新年のあいさつのため、ティアラとローブデコルテの正礼装で仙洞御所に入る愛子さま=1月1日、東京都内

 天皇、皇后両陛下の長女愛子さまが、学習院大卒業後の4月から、日本赤十字社(東京・港区)に嘱託職員として勤務することが内定したと、宮内庁が発表した。大学院や留学で専門分野を学び続ける皇族が多いなか、古典への学びを深めている愛子さまの「研究」はどうなるのか。しかし、公務とともに学びを続ける皇族方は、これまでも数多くいる。

*   *   *

「当面は、4月からの日赤での勤務に慣れることや、出席される公務の準備等でお忙しいでしょうから、他のことをおやりになる時間はほぼないのではないかと思います」

 そう話すのは、元宮内庁職員で皇室解説者の山下晋司さんだ。

 愛子さまは今春に学習院大を卒業し、4月からは嘱託職員として日赤で勤務する。勤務日について日赤本社広報室は、

「ご公務等の状況をみながら対応していくことになろうかと思います」

 と答えており、日赤での仕事とあわせ、公務への準備も進んでいるようだ。
 

 一方で、大学院や海外留学などで専門分野の研究を深める女性皇族も増えたことから、愛子さまも留学か大学院への進学を選択するだろうとみられていた。それだけに日赤への就職内定を、世間は驚きをもって見つめた。

 そもそも昭和の時代の内親王や女王は、留学はもちろん大学などを卒業して皇族として働くことはほぼなかった。卒業してまもなく結婚していたからだ。

 労働の対価として給与を得た初の女性皇族は、「サーヤ」と呼ばれて慕われた、上皇ご夫妻の長女、黒田清子さん(54)だ。

 そして女性皇族の海外留学が増えたのは、平成の半ばあたりからだ。
 

京都産業大で講演し、「やらないで後悔するより、やって後悔するほうがいい」と若者たちに語りかけた故・寛仁親王の長女彬子さま=2017年7月、京都市の京都産業大

■初の博士号を取得した女性皇族は彬子さま

 海外の大学で本格的な研究に打ち込み、博士号まで取得したのが、三笠宮家の故・寛仁さまの長女の彬子さま(42)だ。

 学習院大在学中の2002年に英オックスフォード大に短期留学し、さらに04年から同大で日本美術などを6年間にわたって研究、10年に哲学の博士号を取得した。

 論文審査を経て博士号を取得した皇族は、秋篠宮さまに続き2人目で、女性皇族としては初めてのことだった。

 帰国後は、関西にも拠点を確保し、日本の伝統文化を伝える一般社団法人「心游舎」の総裁として全国で活動。京都産業大や京都市立芸術大、立命館大、国士館大や国学院大などで客員教授や特別招聘教授、研究員などを務める活躍ぶりだ。
 

全国高校生手話パフォーマンス甲子園で、手話を交えてあいさつする佳子さま。佳子さまも手話という専門分野を熱心に学んでいる=2022年9月、鳥取県倉吉市

 次女の瑶子さま(40)は、学習院女子大を卒業したのち、日赤に嘱託職員として勤務。

「嘱託職員ながら、週5日の常勤と、腰を据えて働いておられたそうです。勉強に熱心なご姉妹であったと聞いています」(元宮内庁職員)

 高円宮家の承子さま(37)は、英エディンバラ大での約4年間の留学などを経て、13年から日本ユニセフ協会に就職。いまも勤務を続けており、東ティモールやスイスなどへの出張もこなすベテラン職員だ。

 高円宮家の三女の守谷絢子さん(33)も、カナダの大学で留学を経験。城西国際大学大学院で、子どもや高齢者の福祉を学び、同大福祉総合学部研究員として、学生の部活動なども指導してきた。

 秋篠宮家の長女小室眞子さん(32)は、英中部レスター大学大学院の博物館学研究科で1年学び、結婚するまでは東京大学総合研究博物館の特任研究員として週3回ほど勤務を続けた。

