1ドル=144円99銭。9月7日の円相場は、バブル崩壊後の金融危機のさなかだった1998年8月以来、約24年ぶりの安値となった。輸入原材料価格が高騰し、物価高をまねく「悪い円安」と言われる一方、円安を起爆剤になんとかコロナ禍で落ち込んだ業績を回復させたいと願う人たちもいる。歴史的な円安が、外国人観光客やインバウンド需要を望む人々に“福音”となっているのか、取材した。

*   *   *

 外国人観光客に人気の東京・浅草寺。

「どの商品も安くてすばらしいわ!」

 ハワイからやってきたツアー客の女性は日本の物価の安さについて声を上げ、「ベリー、ベリー」と繰り返した。

 女性はバッグを開けると、「免税」と書かれた透明なポリ袋を取り出した。購入したのは首や肩に貼るボディーケア用品。価格は8千円ほど。「安い」を連発するわりに買い物は意外とつつましい。

「訪日観光再開のニュースを聞いて、すぐにツアーに申し込んだよ」と、別の男性がうれしそうに声を上げる。

「ただ、入国にはビザが必要だし、スマホに『MySOS』(入国者健康居所確認アプリ)を登録するのが面倒でね」と愚痴をこぼすと、「まったくそのとおり」と、他の旅行者も口々に不満を訴えた。

 一方、スイスからのツアー客に尋ねると「まあ、物価は安いんですけどね」と、微妙だ。浅草で買ったのはお守りとお土産の定番「人形焼き」。聞くと、ツアー料金はかなり高額で、買い物の予算は削らざるを得ないという。航空券や燃油サーチャージの高騰が響いているようだ。

 外国人観光客にとって最近の円安は魅力的に映っているが、訪日は添乗員付き団体ツアーに限定されるなど、さまざまな要因で外国人観光客の数は伸び悩んでいる。

 ちなみにこの日、取材で浅草寺の雷門前に1時間ねばったが、見かけた外国人のほとんどは留学生やビジネスマンで、訪日観光ツアー客はわずか3組だった。

先進国では最安「ビッグマック」

 コロナ前の2019年、日本を訪れた外国人旅行者数は3188万人。日本文化の魅力もさることながら、日本はさまざまな品物やサービスの値段が安い「コストパフォーマンスが最高の国」だった。

 世界中に展開しているマクドナルドのハンバーガー「ビッグマック」の価格を比較すると、ニッポンの安さが浮かび上がる。

 英国の経済紙「The Economist」が毎年2回公表している「The Big Mac index」によると、54カ国中、スイスのビッグマックが一番高く6.71ドル(今年7月時点での米ドル換算)。円換算で925円にもなる。米国は6位で5.15ドル(710円)。ユーロ圏は10位で4.77ドル(657円)。さらにブラジル16位4.25ドル(586円)、スリランカ23位3.72ドル(513円)、中国31位3.56ドル(490円)と続く。

 では、日本は?というと41位の2.83ドル(390円)。モルドバ、ベトナム、アゼルバイジャン、フィリピンと並ぶレベルで、先進国のなかでは断トツの最安値である。

 最近、値上げが気になる東京ディズニーランドの入園料も、実は世界最安レベルである。

 最低料金を比較すると、米国カリフォルニア州の本家ディズニーランドは104ドル(1万4830円、1ドル=142.6円)。上海ディズニーランドは435元(8956円、1元=20.59円)。東京ディズニーランドは7900円である。

 ここ20年で先進国の物価は約1.5倍になった一方で、日本ではほぼ横ばい状態が続いてきた。さらに最近は円安の影響も重なり、外国人にとって日本の物価はかなり割安になっている。

「爆買い」は起きているのか

 経済産業省の調査によると、円安傾向が強まると高価格の免税商品が売れる傾向がある。15年の円安のときには多くの外国人観光客が家電製品を買い求め、「爆買い」と呼ばれた。

 いま、爆買いは起きているのか?

 外国人に人気の街、東京・秋葉原に巨艦店をかまえるヨドバシカメラに尋ねると「訪日観光を再開してから3カ月たちますが、目に見えるような動きはないですよ」と苦笑する。

爆買いが始まったという報道も一部にあるが?

「うーん、外国人客が大きく増えたという話は正直、あまり聞きません」

 訪日需要の取り込みに力を入れている三越伊勢丹ホールディングスはどうだろうか。

「訪日されたお客様の数や売り上げが大きく跳ね上がったわけではございませんが、一定の伸びは見られました」

 実数は明かせないが、都内3店舗(伊勢丹新宿店、日本橋三越本店、銀座三越)の免税売上高および免税買い上げ客数を示したグラフの線は明らかに上昇している。

「時計や宝飾品、ラグジュアリーブランドやデザイナーズブランドのハンドバッグといったアイテムが好調に売れています。観光客の受け入れが再開されたとはいえ、まだまだビジネスで来日されている方の割合が高く、経済的にも余裕のある方が高額品を買い求められていると認識しております」(三越伊勢丹ホールディングス)

不動産はキャッシュで

 さらに円安のメリットが大きい不動産はどうだろうか?

