プロ入り後は苦しんでいる日本ハム・柿木蓮

 プロ入り後に活躍している甲子園のスターたちがいる一方、苦しんでいる選手も多いの現状だ。そんな中、現在所属チームで非常に苦しい立場となっているのが、中村奨成(広島、広陵出身)、平沢大河(ロッテ、仙台育英出身)、柿木蓮(日本ハム、大阪桐蔭出身)の3人だ。

「高卒で即戦力になれるほどプロは甘くない。大学に進学したと仮定しても高卒5年目までには、ある程度の結果を出さなければ期待度は下がってしまう。中村、平沢、柿木があとのない状態なのは間違いない」(元在京球団スカウト担当)

 いずれの選手もプロ入り後から時間も経ち結果をすぐに出さなければいけない段階に入っている。来シーズンの成績次第では厳しい現実を突きつけられる可能性があるだけに、“崖っぷち”と呼んでいいだろう。

 11月30日、広島・中村の背番号が「22」から「96」へ変更されることが発表され驚きの声が上がった。2017年夏の甲子園で大会新記録となる6本塁打を放ちドラフト1位で入団した大型捕手は、これまでプロ入り後は目立った成績を残せていない。一方で女性問題などネガティブな話題で注目されてしまうことも多く、ファンからは「もうダメなのか」と悲観的な見方も多い。

「打てる捕手の坂倉将吾がレギュラーを確保、ベテラン会沢翼や磯村嘉孝、石原貴規も健在で捕手としては付け入る隙がない。西川龍馬がFAでオリックス移籍した外野での勝負になるだろう。女性問題ではなく野球、特に打撃で結果を出して取り上げられないといけない」(広島担当記者)

 今季は開幕から二軍で好調を維持していたが、4月下旬の試合で左足首の靱帯を断裂して離脱。復帰後は出場機会を増やすために、外野手として出場選手登録されたが18試合のプレーにとどまり、打率.150(20打数3安打)と振るわなかった。新井貴浩監督は「打撃はファームでは抜けていると」と期待を語っていたが、来季でプロ7年目。バッティングで目立つことができなければ……という状況に追い込まれている。

 中村が本塁打の新記録を樹立した2年前、夏の甲子園で3本塁打を放って観客を沸かせたロッテ・平沢もプロ入り後は苦戦が目立つ。オフの年俸更改では600万円増の2000万円(推定)とアップの提示を受けてはいるが、今季の成績は57試合の出場で打率.170(135打数23安打)、3本塁打、8打点とプロ入り後に期待されていたものとは程遠い数字だ。内外野できるユーティリティ性が評価されたようだが、チームによっては見切られてもおかしくはないパフォーマンスでもある。

「4月8日の楽天戦(ZOZOマリン)で逆転2ランを放つなどレギュラー定着も期待されたが、その後は淡白な打撃が目立った。チームの課題は攻撃力。平沢に求められるものも同じなので現状では継続的な試合出場ができない。まずは打力と走力で欠かせない選手になるしかない」(ロッテ担当記者)

「全てにおいてキャリアハイを目指してやっていきたい」と契約更改の場で抱負を語っていはいるが、来季はプロ入り9年目。キャリアハイの数字も2018年の打率.213(291打数62安打)、5本塁打、32打点というものであり、ここを超えるのは最低ラインとも言えそうだ。

 エースとして2018年に春夏連覇を果たしたのが柿木だ。同年のドラフトでは5位と高い順位での指名とはならなかったが、プロ入り後は夏の甲子園決勝で投げ合い、1位指名で入団した吉田輝星と切磋琢磨し、飛躍することが期待された。

 だが、これまで一軍では2022年に4試合に登板したのみ。同年のオフに育成契約となり、今季は二軍で33試合に登板して4勝1敗3セーブ、防御率2.21という結果を残していたが、支配下契約を勝ち取ることはできなかった。シーズン終了後には自由契約から再び育成選手となったが、背番号3ケタ台から抜け出すのは決して簡単な道ではない。

「高校時代と別人になりつつある。制球力とキレで勝負するため体の反動の少ない投球フォームに変更、それを固めている段階でまだ時間がかかりそう。球団が育成契約を結んだのは、もう少しだけ可能性にかけてみる方針でしょう」(日本ハム担当記者)

 同級生で良きライバルでもあった吉田は今オフにトレードでオリックスへ移籍。1年目からプロ初勝利を挙げるなど一軍での経験を重ねていた吉田が放出された状況下、柿木にも長い時間は残されていないはずだ。

「ギリギリの立場にいる高卒選手は多い。投手と野手のどちらが適正かの議論が絶えない根尾昂(中日)も正念場。アジアプロ野球チャンピオンシップで侍ジャパン入りした藤原恭大(ロッテ)もシーズンを見れば一軍半クラス。どの選手も決して安心できる状況ではない」(元在京球団スカウト担当)

 甲子園で活躍した選手たちに素晴らしい野球センスがあるのは間違いないが、プロで活躍するのは並大抵なことではない。本人たちは後悔しないように、そして周囲の誰もが納得できるように、まずは野球にしっかり取り組んで欲しい。1人でも多くの選手が甲子園と同じような輝きを見せてくれればプロ野球はもっと盛り上がるはずだ。