 次女の佳子さま(29)も、英中部のリーズ大で舞台美術などを1年間学んだ。いまは、全日本ろうあ連盟で非常勤嘱託職員として勤務をしながら、多忙な公務をこなす日々だ。
 

「百人一首」の現存する最古の写本を閲覧する愛子さま。宮内庁の書陵部は、こうした貴重な文献を持つ=2023年12月、宮内庁書陵部庁舎、宮内庁提供

■参考になるのは、「皇女」であったサーヤ

 愛子さまは、新型コロナへの対応や災害救護活動に関心を深めるなかで、「少しでも人々や社会のお役に立つことが出来れば」と日赤で働くことを選択したという。

 愛子さまといえば、古典への造詣が深いことで知られている。

 大学では平安時代から明治時代の古典や文学、和歌などを学び、愛子さまが昨年12月に提出した卒業論文は、「中世の和歌」についてのものだった。 

 22歳の誕生日には、「むし双六の和歌」や「百人一首」などに熱心に見入る愛子さまの映像が公開されている。現存する最古の写本である古典籍は、宮内庁書陵部の資料だ。

 1月の新年の宮中行事「歌会始の儀」では、中世の和歌が千年の時を経て現代に受け継がれていることへの感銘を和歌に詠んでいる。
 

 幾年(いくとせ)の難き時代を乗り越えて和歌のことばは我に響きぬ
 

「ユニセフ・キャラバン・キャンペーン」で、子どもにやさしい空間づくりを目指す研修で進行役を務める高円宮家の長女、承子さま(左から2人目)=2015年5月、和歌山市

 就職の後、愛子さまの研究はどうなるのか。

 参考になるのは、同じ天皇と皇后の「皇女」であった黒田清子さんのキャリアだろう。愛子さまが清子さんのティアラを借りているのも、ご身位の格が相応しかったためとみられる。

 学習院大では、愛子さまと同じ国文学科(現・日本語日本文学科)で古典を学んだ。和歌に高い素養を持ち、大学の卒業論文は「八代集四季の歌における感覚表現について」だった。

 ボランティアや自然保護にも取り組み、盲導犬育成など福祉への関心も高かった。しかし、非常勤研究員として就職したのは千葉県にある山階鳥類研究所。結婚後も客員研究員などとして鳥類の研究を続け、17年には、『山階鳥類学雑誌』に「皇居の鳥類相」について足かけ5年分の報告書が掲載された。

 玉川大学教育博物館の外来研究員としても研究を続け、19年には、清子さんが企画した鳥類図譜の特別展が東京芸術劇場(豊島区)で開催された際には、上皇ご夫妻を案内するというほほえましい場面もあった。
 

黒田慶樹さんとの結婚にあたり、「朝見の儀」に臨む黒田清子さん。このティアラは現在、愛子さまが着用している=2005年11月、皇居・宮殿「松の間」

■皇居の内外で研究を続ける皇室メンバー

 清子さんのキャリアを見ても、大学院への進学や留学を選択しないからといって、愛子さまの学びや研究が止まるわけではない。

 22歳の誕生日映像で、愛子さまが現存する最古の写本である古典籍を読んでいた通り、宮内庁には貴重な文献を持つ書陵部や国宝・重要文化財に指定された美術工芸品を所蔵する三の丸尚蔵館もある。

 上皇さまは、皇居内にある生物学研究所に現在も週に2回通ってハゼの研究に取り組み、愛子さまの父である天皇陛下は水問題の研究者として、海外や大学などでも講演をしている。

 ニワトリなど家禽(かきん)類の研究に取り組む秋篠宮さまも、山階鳥類研究所をはじめとするさまざまな団体や学者と交流を続けながら、研究を重ねている。

 秋篠宮家の長男で、筑波大学附属高校2年生の悠仁さまも、11年間のトンボ類を他の研究者らと共同でまとめた論文、「赤坂御用地のトンボ相」が、国立科学博物館が発行する研究報告誌に掲載されて話題を集めたばかりだ。
 

 先の山下さんはこう話す。

「4月からは日赤の仕事と公務の両立となり、軌道に乗るまでは大変だと思います。関心を持ってこられた古典文学の研究を続けられるのかどうかはわかりませんが、宮内庁には書陵部もありますし環境としては問題ないでしょう。無理は禁物ですが、古典文学の研究も続けていただきたいですね」

 また、宮内庁OBのひとりは、清子さんが企画の段階からたずさわった特別展を上皇ご夫妻に案内したように、日赤で働く愛子さまが福祉や災害救助、感染予防といった分野での専門性を高めて、両陛下にご説明や案内をする光景を目にする機会があるかもしれない、とも期待を寄せる。

「いずれにせよ、社会人としてのご経験は、公務や今後のご本人の人生に役に立つでしょう」(山下さん)

 愛子さまが、ご自身の意思で踏み出した新たな一歩は、愛子さまにとって実り豊かな人生をもたらしてくれるに違いない。

(AERA dot.編集部・永井貴子)