メーガンさん(左)とヘンリー王子(写真は2023年9月撮影/アフロ)

 英王室のウィリアム皇太子(41)は、2月7日午前中にウィンザー城で、叙勲式に臨んだ。キャサリン皇太子妃(42)が腹部の手術のために入院して以降、公務から遠ざかっていたので、表に顔を見せたのは約3週間ぶりとなる。

 皇太子は、およそ50人に大英帝国勲章を授ける重要な役割を担っていた。式は順調に進行していたが、ここで前代未聞のミスが起きた。先天性の心臓病を患う子どものための慈善団体「リトル・ハーツ・マタ―」の責任者、スザンヌ・ハッチンソン氏に勲章をつける際、皇太子は指を滑らせメダルを落としてしまったのだ。すぐにかがんでメダルを拾い上げ、心配そうに見ていたハッチンソン氏の胸に付けた。

 何ごともなかったかのように式は続くも、大きな驚きが広がった。皇太子は何度も叙勲式を経験しているのに、メダルを取り落とすのは初めてだったからだ。「心労がたまっているのではないか」とささやかれている。

 さらに息をのんだのは、皇太子のやせ方だった。式服がかなり緩んで見えたのである。

 キャサリン妃の介護と3人の子どもたちの世話、そこにチャールズ国王(75)の入院とその後のがんの公表。責任は増すばかりだ。皇太子の「心ここにあらず」の様子に胸を痛める国民も多かった。

■父と息子のわずかな面会時間

 そんな折、ヘンリー王子(39)がアメリカから戻ってきた。チャールズ国王は、がんであることを妹弟と同時に2人の息子に知らせていたのだ。王室が国王のがんの罹患を発表した翌日にはもう、王子は英国航空でロンドンのヒースロー空港に到着した。

 イギリスは色めき立った。父を見舞いにこのように早く飛んでくる王子に好感を持った人もいた。さらに決定的なのは「メーガンが一緒に来ない」ことだった。これで、国王と王子の和解が実現に向かうかもしれない、と。

 しかし、国王のロンドンの私邸クラレンス・ハウスでの父と息子の久しぶりの面会時間はわずか45分程度だった。

がんを公表したチャールズ英国王(写真/アフロ)

 国王は前日の外来でのがん治療で疲労していた。この日の午前中にはノーフォークのサンドリンガム邸でカミラ王妃(76)と共に静かに休みたかった。しかし、ヘンリー王子がクラレンス・ハウスに車で向かっているとの連絡が入り、国王は待っていないといけなかった。バッキンガム宮殿の中庭から飛び立つヘリコプタ−に「予定時間より遅れる」と伝えたという。

 やっとヘンリー王子が到着。国王は久しぶりの息子の顔を見てうれしかっただろう。

 だが、面会は手短に切り上げた。国王から「一緒にサンドリンガムに来ないか」との言葉も出なかったし、夜は宿泊用に王室所有の施設の提供もなかった。

 王子は、翌日にはもうヒースロー空港から飛び立った。ウィリアム皇太子と顔を合わせず、キャサリン妃のお見舞いにも行かなかった。イギリスの一部メディアは「アメリカに帰った」ではなく、「そそくさとメーガンのもとに戻った」と書いた。

メーガンさん(写真/アフロ)

 国王からの電話の後に、王子にすぐにイギリスに飛ぶように勧めたのは、実はメーガンさん(42)だという。「キャサリン妃のお見舞いは必要ない」と伝えていたとも。

 それなら王子を何のためにイギリスに行かせたのか。王室との確執は、さらに深まっただけとも言われている。

(ジャーナリスト・多賀幹子)

※AERAオンライン限定記事