秋篠宮家の長女、眞子さんが小室圭さんと結婚し渡米したのが昨年11月14日。それから1年の間、秋篠宮家を取り巻く状況は変わった。小室圭さんは、3度目の正直でニューヨーク州の司法試験に合格。眞子さんもニューヨークの有名美術館へ「就活」で足を運んだと報じられた。だが、もっとも変わったのは、佳子さまだろう。

*  *  *

「佳子さま、ふっきれたご様子だね」

 佳子さまを知る人物は、公務に励む姿を映すテレビ画面を見てそうつぶやいた。

 確かに最近の佳子さまは、内親王としてひとつ成長した印象を受ける。公務の場で相手にお辞儀をして歩く所作ひとつ見ても、指先まで意識が及び、優雅さが増している。

 佳子さまの公務への覚悟が国民へ広く伝わったのは、イチゴ色の装いが話題になった「いちご一会とちぎ国体」の閉会式の場面だろう。

「ミルキー・ベリー」の装い

 10月11日に催された閉会式の装いは、ピンクがかったスカーレットレッドのワンピースと共布(ともぬの)のリボンであしらえた帽子に、同色のイヤリングだった。正確にはワンピースのレース柄と帽子の布と飾りに用いられた意匠は、薔薇の花。しかし、とちぎ国体のキャッチフレーズでもあり名産品の「イチゴ」になぞらえたのは明らかだ。

「国体など大きな式典の場では、帽子を合わせるのがマナー。最近は、帽子をつけずに公務に出席することが多かったのですが、今回は久々に新調なさった服と帽子で臨まれました」(事情を知る人物)

 10月末には、同じく栃木県で国体の後に行なわれた全国障害者スポーツ大会の試合を観戦した。佳子さまは、白いスーツに赤い靴とクラッチバッグという装い。栃木県の農業試験場いちご研究所(栃木市)が開発し、2018年1月に「栃木iW1号」として品種登録を申請した、白色のイチゴ「ミルキー・ベリー」を意識した装いだと一部で話題になった。

 全国障害者スポーツ大会は、昭和の時代より上皇ご夫妻が大切にしてきた公務。平成の時代は、皇太子ご夫妻の「七大行啓」としていまの両陛下が引き継ぎ、令和への代替わりとともに皇嗣である秋篠宮ご夫妻の大切な公務となった。佳子さまの装いは、皇嗣家の大切な公務である障害者スポーツ大会の開催県へのメッセージとも受け取れる。

 皇室は、言葉だけではなく装いから相手への敬意やメッセージを伝えてきた。佳子さまのとちぎ国体での配慮は、訪問する場所や人に合わせて装いに意味を込めてきた上皇后美智子さまを思い起こさせる。

「皇室を出たい」佳子さま

 秋からは、姉の眞子さんより引き継いだ公務や、春日大社(奈良県)の神様を仮殿から本殿に戻す「本殿遷座祭」への参列など、重みのある公務に次々と向き合っている。

「迷いを断ち切ったような表情です」(前出の人物)

 佳子さまは大学生の時期などは自身の立場に悩み、「皇室から出たい」と親しい人に漏らしたこともある。ヒゲの殿下として愛された故・寛仁親王の意思表示ように、「皇室会議を経て皇室を出たい」と真剣に考えたこともあったという。姉の眞子さまが結婚して渡米した際も、現地でパパラッチに追いかけまわされる様子を見て、悔しさに涙をにじませたこともあった。

 コロナ禍で公務そのものが激減し、実現する公務もリモートが中心になり、国民と皇室の距離が遠くなった時期だった。

 その時期、眞子さんもひっそりとニューヨークでの生活を送っていた。入籍直後に、小室圭さんは司法試験の1回目の不合格が判明。今年2月には、2回目の試験も不合格。10月に行われた3度目の挑戦で「合格」が発表されるまで、辛い時期が続いた。

 時折、現地でパパラッチされる眞子さんの服装も、黒をはじめとする暗い色のトップスやコートにゆったりしたデニムパンツが多く、現地メディアが「ユニフォーム」と表現するほどであった。

眞子さんの「ユニフォーム」

 宮内庁が診断した眞子さまの体調も関係していたのかもしれない。

 複雑性PTSDなどの症状を抱える患者を多く診察してきた精神科医の井上智介医師は、こう話す。

「精神状態が不安定な患者さんの中には、服をコーディネートする作業すらしんどい、状態にある方も少なくありません。そうなると、本人は社会に受けられるパターンの組み合わせで選びやすい物を着るようになる。当然、着るものは偏って同じものばかり、となります」

 井上医師によれば、人と会ったり会話をしたりするといった対人関係にエネルギーを使うことが辛いと感じる場合、周囲と接触が少ないよう、視線を集めない、目立たない色や格好を選ぶ傾向にあるという。

 そうしたなか、「合格」を勝ち取った小室さんの3回目の試験は、早くも手ごたえをつかんでいたようだ。現地で小室さんを知る人物も、

「試験直後から、小室さんは合格に自信を持っているような印象でした」

 小室さんが周囲に見せた自信と呼応するかのように、合格発表前の9月、眞子さんはニューヨークで心機一転、活動を始めている。 

「女性自身」は、9月下旬に眞子さんがニューヨークの四大美術館のひとつであるMoMA(ニューヨーク近代美術館)などを、メトロポリタン美術館のスタッフと訪れたと報じた。

赤い装いを選ぶ心理

 佳子さまがいきいきとした表情で公務に勤しみ始めたのも、この頃だ。

 9月中旬には、眞子さんから名誉総裁を引き継いだ日本工芸会が主催する「日本伝統工芸展」で、明るい表情で説明担当者の話しを聞き、1時間以上滞在。さらに、

「もっと、ゆっくり一点一点、見たいですね」

 と、笑顔を見せた。

 9月末の「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」の開会式でも、表情豊かに手話でのパフォーマンスを見せている。

 赤や深紅、ピンクなど赤系の装いで公務に出席する機会も増えた。

「赤い色は自分を目立たせる色。自信があって注目してもらいたい、という気持ちや、自分は元気だと周囲に伝えたいという深層心理から身に着ける人もいます。服装は、自分がというより人にどう見られたいか、という点から選ぶことも多いものです」(前出の井上医師)

 冒頭の人物は、こう話す。

「佳子さまにとって、皇室会議で皇室を出るという方法は現実的ではない。お姉さんのように、結婚によって離脱する道で十分だと、悟ったようです。佳子さまが公務に対して意欲を見せた背景はわかりません。結婚が遠い先ではなくなったために、『あと数年ならば頑張れる』という意味なのか。それとも、政府が検討したように、結婚してもなお『女性皇族』として弟の悠仁さまを支えるという覚悟をお持ちなのか――」

 佳子さまは、小室さんについてこうも漏らしたという。

「世間で言われるほど、悪い人じゃない」

 秋篠宮家も新しい潮目を迎えそうだ。

(AERA dot.編集部・永井貴子)