オリックス・吉田輝星(左)と広島・中村奨成(右)

 オリックス・吉田輝星と広島・中村奨成の2人にとって今季は勝負の年だ。ともにドラフト1位の元甲子園スターであり、大きな期待を背負ってのプロ入りとなったがここまで目立った結果を残せていない。だが「今年は違う」という声も多く聞く。果たしてその評判は本当なのだろうか……。

 今シーズンが早くも6年目となる吉田は新天地での飛躍を目指している。

「(オフの)吉田のトレードには誰もが驚いた。ビジネスライクな日本ハムだけに選手として伸び代がないと判断したのか。ネームバリューがあるうちに交換要員として使ったのかもしれない」(在京球団編成担当者)

 吉田は2018年夏の甲子園で秋田県代表の金足農業のエースとしてチームの準優勝に大きく貢献。地方大会を含めて881球の熱投で「金足農旋風」を巻き起こした。同年のドラフト1位で日本ハム入団、切れ味の鋭いストレートを武器にプロでの活躍も期待されたが、これまでの5年間は64試合に登板して3勝9敗、5ホールド、防御率6.23と苦しんでいる。

「オリックスはエースの山本由伸(ポスティング→ドジャース)と山崎福也(FA→日本ハム)が抜けた。投手育成能力には定評があるので吉田再生への期待は高い。他にも生え抜きでイキの良い若手投手が多いので熾烈な競争になりそう」(オリックスOB)

 球威ある真っ直ぐを中心とした物怖じしないマウンド捌きの評価は決して低くない。2022年には主にリリーフとして51試合登板(うち4試合は先発)、2勝3敗5ホールド、防御率4.26と先発ではないが救援投手としてブレイクの兆しも見せていた。

「高校時代からの変化球の時に体全体が緩むクセが直っていない。投球フォーム自体も変化するので打者は球種を読みやすく、制球力も乱れがちになる。今のままでは球威で抑えられる短い回しか任せられない」(オリックス担当記者)

「変化球はブルペンの時から第1、2クールよりは良い感じで投げられている」(吉田)と2月12日の紅白戦登板後には変化球への手応えも語っていたが……。

「変化球を投げる際のクセは長年言われていた。直せないのか、直そうとしなかったのか。早く何とかしないと日本ハム時代の二の舞になる。投手育成が上手い球団なので吉田も成長もできるだろうがライバルも多い。覚悟を決めて野球に取り組んで欲しい」(オリックスOB)

 一方、吉田が高校球界を騒がせた1年前の夏の甲子園で話題を独り占めにしたのが中村。強肩、強打の捕手として高い評価を受けてのプロ入りだったが、吉田同様に苦戦している。

 今季がプロ入り7シーズン目となるが「契約してくれただけでありがたいこと。他球団なら間違いなく戦力外になっていただろう」(広島担当記者)という声もあるほど。背番号も入団時からつけていた「22」から「96」に変更となった。

 中村は2017年夏の甲子園で広島県代表・広陵の準優勝に貢献。6本塁打を放ち大会最多記録を更新した。同年のドラフト1位で広島に入団し、早期のレギュラー獲得も予想されたが、プロ6年間で通算88試合の出場、29安打、2本塁打、10打点と期待を大きく裏切る形となっている。

「金属から木製バットへの対応に苦労したらしいが、プロ入りしてから7年目を迎えており言い訳にならない。決して悪い子ではないのだが野球への取り組み方が甘いと言わざるを得ない」(広島OB)

 グラウンド外では女性問題をたびたび引き起こした。2022年の契約更改時には球団から「野球と真摯に向き合え」という言葉をもらったにも関わらず、昨年も再び女性スキャンダルが発覚している。

「精神論は好きではないがメンタルに問題があるのではないか。地元出身なので知名度は高くチヤホヤする人もいる。しかしグラウンド内の結果を考えれば、そろそろ気付いても良いのだが」(広島担当記者)

 昨季も18試合の出場で3安打に終わった。今季からは外野手登録に変更、オフには会沢翼らとともに鹿児島・最福寺で護摩行を敢行。今春キャンプでは禁酒を続行し、休日返上でバットを振り続けている。

「キャンプ時はいつも必死にやるんよ。良いものを持っているから紅白戦やオープン戦では結果は出すけど、そこで調子に乗る。ホンマに最後のチャンスだから死に物狂いでやれと言いたい」(広島OB)

 投手と野手、球団方針なども絡み2人の立場は異なる。しかしプロの世界で生き残るための覚悟や執念がもっと必要なのではと感じるのは共通する部分だ。

「プロ野球に入ってくる選手は誰もが1つは飛び抜けたものを持っている。それをうまく使って結果を出すことが求められる。吉田も中村も5年以上プロにいるのだから、生き残る術を本気で見つけないといけない」(在京球団編成担当者)

 甲子園のスターとして注目されただけに、結果が伴わなければ周囲からの逆風は強くなる。しかしそれらに打ち勝ってプロでも素晴らしい活躍をしてきた選手も数多くいる。吉田と中村には誰よりも眩しいスター性があっただけに毎シーズンこの時期には「今年こそ」と期待は高まるが……。

「今のままで現役を終わったら誰も相手にしてくれなくなる。野球にしがみつくしかないんよ」と広島OBは付け加えた。中村への助言だろうが吉田をはじめ全ての選手に当てはまる。プロ野球とは甘い世界ではないのだ。