安倍晋三元首相銃撃事件を起こした山上徹也容疑者の伯父が本誌の取材に応じた。母親はなぜ旧統一教会へ高額献金するほど、教団にはまってしまったのか。AERA 2022年9月26日号の記事を紹介する。(全3回の1回目)

*  *  *

「物静かで賢く美しい人でした」

 安倍晋三元首相を銃撃した山上徹也容疑者=殺人容疑で送検、鑑定留置中=の母親の若い頃を知る人は、そう教えてくれた。

 母親は、宗教法人「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」に1億円以上の献金をして自己破産している。それが山上容疑者の事件を起こした動機とされる。母親はなぜ、そこまで教団にはまってしまったのか。

 母親は3人きょうだいの長女として生まれ、奈良県立の進学高から大阪市内の有名大学に進んだ。卒業後は神戸市内の小学校で栄養士として勤務し、数年後に実父が創業した奈良市内の建設会社に入社した。知人の勧めでお見合いをしたところ、一目ぼれされて結婚したという。それが、山上容疑者の父親だ。

 父親は京都大学工学部を卒業し、ゼネコンで働いていた。結婚後は跡継ぎとして、建設会社に入社。役員になり、トンネル掘削業務にあたったという。だが、1984年12月に37歳で自殺してしまう。結婚からわずか5年ほどだった。

■「亡くなる前にうつ病」

 当時、長男は5歳、次男の山上容疑者は4歳。母親のおなかには、3人目の子どもとなる長女がいたという。父親の実兄で山上容疑者の伯父(77)は、

「仕事が本当にきつかったようです。山奥の飯場で寝泊まりすることも多く、酒量も増えていた。亡くなる前はうつ病になり通院していた。私にとって唯一の兄弟ですから、大泣きしました。女手一つで育ててくれた母も大きなショックを受けていた」

 と言って、言葉を詰まらせた。

 夫を失った山上容疑者の母親は、幼い子どもたちとともに、それまで住んでいた大阪府内の自宅から奈良市内の実家へ引っ越しをした。建設会社の取締役となって収入は得ていたものの、頼りたい実母はすでに他界していて、ひとりで子育てをすることに。さらに病気がちの長男は大きな手術を繰り返し、10歳の頃には片目を失明してしまう。

 伯父によると、母親は奈良へ引っ越した後も月1回は、大阪府内の義実家に子どもを連れて遊びに来ていたという。

「もともと見合い話を持ちかけたのは、うちの母。ずっと『申し訳ない、申し訳ない』と気にかけていた。徹也ら3人の孫のこともとてもかわいがっていました」

■入信直後から高額献金

 91年、山上容疑者の母親は統一教会に入信する。直後から高額な献金を始め、まず2千万円、すぐ後に3千万円、さらに1千万円……。原資は夫の生命保険だった。伯父は、入信したことを3年ほどたってから知った。

「僕はとても仕事が忙しい時期で、母から聞いた妻に教えられた。精神的に本当にしんどかったのだと思います。いくつもの心労が重なり、そこを教団につけこまれてしまったんでしょう」

 かつて勧誘活動をしていた元信者の60代女性は当時の母親について、教団に狙われる条件がそろいすぎていたとして、こう話す。

「なぜ自分だけこんな目に遭うのかと悩んでいたことでしょう。おそらく学生時代に学んだことも生かせず、自己実現もできていなかった。『男が立たない家系で、すべては悪霊のしわざ』という教団の『因縁トーク』がもろに入っていったと思います。『じゃあ私はどうすればいいんでしょうか?』と言わせやすく、高額な多宝塔や壺(つぼ)も売りつけやすかったでしょう」

 この元信者の女性は84年に入信し、約3年後に脱会しているが、ちょうど在籍時に、教団の久保木修己・初代会長が新年の挨拶(あいさつ)で「これからは『壮婦』の時代だ」と発言したことをよく覚えているという。「壮婦」とは結婚している女性。当時の教団が傾倒していた霊感商法の対象として、そして新たな信徒として明確に掲げられたのだ。

 その発言を受け、それまで教団の「青年信者」の礼拝は日曜日だったが、壮婦のみ月曜日に変更されたという。「夫や子どもの目を気にすることなく参加できるように」するためだ。山上容疑者の母親が入信したのは、その流れが全国的に定着した、まさにその時だった。

 母親がどのように教団と最初の接点を持ったのかは、よくわかっていない。旧統一教会を長年取材してきたジャーナリストの鈴木エイト氏はこう指摘する。

「教団には昔から篤志家を狙うグループがあった。山上容疑者の母親はそのターゲットにされたのでしょう」

 教団のターゲットへのアプローチは執拗(しつよう)だ。関東在住の元宗教2世の20代女性がかつて両親とともに通った教会のホワイトボードには、新たに信徒になってくれそうな人の名前がびっしり書かれていたという。いつも礼拝の最後には、その名前を1人ずつ読み上げて、「では皆さん、祈祷(きとう)してください!」の掛け声とともに、

「○○○○さん! ○○○○さん! ○○○○さん! 勝利します! 勝利します! 勝利します!」

 と大勢の信者が泣きながら、一斉に叫ぶのだという。女性は、

「声が響いて、異様な雰囲気でした。自分たち信者の信仰が足りないせいで、メシア(教団の創始者、故・文鮮明氏)に重りを背負わせてしまって本当に申し訳ありません、と涙を流す。『必ず伝道してお返しします』というのが信者の目標でした」

(編集部・古田真梨子)

※AERA 2022年9月26日号より抜粋