オミクロン株の新しい亜系統が増え、再感染が懸念される。再感染により死亡や入院のリスクが高まる恐れのあることが米国の研究チームの分析でわかった。2022年12月5日号から。

*  *  *

 これまで流行していた新型コロナウイルスのオミクロン株BA.5系統に代わり、さまざまな亜系統が登場している。世界保健機関(WHO)によると、500種類以上のオミクロン株の亜系統が世界で報告されている。

 米疾病対策センター(CDC)によると、米国内で分析されたウイルスのうち、BA.5が占める割合は10月30日〜11月5日の週に44.6%と過半数を割り、11月13〜19日の週には24.0%になった。

■亜系統が増えている

 代わって増えてきているのはオミクロンの別の亜系統、BQ.1とBQ.1.1だ。同週には合わせて49.7%を占めた。

 国内ではまだBA.5が主流だが、割合は減りつつある。東京都によると、9月20〜26日の週に分析したウイルスのうち、BA.5は97.9%を占めていたが、11月1〜7日の週には80.1%まで下がった。代わってBQ.1.1やBQ.1、BA.2.75、BF.7、BN.1といったオミクロンの亜系統が増えてきている。

 国立感染症研究所(感染研)は民間の検査機関2社による約800検体のウイルスの分析結果を基に、全国のウイルスの亜系統の構成比率の推移を推計した。11月15日時点の推計で、11月21〜27日の週にBA.5の割合は74%に下がり、代わってBQ.1.1を含むBQ.1系統が13%、XBBが5%に増えるという推計結果だった。

 WHOによると10月31日〜11月6日の週の時点では、世界的にもまだBA.5が72.1%を占めて主流ではあるものの、やはり別のオミクロンの亜系統が増えつつある。特に増えているのがBQ.1系統(同週に23.25%)やBA.2.75(同6.78%)、XBB(同3.33%)などだ。

 今後、新たな亜系統のうちの1種類が主流になるのか、複数が並行して流行するのかは現時点では不明だ。

 ところで、ワクチン接種や感染により体内に新型コロナウイルスに対する免疫ができ、新たな感染を防いだり、感染しても重症化するのを防いだりする。この免疫力で重要な役割を果たしているのは、体内にできる、新型コロナウイルスに対する中和抗体だ。

 BA.5はそれ以前に流行していたオミクロンに比べて、中和抗体による攻撃を回避する能力が高いことがわかっている。このため、ワクチンを打っても感染するブレークスルー感染が起きたり、1度すでに感染しているのに再感染したりする人が増えた。

■中和抗体を回避する

 感染研によると、新たな亜系統のうちBQ.1系統やXBBは、BA.5よりもさらに中和抗体からの逃避能力が高い可能性があるという。このため、BA.5よりもブレークスルー感染や、再感染がさらに増える恐れがある。

 米ハーバード大学医学部ベス・イスラエル・ディーコネス医療センターなどの研究チームは、ワクチンを接種した人の血液を使った実験で、新たな亜系統の性質を調べた。専門家による評価を受ける前の論文によると、B.1.1は、BA.5よりも約7倍、中和抗体を回避する能力があった。

 また、北京大学などの研究チームも、ワクチン接種を受けた人らの血液を使った実験を行った。専門家による評価を受ける前の論文によると、XBBはBQ.1.1よりもさらに中和抗体を回避する能力が高かった。

 ワクチンはこれまでのところ、BA.5のように中和抗体を回避する能力の高いウイルス系統に対し、感染を防ぐ効果は大きく低下するものの、重症化を防ぐ効果はある程度、維持されているとされている。また、ワクチンにより、後遺症も軽減されるとされている。

■後遺症リスクも高まる

 理論的には、感染によって獲得した免疫にも、重症化を防ぐ効果があると考えられるが、実際は異なることが米国の退役軍人ヘルスケア・システムの臨床疫学センターなどの研究チームが医学誌「ネイチャー・メディシン」に発表した論文でわかった。再感染すると、初感染の際に比べて重症化するリスクが高くなり、しかも後遺症のリスクも高まる恐れがあるという。

 研究チームは米退役軍人省の退役軍人の健康データベースを使い、新型コロナウイルスに1回だけ感染した44万3588人と、再感染した4万947人を比較した。再感染した人のうち2回感染した人が92.8%、3回感染が6.3%、4回以上が0.9%だった。

 感染から半年間の死亡リスクは、再感染した人は1回だけの感染の人の2.17倍高かった。また、入院が必要になるほど重症化するリスクは3.32倍高かった。

 後遺症のリスクも再感染した人は高かった。肺の機能に関連する後遺症は1回感染の人の3.54倍、心臓など循環器関係の後遺症は3.02倍、疲労感は2.33倍、胃腸など消化器関連の後遺症は2.48倍、腎臓関連の後遺症は3.55倍、メンタルヘルス面での後遺症は2.14倍、糖尿病は1.7倍リスクが高かった。

 初回感染から2回目の感染までの期間は127〜330日と幅があり、中央値は191日間だった。2回目から3回目の感染までの期間は115〜228日で、中央値は158日だった。次の感染までの期間の長さは、重症化や後遺症の起こるリスクとは関係なかった。

■感染回数が増えるほど

 再感染した人のうちワクチンを2回以上打った人は36.2%、1回打った人は12.6%、打っていない人は51.3%だった。1回だけの感染の人ではワクチンを2回以上打った人は47.2%、1回打った人は11.7%、打っていない人は41.1%だった。一見、1回だけ感染の人の方が、ややワクチン接種率が高いように見えるが、死亡や重症化、後遺症の発生リスクは、ワクチン接種の有無とは関係なかった。

 一方、感染の回数が増えるほど、リスクは高くなる。

 同じデータベースの1度も感染していない533万4729人と比較すると、1回だけ感染した人は、少なくとも1種類の後遺症で悩むリスクは1.37倍高かった。それが2回の感染になるとリスクは2.07倍、3回以上の感染だと2.35倍に高まった。一方、2回感染の人は、1回感染の人よりも後遺症のリスクが1.51倍高かった。

 再感染するとなぜ重症化などのリスクが高くなるのかについては、まだ解明されていない点が多い。ただ、研究チームは、1回の感染によって何らかの形で損なわれた健康状態が、完全には感染前には戻らないうちに再感染したために、再感染による健康影響が、その前の感染よりも大きくなった可能性があるという。

 再感染しやすいオミクロンの系統に限らず、新型コロナウイルスがこのまま比較的短期間で変異を続ければ、再感染のリスクは続く。研究チームは「さまざまな変異に対して効果があり、効果の持続期間ももっと長いワクチンの開発や、再感染の機会を減らすために感染を拡大させない対策が必要だ」と強調する。(科学ジャーナリスト・大岩ゆり)

※AERA 2022年12月5日号