「お客様の問い合わせ数は増加傾向にあります」と、外国人向け不動産仲介を行う三井不動産リアルティの担当者は話す。

「昨年度の第2四半期、第3四半期は横ばいだったのですが、急激に円安になってきた第4四半期から伸び始め、それからは右肩上がりの傾向です」(三井不動産リアルティ)

 台湾からの問い合わせが多く、物件の多くはマンションの専有部分だという。

 台湾人の顧客が約8割を占める、台湾の不動産仲介最大手の信義グループの日本法人、信義房屋不動産にも聞いてみた。

「円安を背景に不動産を買い求められるお客様が増えました。ただ、エリアによって状況は異なります」

 同社が扱う不動産は主に東京と大阪だが、人気は資産価値の高い都心の5区(港区、中央区、新宿区、千代田区、渋谷区)の物件に集中しているという。「8000万円前後の物件を購入する人が多いです」。

 一方、欧米など英語圏の顧客向けに不動産ポータルサイトを運営するリアルエステートジャパンによると、1月の問い合わせ件数は165件だったが、6月には433件と倍以上に増加した。特に3月中旬から為替レートの変化に連動するかたちで大幅な伸びが見られるという。

 人気のエリアは東京都、大阪府、神奈川県、京都府だが、「4月以降は北海道、沖縄県、長野県といったリゾート地のバケーションハウス用途の問い合わせが増えてきました」。

 人気の物件は3000万円以下のマンションだが、1億円以上の物件も伸びている。

「外国の方はローンを組むのが難しいので、キャッシュで購入されます」(リアルエステートジャパン)

上限引き上げはポーズか

 取材を進めると、前述したように外国人観光客の姿は少なく、円安の恩恵を受けているのは外国人富裕層と一部業界に限られていることを強く感じた。

 韓国最大手の旅行会社ハナツアーの日本法人によると、「6月10日に外国人観光客の受け入れが再開されましたが、弊社の現況としては、コロナ前と比較してまだ5%程度の回復にとどまっています」。

 3カ月前、訪日観光が再開された際、外国人観光客の増加を期待させるような報道があふれた。しかし、観光マーケティングの研究が専門の東徹・立教大学観光学部教授はそれに対して違和感を覚えていた。訪日観光客が微増にとどまる現在の状況をほぼ正確に予測していた。

「海外旅行マーケットの動向はOD、つまりオリジン(出発地)とディスティネーション(目的地)、双方の関係で見なければなりません。つまり、受け入れ側がいくら『ウェルカム』と言っても、送り出す側がオープンでないと観光流動は生じません」

 19年の訪日外国人旅行者3188万人のうち、50%超が中華圏(中国、台湾、香港)からの旅行者だった。

「なかでも1人当たり消費額がダントツに多いのが中国からの訪日客です。ところが今年7月に中国からの旅行者は19年同月と比較してマイナス98.6%でした。お得意様として最も大きな国の出国の門が閉じたままびくともしない。みなさんが期待しているような円安消費が起こらないのも無理もないことです」

 7月は62万人の外国人旅行者の受け入れ枠があったが、実際に訪れたのは14万4500人だった。

「1日2万人の上限にもぜんぜん達していないのに、それを9月7日から5万人に引き上げてもそれだけで外国人旅行者が増えるわけがない。個人客を制限したまま入国数の上限だけを引き上げてもはたして意味があるのか」

 東教授は、そう指摘する。

世界で一番新規感染者が多い

 コロナ前の訪日外国人観光客のうち約7割が個人旅行客だった。ビザなしの個人旅行を解禁しないことには外国人観光客が思うように増えないのは明らかだ。

「外国から新型コロナウイルスが持ち込まれる、と彼らをたたく人がいる。でも、外国人旅行者からすれば『日本は世界で一番新規感染者が多い国』という状況です(8月時点)。外国に向けて日本が安心安全な旅行環境にあることをアピールできなければ、ウェルカムとは言えないでしょう。ところが、そういう議論を聞いたことがありません」

 一方、いまはホテルなど観光に関わる投資家にとっては非常に割安感のある時期、と東教授は言う。

「2年先くらいのインバウンド回復を見越して、富裕層向けのリゾートなどに投資しようとする外国人投資家にとって、円安メリットのある今は大きなチャンスと映るでしょう。自然環境の豊かな土地やコロナ禍で業績が悪化している宿泊施設の買収が進むかもしれません」

 14日も一時1ドル145円の大台に近づくなど、まだまだ続きそうな円安。単純に「安い国」として終わらないためにも、メリットを享受できる施策が必要だ。

(AERA dot.編集部・米倉昭仁)