桐島聡容疑者(警察庁のポスターから)

 2020年9月に長野県宮田村で暴力団幹部の男性を銃撃し、重傷を負わせたとして、殺人未遂容疑で全国に重要指名手配されていた指定暴力団「絆会」の幹部、金沢成樹こと金成行容疑者が2月1日、潜伏先の仙台市のアパートで逮捕された。

「逮捕する数日前にフリーダイヤルの番号に匿名で通報があり、仙台市内のアパートの一室を確認したところ金容疑者で間違いないとなった。銃撃犯ということもあり、最悪のケースを考えてアパートの住民を極秘裏にホテルへ避難させ、寝静まったところを見計らって閃光(せんこう)弾を使用して突入した。周囲には銃声のような音が響き、一瞬にして朝のように明るくなるほどで映画のような捕物でした。金容疑者は抵抗もせず、本人であることも認めたので逮捕となった」(捜査関係者)

 この事件をめぐっては、指定暴力団六代目山口組も金容疑者への「報復」のために動いていたようだ。

「山口組も狙っていたはずで、こちらが早く発見できてほっとしている。実は昨年9月ころに、金容疑者が名古屋に潜伏しているとの情報もあった」(前出・捜査関係者)

 金容疑者は3年間も逃亡していたが、それが急転直下の逮捕劇となった。

■指名手配の容疑者は市民の通報で捕まる

 警察庁の幹部は、

「指名手配された容疑者は大半が一般市民からの通報で捕まります。懸賞金の効果もあります。金容疑者の逮捕は“桐島容疑者”のニュースが大きく報じられたことと関係が強いと思いますね」

 と話す。

 桐島容疑者は、過激派「東アジア反日武装戦線」の一員で、1974年から翌年にかけて相次いだ連続企業爆破事件に関与したとして、爆発物取締罰則違反容疑で指名手配されていた。

 事件から約50年という年月を経た今年1月25日。神奈川県鎌倉市の病院に「内田洋(ひろし)」の名前で入院している男が、病院側に「自分は桐島聡だ」と伝え、「最期は『桐島聡』で死にたい」などと話したという。末期がんで重篤な状態だったといい、その4日後の29日に死亡した。

桐島聡容疑者を名乗る男が暮らしていたという住宅=2024年1月28日、神奈川県藤沢市

 警視庁の捜査員が事情を聴いたところ、事件への関与や過激派の人間関係などについて桐島容疑者でなければ知らない「秘密の暴露」があり、DNA型を桐島容疑者の親族と照合したところ、「親族関係に矛盾なし」の結果が出たという。

 この男は、約50年の逃亡期間中の30年以上は神奈川県にいた模様だ。そして、ニュースなどでひげを生やした逃亡中の写真が報じられると、若かったころの桐島容疑者とは「指名手配写真とあまりに違う」といった投稿がSNSで一気に増え、トレンドにあがるほど注目された。

「警察庁のホームページでも、桐島容疑者が掲載されている写真のアクセス数が急増した。指名手配容疑者が並んでいるポスターの中で、桐島容疑者の左隣にいるのが金容疑者。フリーダイヤルへの情報提供も桐島容疑者のニュースの後で注目されたことが大きかったのでは」(前出・警察庁幹部)

 さらに、指名手配のポスターには、

<懸賞金 上限100万円>

 という文字もある。

警察庁の重要指名手配のポスター。桐島容疑者の左隣が金容疑者だった(金容疑者の逮捕後は、「手配を解除しました」と文字だけが書かれていた)

 これは桐島容疑者でも、金容疑者でもない、指名手配された別の容疑者に対してのものだが、「100万円」の文字が赤く目立つように印刷されており、一見すると、両容疑者も含まれているようにとれなくもない。

■必要がある場合は1千万円まで増額可

 懸賞金は「捜査特別報奨金」という名称で運用され、詳細は「捜査特別報奨金取扱要綱」として定められている。殺人、強盗、放火など要件を満たす重大事件に対し、警察庁長官が指定することができる。上限は300万円で、特に必要があると認められる場合は1千万円まで増額することができる。

 警察庁のホームページを見ると、現在では17件の事件が対象となっている。1995年に東京都八王子市で3人が射殺された「スーパーナンペイ事件」は、特別報奨金300万円(上限)の他、有志による私的懸賞金300万円(同)がある。2000年に一家4人が刺殺された「世田谷一家殺害事件」は300万円(同)、有志による私的懸賞金が1700万円(同)となっている。

 新しいところでは、大分県別府市で一昨年6月に起きた大学生死亡ひき逃げ事件で、警察庁は昨年9月に逃走中の八田与一容疑者を重要指名手配に指定した。特別報奨金300万円(同)と私的懸賞金500万円(同)が設定されると、昨年11月末時点で2290件(計3769件)の情報が寄せられたという。

 特別報奨金の制度ができる以前では、1982年8月に松山市内でホステスの女性を殺害した福田和子元受刑者(2005年に死亡)について、逮捕に結びつく情報提供者に愛媛県警察協会が100万円、福田元受刑者の整形手術をした病院が400万円を贈ることを決めた。多くの情報が寄せられ、福田元受刑者は15年間の逃亡の末、時効直前の97年7月に福井県で逮捕された。福田元受刑者がよく訪れていた飲食店主の通報が決め手となったことから500万円も支払われた。

 記者もこの事件を取材していたが、振り返ると当時は現在のようにインターネットが普及しておらず、スマートフォンで写真を撮ってSNSに投稿するというような方法は存在しなかった時代。愛媛県警は広く情報を集めようと、福田元受刑者の写真入りテレホンカードを配っていた。情報の集まり方も現在とはまったく違うことも背景にあったと感じる。

■懸賞金が増えれば注目度も、情報も増えるはず

 警察の裏金問題を告発した元愛媛県警巡査部長の仙波敏郎さんは、現場の警官として福田元受刑者の行方を追った一人。

「福田元受刑者が注目されたのは、当時では巨額と言われた報奨金です。発表直後は『裏取り』が大変なほど情報が寄せられました。桐島容疑者と金容疑者は判明したが、今も未解決で懸賞金がかかっている事件は10を超えます。金容疑者の例でもわかるように、指名手配は市民の通報で発覚することが大半です。人手はかかるが、懸賞金をさらに増やせば、注目度も、情報も増えるはずです」

 と話している。

(AERA dot.編集部・今西憲之)