チャールズ英国王「がん公表」の影響を受けるのはウィリアム皇太子といわれているが、ヘンリー王子も即座に英国行きを決めたという(写真は2022年9月撮影/アフロ)

 2月5日夜に英王室は、チャールズ国王のがんを公表した。

 国王は、前立腺肥大の手術のため3泊入院して、1月29日に退院したばかりだった。前立腺肥大の処置を受けている間に、医師団が懸念箇所を検査したところ、がんが判明した。前立腺がんではないとするものの、部位名やステージなどは明らかにしていない。今後は入院しないで、病院に通って治療を続けるという。

 国王は、早期の診断を医師団に感謝するとともに今後は表に出ての公務は控えるが、重要書類の対応などは変わらず務める。君主の病気や外遊の際に代わって国事行為を行う国務参事官は、現時点で置くことはないという。再び国民の前に姿を見せるまで、約1カ月はかかる予定だ。

 早速、バッキンガム宮殿の前には花束を持った国民が次々とやってきて、国王の早期回復を願った。スナク英首相やバイデン米大統領、トランプ前米大統領などがお見舞いのメッセージを送っている。

■ヘンリー王子「英国行き」の即断

 国王の病気の影響を最も受けるのは、ウィリアム皇太子(42)だろう。キャサリン皇太子妃(42)の手術と自宅療養で、皇太子はほとんどの公務を中止、延期した。妃が自宅に戻ったことで、皇太子も7日から公務を開始する。勲章などを授ける叙任式をウィンザー城で行い、その夜はロンドン航空救急隊のためのイベントに出席の予定だ。国王の回復の程度によるが、皇太子は国務参事官よりも権限を持つ「摂政」に就くべきともいわれている。

 チャールズ国王はがんの診断を受けた後、妹弟3人と2人の息子に直接電話をかけた。米国に住むヘンリ―王子(39)は、その場でイギリスに行くと決めた。メーガンさん(42)とアーチー王子(4)とリリベット王女(2)は同行しない。

 ヘンリー王子の即断に、逆に国王の病状の深刻さを心配する声も上がっている。一方で、この機に国王とヘンリー王子が和解するよう望む声もある。王子がロンドンに滞在中の宿泊場所はどこになるのだろうか。

チャールズ英国王(写真は2023年10月撮影/アフロ)

 ヘンリー王子が以前に渡英したときは、故エリザベス女王が王子とメーガンさんに贈ったフロッグモア・コテージの返却に伴い、一般のホテルに泊まった。それを王子は“侮辱”と捉えたという。

 エリザベス女王は、目立った病気や治療といえば白内障と膝の手術を受けたほどで、在位70年という英王室最長在位期間を全うした。父フィリップ殿下も99歳という長寿だった。チャールズ国王も健康で、かつてポロ競技の時に落馬し、腕を骨折した程度である。

 チャールズ国王だけでなく、腹部手術を受けたキャサリン妃、乳がんに続いて皮膚がんの診断を受けたセーラ元妃(64)など、今年に入って英王室を次々に病が襲っている。「王室は少数の健康なロイヤルに支えられているだけ」などと君主制の危うさを訴える声も上がっているが、まずは体調の回復と安定を願うばかりだ。

(ジャーナリスト・多賀幹子)

※AERAオンライン限定記事