新型コロナウイルス感染症は、急性期の症状が治まった後にさまざまな後遺症が生じる「Long COVID」を経験する人が多い。AERA 2022年9月19日号より紹介する。

*  *  *

Q:後遺症はどんな症状が出ますか?

A:倦怠感や息切れ、嗅覚障害、味覚障害、咳、不安感や抑うつのほか、睡眠障害、思考力や集中力の低下、脱毛、筋力低下、発熱、頭痛などの症状が報告されている。

 厚生労働省の「新型コロナウイルス感染症 診療の手引き 別冊 罹患後症状のマネジメント」によると、後遺症の発生頻度を調べた海外の論文45本の系統的な分析では、後遺症の中で発生頻度の高いものは倦怠感(40%)や息切れ(36%)、嗅覚障害(24%)、不安(22%)、咳(17%)、味覚障害(16%)、抑うつ(15%)だった。

 一方、厚労省の研究班の感染者525人を対象にした調査の中間報告によると、診断3カ月後には、海外で報告のあった後遺症に加え、脱毛(12%)や筋力低下(10%)、睡眠障害(10%)、思考力・集中力の低下(10%)、頭痛(9%)、痰(7%)などの症状もみられた。

 また、英国政府によると、記憶力の低下や胸の痛み、腹痛や嘔吐などの症状がでることもあるという。

Q:複数の症状が出ることもある?

A:東京都によると、都立・公社病院のコロナ後遺症相談窓口に相談を寄せた人の63%が二つ以上の症状を訴えていた。

 2021年5月10日〜22年1月28日の間に連絡があった相談者3857人のうち症状が一つの人は30%、2種類の人が34%、3種類の人が19%、4種類以上の人が10%いた。

Q:なぜ、後遺症が起こるの?

A:詳しいことはまだわかっていない。後遺症は、不調の生じる臓器や種類などにより、異なる症状が組み合わさった「症候群」だと考える専門家が多い。

Q:オミクロン株と、それ以前に流行していたデルタ株などの変異株で、後遺症の発生頻度や重症度は違う?

A:英国政府によると、ワクチンの接種回数が2回の人は、オミクロン株の方が後遺症の発生頻度が低い。オミクロン株になって後遺症の重症度が変化したという報告は、今のところない。

 英国政府が実施している約53万人を対象にした調査の予備的な解析によると、感染した時にワクチンを2回接種しただけの人では、デルタ株への感染に比べ、オミクロン株への感染の場合、後遺症の起きる頻度が48.2%低かったという。

 一方、感染時にワクチンを3回接種していた人は、オミクロン株でもデルタ株でも後遺症の発生率には差がなかった。

Q:オミクロン株とそれ以前の変異株で、後遺症の症状は違いますか。

A:東京都によると、オミクロン株への感染では、咳や倦怠感を訴える人が増えている。一方で、嗅覚障害や味覚障害、脱毛を訴える人は減っている。

 東京都は、都立・公社病院のコロナ後遺症相談窓口に21年3月30日から22年4月30日までに寄せられた相談のうち、22年の相談者2039人をオミクロン株への感染者、それ以前の3857人をデルタ株以前の変異株への感染者として分析した。

 その結果、咳を訴えた人はデルタ株以前は22.2%だったのが、オミクロン株では38.6%に、倦怠感は26.0%から34.0%に増えた。一方、嗅覚障害を訴える人は30.4%から9.5%に、味覚障害は23.3%から10.6%に、脱毛は9.4%から0.8%に減った。

Q:感染した人のうち、どれぐらいが後遺症を経験するのでしょうか。

A:調査により発生頻度は異なる。発症12週間後に3割程度の人に後遺症があるとみられる。

 後遺症の発生頻度を調べた海外の論文45本の系統的な分析では、診断や発症、入院の2カ月後、あるいは退院や症状が回復してから1カ月後に何らかの症状を訴えていた人は、調査対象の患者9751人の72.5%いた。

 また、海外の57報告の系統的な分析では、報告対象になった約25万人の54%に何らかの症状が残っていた。

 一方、英国政府の調査では、症状のある感染者約7万6千人のうち、何らかの症状が12週間以上続いた人は37.7%だった。

Q:感染しても軽症なら、後遺症は出ない?

A:東京都によれば、後遺症のために相談を寄せる人や、外来を受診する人の中で最も多いのは軽症者。軽症だから後遺症が出ないとは限らない。一方で、より重症の人は、後遺症が長く続く傾向がある。

 都立・公社病院の相談窓口に相談を寄せた人のうち、オミクロン株に感染したとみられる2039人の97%は軽症以下で、肺炎になったり、酸素投与が必要だったりした中等症以上の人は3%だった。デルタ株以前でも、相談者3857人のうち86%は軽症以下だった。

 また、相談だけでなく実際に外来を受診した230人についても、54%が軽症、中等症は15%、重症は3%だった。

 一方、厚労省の研究班の総括研究報告によると、20年1月〜21年2月の間に入院した18歳以上の感染者1200人を対象にした複数回のアンケートの分析では、酸素投与や人工呼吸器などによる酸素補給が必要だった、より重症度の高い人は、長期間、後遺症が残る傾向がみられた。

 酸素補給が必要だった人では診断から6カ月後や12カ月後に何らかの後遺症があった割合はそれぞれ45.7%と36.1%だった。これに対し、重症度の低かった人では、37.7%と31.8%だった。

Q:重症度によって、後遺症の症状は変わる?

A:厚労省の「罹患後症状のマネジメント」によると、筋力低下や息苦しさは、肺炎になった感染者に起きやすいという。

Q:若ければ、後遺症は出ない?

A:若くても後遺症を経験する人は少なくない。

 後遺症のために都立・公社病院を受診した230人のうち、30代以下が39%、40代が23%だった。相談窓口への相談者5896人についても同様の傾向がみられた。

Q:どんな人に後遺症が起きやすいのですか?

A:不明な点も多いが、もともと喘息など呼吸器や、自己免疫疾患の持病のある人、高齢者、肥満の人に起きやすいという報告がある。

Q:後遺症にはどう対処すればいい?

A:後遺症がひどい場合には、症状を緩和するための対症療法を行う。

 自治体が相談窓口を設けているほか、サイトなどで後遺症専門外来のある病院を紹介している。心配な人はまずは自治体の窓口に相談してみよう。

Q:後遺症は時間が経てば、治りますか?

A:厚労省の研究班や東京都などによると、時間の経過とともに症状は改善する人が多い。ただし、12カ月後にもまだ症状が残っている人もいる。

Q:後遺症を防ぐにはどうすればいい?

A:最も効果的な予防法は感染しないことだ。感染した場合には、症状が治まってもすぐには無理をせず、疲労がたまらないように心がけよう。

 ただし、まったく動かないと筋力が低下して社会復帰が困難になるので注意が必要だ。

 英国政府などによると、ワクチン接種により後遺症の発生頻度や重症度は下がるという。(科学ジャーナリスト・大岩ゆり)

※AERA 2022年9月19日号