの写真をゆっくりゆっくりホームページにアップする。それが通常モードの宮内庁が7月、プライベート感あふれる天皇ご一家の写真5点を公表した。突然のやる気モードに、「もうあと一歩でSNS!」と勝手に励ました。まるで、予言? いいぞ宮内庁、ゴーゴー。

 などとはしゃいでみたが、そうそうたやすい道ではない。誰が何を発信するのかという第一歩が大問題だ。宮内庁職員がゆるゆる発信するのでは現状と大差ないし、かといって皇族自らが発信して炎上したらどうするのか。宮内庁の狙いは、どこにあるのだろう。

 朝日新聞はこの点について、「週刊誌やSNSなどで皇室に関する情報があふれるなか、正しい情報を提供し、誤った情報をただす意味合いもある」と書いていた(8月31日付朝刊)。「正しい情報を提供する」は、わかりやすい。先述した写真がそうだった。

 養蚕にご一家3人が取り組む写真だった。明治以来、皇后に受け継がれてきたのが養蚕だから、私には陛下が「妻の仕事を楽しくサポートする夫」に見えて密かに感動した。積極的な情報提供は、良い波及効果を生む。

 「誤った情報をただす」はそうはいかない。その難しさを一身に体現しているのが秋篠宮家だと思う。21年10月に結婚した長女の眞子さんは、週刊誌報道やネットの書き込みなどで複雑性PTSDになった。紀子さまは、眞子さんよりずっと前からバッシングされている。

 が、2人へのバッシングに宮内庁が抗議したことはない。秋篠宮さまが「反論しない」方針だと知ったのは眞子さん結婚の翌月、秋篠宮さま56歳の誕生日を前に開かれた記者会見でのことだった。秋篠宮さまはこう述べた。「記事の中には創作もあれば正確なことも、両方混ざっているわけですね。一つを採り上げてそれは違うと言うことはできますけれども、そうしたらここも違うし、これは正確だしというのを全部説明していかないと本当はいけないのではないかなと思うのですね」

 秋篠宮さまは憲法21条にある「表現の自由」を意識しているのでは、と思った。秋篠宮さまは「国民の目」を大切にしていて、それゆえ憲法コンシャスだと拝察している。眞子さんの結婚についても「婚姻は両性の合意のみに基づく」という憲法24条を引き、認めると述べた。

 と、ここで宮内庁にお願いだ。だからこそ、SNSに進出するにあたっては秋篠宮家のことをよーく考えてほしい。ここからは、その話を書かせていただく。

 宮内庁はこれまでも「誤った情報をただす」ことはしてきている。宮内庁ホームページに「皇室関連報道について」というコーナーがあって、メディアに対し「事実でない」と指摘した軌跡をたどれる。始まりは07年。『プリンセス・マサコ』(べン・ヒルズ著)というオーストラリアで出版された本が対象だった。タイトル通り雅子さまについて書かれた本だが、対象にしているのは天皇、皇后(現在の上皇ご夫妻)についての記述だ。著者への書簡がアップされていて、そこにこうある。「ここでは、天皇皇后両陛下の側近にお仕えしている立場から、両陛下に直接関わり、しかも明らかに事実と異なる一つの箇所に絞って、問題を提起します」

 最後(つまり最新)は20年12月。「週刊新潮」(12月24日号)の「小室圭・佳代さんに美智子さまからの最後通牒」という記事が対象だ。眞子さんの結婚についての記事だが、抗議の対象は美智子さまについての記述。最後にこうある。「眞子内親王殿下をめぐる週刊誌報道については、既に宮内庁ホームページで二度にわたり(略)、上皇后さまの名の下に様々な事実に反する報道がなされていることに上皇上皇后両陛下も深く傷つかれ,お心を痛めておられることを説明してきました。86歳というご年齢で(略)、上皇陛下のお世話を唯一の務めとして過ごしておられる上皇后さまに対し、このようなことが引き続き行われていることは誠に遺憾であります」

 コーナーにアップされた全51件を「誰に関する記述」が対象かという観点で見ると、最も多いのが美智子さま。「天皇陛下(現在の上皇さま)と美智子さま」も合わせると、20件以上になる。続いてが皇太子(現在の天皇陛下)と雅子さまで、10件ほど。秋篠宮家に関しては、わずか2件。「天皇」「皇后」の権威を守ることが主眼で、だから秋篠宮家は対象となりにくい。そう読み取れる。

 秋篠宮さまは先述の会見で、こうも述べている。「反論を出す場合には一定のきちんとした基準を設けて、それを超えたときには反論をする。何かそういう基準作りをしていく必要が私はあると思います」

「基準」がないと反論できない。これも憲法コンシャスな秋篠宮さまらしい。そういう方の率いる宮家だから、宮内庁が甘えて抗議の対象としなかったという面もあるかもしれない。その結果、メディアは「秋篠宮家については何を書いてもよし」と判断し、その空気がネット界でも支配的になっているのだろう。

 ちなみに、秋篠宮家に関して宮内庁が抗議した2件はどんな内容かというと、「眞子さまがジャニーズコンサートに行ったと放送されたが、行ってない」(08年)と、「天皇陛下の生前退位に関連して秋篠宮さまがNHK記者に会ったと書いてあるが、会ってない」(16年)というもの。眞子さんの結婚へのバッシングに比べれば、ジャニーズコンサートは行っていても行っていなくてもどちらでもよいのでは? そう思ってしまうが、たぶん「行ってない」「会ってない」のような単純な誤りは抗議しやすいのだろう。それに比べ、小室さんは「眞子さまのお相手」ではあるが、「民間の人」。複雑だ。で、宮内庁は判断保留にし、ずーーっとそのままにした。そう想像している。

 秋篠宮さまが考える「基準」とは、どんなものだろう。ケースバイケースすぎて、明文化するのが難しいとは誰もが思うこと。しかも「憲法コンシャス」の秋篠宮さまだ。「表現の自由」を尊重し、抗議に対し抑制的な基準を想定しそうなことは想像に難くない。

 だからSNSでも宮内庁が、秋篠宮家を「誤りをただす」圏外にしてしまわないか心配なのだ。そうなると「紀子さま=人に厳しい」がデフォルトのままだし、眞子さんと小室さんはこれからもパパラッチに追いかけられ放題だろう。佳子さま、悠仁さま本人へのバッシングだって、いつ始まってもおかしくない気がしている。

 さて、基準づくりだが、ヒントは「皇室関連報道について」コーナーにあると思っている。一番多い美智子さま関連の抗議を見ていて思うのは、守るべき「像」が確立しているということだ。支柱となっているのが「天皇陛下(令和では上皇さま)、そして昭和天皇と香淳皇后を敬い、慕う美智子さま」だ。「皇后」というより「妻」「嫁」としての姿で、昭和一桁生まれで初めて民間から皇室に嫁いだ美智子さまだからこその姿だと思う。

 秋篠宮さまはどんな自画像を描いているのだろう。紀子さまは? まずそこをはっきりさせる。そうすれば、守るべき「像」が見えてくる。そこから基準はできてくるはずだ。お手本は、すでにある。