AERAで連載中の「この人この本」では、いま読んでおくべき一冊を取り上げ、そこに込めた思いや舞台裏を著者にインタビュー。

『東急電鉄とファン大研究読本 進化し続ける銀色電車』は、久野知美さんの著書。筋金入りの「女子鉄アナウンサー」が紹介する東急電鉄の魅力。今年9月2日、東急電鉄をはじめ東急グループは創立100周年を迎えた。そんな東急の全面協力のもと、100人以上の関係者へのインタビューを重ね、東急の魅力を一冊の本に凝縮させた。久野さんに同書にかける思いを聞いた。

*  *  *

銀色の車両の前で、ノリノリで敬礼をする。

「普段は入れない場所にたくさん入れていただき、楽しく取材させていただきました」

 と、著者の久野知美さん。「女子鉄アナウンサー」として活躍するフリーアナウンサーだ。本書は、そんな久野さんの通算5冊目の鉄道本。シリーズとしては第4弾となる。これまで京急や東京メトロなど首都圏を走る鉄道を、一冊の本にまとめてきた。今回、向かったのは今年9月に創立100周年を迎えた東急グループの東急電鉄。東急といえば、銀色に輝くステンレスの車両だ。

 駅、保線区、研修センター。さらに東急初の女性駅長まで。冒頭の言葉通り、東急の様々な部署を訪ね担当者にインタビューを重ねた。総勢100人以上。知られざる東急のディープな世界を掘り下げた。

 中でも印象に残ったというのが、東急の保線拠点「新丸子保線区」の取材。電車が安全に走行できるよう線路を保守・管理するのが保線区だ。

「縁の下の力持ちとして、日々働く保線員の皆さんには尊敬の念を抱いていました。その現場を実際に見せていただき、レール断面測定器を使わせていただいたりして感無量。ただ、20キロを超える機械を扱う作業もあって、私は働けないと思いました(笑)」

 久野さんは、取材で心がけていることがある。

「アナウンサーは視聴者やリスナーの目となり耳となり、現場の様子を伝えるのが役割だと認識しています。今回も、例えば『車両基地に入れてもらって楽しかったです』だと私の自慢になってしまいます」

 取材ではテンション上がりっぱなし。だが、その感動を正確に伝えることが、読者に東急の魅力を届けることにつながるという。そんな久野さん。今回の取材で熱望したのが、東急が駅ナカなどに展開する立ち食いそばの「しぶそば」だ。なぜ?

「何より、おいしいですから」

 かくして本書を監修した鉄道好きで知られるホリプロ社員の南田裕介さんと共に、しぶそばの門を叩いた。しぶそばの制服に着替え、名物のかき揚げそばづくりに挑戦した。

「完成したかき揚げは、見た目は悪くなく、店長さんにも高く評価していただきました。だけど、食べた時の食感が違っていました」

 サクッという、かき揚げの醍醐味の食感を出すことができなかったと振り返る。

 東急の電車は、世田谷区や大田区など都内屈指の高級住宅地を走る。そのため久野さんは、東急はハイソで敷居が高いと感じていた。しかし取材を通し、考えを改めるに至った。リーズナブルな「しぶそば」が象徴するように、私たちの日常生活に寄り添ってくれる鉄道会社だと。

「同じように『東急って敷居が高いんでしょう』と思っている方に読んでいただき、鉄道を好きになってほしいです」

 東急愛、そして何より、深い鉄道愛を感じた。(編集部・野村昌二)

※AERA 2022年11月7日号