星野源のファン。音楽、芝居など複数の活動を行う姿に刺激を受ける。寺田の人生とも重なる(撮影/今祥雄)

 女子100メートルハードルで日本選手権3連覇、元日本記録保持者でもあり、東京五輪出場も果たした寺田明日香。小学生のころから陸上選手として成績を残したが、心身のバランスを崩し、摂食障害、無月経、骨粗しょう症に。勝つためだけだったスポーツが、今は人生を豊かにするものへと変わった。寺田の真の強さはここにある。

*  *  *

 横浜市にある慶應義塾大学日吉キャンパス。その一角にあるゆるやかな上り坂で、體育會(たいいくかい)競走部員たちが練習していた。その中を風のように走り抜けていく女性スプリンターがいた。道行く人は「速っ!」と驚いて振り向く。

 100メートルハードルの選手、寺田明日香(てらだあすか・34)である。所属はジャパンクリエイトグループだが、コーチングする高野大樹(35)が同部ヘッドコーチを務める関係で、ここを練習拠点にしているのだ。

 寺田のキャリアはかなり珍しい。19歳で世界ジュニアランキング世界一の13秒05を記録し、“陸上日本一”を決める日本陸上競技選手権大会(以下、日本選手権)で3連覇するなど活躍したが、摂食障害やケガにより23歳で引退。結婚・出産、大学進学をへて7人制ラグビーに挑戦するも、28歳で陸上に復帰。翌年、日本人女性で初めて12秒台を記録、東京オリンピックに出場した。

 ラグビーに挑戦した理由や5年のブランクがありながら日本新記録をだせた秘密を聞いていくと、回り道も悪くはないことがみえてきた。

 1990年、寺田は札幌市に生まれた。幼い頃は気管支が弱く、体力をつけるために体操や水泳など複数のスポーツをした。小学4年生から陸上を始めると、陸上選手だった両親のDNAを引き継いだのか、小学5、6年と100メートル全国2位に、インターハイではハードルで3連覇を達成した。興味深いのは、そんな絶好調の時でさえ、陸上をやめてからの人生を考えていたことだ。

「両親が離婚して、専業主婦だった母が働きに出た時、資格などを持ってなくて大変そうな姿をみていたからでしょうね。陸上をやめて次の人生を切り開く手札がないというのが怖かったんです。大学の教育学部に進学したいと考えたり、とにかく自立した女性に憧れがありました」

2023年7月1日、「実業団・学生対抗陸上競技大会」で12秒92、2位。レース前は一緒に走る選手と大声で話し笑っていた。これは緊張をほぐす方法。緊張は頑張ろうとしている証拠と認めることが大切とも(撮影/今祥雄)

■体重の増加が怖く 拒食と過食を繰り返す

 それでも高校卒業後は、福島千里、北風沙織といったトップスプリンターが所属していたクラブチーム、北海道ハイテクACに入る。北海道恵庭北高校陸上部に在籍中、寺田にハードラーとしての適性を見いだした名伯楽・中村宏之が、当時ハイテクAC監督を務めていたからだ。寺田は「オリンピックに行きたい」という思いが強く、その選択に後悔はなかった。

 初年度から結果をだした。日本選手権3連覇、翌年は世界ジュニアランキング1位。ロンドンオリンピックはほぼ射程に入ったと思われた。

 ところが2011年3月の沖縄・石垣島合宿で暗転する。トレーニングの一環でサッカーを楽しんでいた時、踏み切る右足を捻挫したのだ。回復が思わしくなく練習もままならない。結果、ロンドンオリンピックの出場を逃してしまう。そのショックなのか心身のアンバランスを招く。成長期の影響でふっくらし始めていたが、体重増の恐怖から摂食障害になる。少し太ると吐いたり下剤を飲んだり。すると身長168センチで約51キロだった体重が45キロ前後に。反動で過食になり2週間で58キロに。体重の乱高下を繰り返した。

「肌はボロボロで、生理もこなくなりました。栄養状態も悪いので骨折してしまって。摂食障害、無月経、骨粗しょう症。女性アスリートが注意するべき三主徴を不名誉にもコンプリートしてしまいました。もう練習どころではなかったですね」

 クラブの同僚に相談しようにも、みな自分のことで精一杯の様子。立て直せないまま13年の日本選手権を迎える。結果は屈辱の予選落ち。直後、母親に電話をしている。「もう無理だわ」。泣いていた。「今まで頑張ったね、ご苦労さま」という母親の声を聞いた後、監督の中村を訪ね、「責任をとってやめます」と言い残しクラブを去った。

「あの頃は、スポーツは勝たなければ意味がないものという認識でした。自分にとってのスポーツの意味ってその程度でした。勝てなくなって、気持ちが折れちゃったんですね」

 23歳といえば陸上選手としてはもっとも脂がのる時期。が、陸上に未練はなかった。

「23歳ならば、これから大学に入っても新卒とあまり変わらず社会にでられるかもしれない」

 引退から3カ月後の10月に上京。簿記の資格も取得していたので、スポーツマネジメント会社で経理などの仕事をしつつ、大学入学の準備をしていた。そうこうするうちにおなかに新しい命を宿す。その父親で、当時日本陸上競技連盟の職員だった佐藤峻一(40)と、翌14年3月に結婚した。

レース後の取材。自分が口にした言葉で自分を縛ることがあるので、自分の中で温めておきたい未完成な感覚は記者会見では話さないようにしている(撮影/今祥雄)

 4月、早稲田大学人間科学部人間情報科学科eスクールに入学するが、間もなく一人4役の毎日が始まった。8月に出産し、経理を在宅で数時間こなし、さらに家事も。幸い通信課程なので、子どもを寝かしつけてから講義を視聴できたが、1週間に10教科のレポートを書いたり、ゼミの研究発表の準備をしたりした。

■ラグビーで五輪を目指す プロテイン飲みながら卒論

 大学は3年課程。北海道ハイテクノロジー専門学校において2年間情報科で学んだのでその単位が認められたからなのだが、その最終年にさしかかった16年、大学院への進学も考えていた寺田に複数の知り合いからある提案が舞い込む。

「ラグビーで東京オリンピックを目指さない?」

 実は同じ話は引退する13年にもあった。ラグビーには15人制と7人制があるが、誘われたのは後者。使用するグラウンドの広さは同じなので、7人制では“鬼ごっこ状態”。速く走ってトライできる選手が重宝され、当時は東京オリンピックを見すえて、陸上選手を積極的にスカウトする動きがあったのだ。ただ、引退当時は、「人に見られたり評価されたりするのは絶対嫌」と泣いて断ったのだが、今回は違う考えが浮かんできた。

「オリンピックを目指すチャンスを手にできるのは限られた人間なんですね。引退してからそのことに気がつきました。ましてラグビー未経験の自分にオリンピックを目指そうと言ってくれる人がいる。私はすごく恵まれていると思ったんです」

 競技から離れてオリンピアンの価値にも気づかされた。陸上教室や講演会に呼ばれるのはオリンピアンが多い。自分の経験などを伝える時にもオリンピアンであった方がよいと思ったのだ。

 ただラグビーに挑戦するとなると、練習や合宿、試合で家をあけることが多くなる。夫に相談すると、「応援するよ」と快諾してくれた。

 16年8月、「東京フェニックス」に入団した。

「ボールより速く走る選手を初めて見た」

 チームメートの村上愛梨(34)は、練習する寺田の姿をみて衝撃を受けた。もちろん課題はあった。その一つは体重が軽いこと。90キロ前後の選手にタックルされると、当時47キロの寺田の体は2メートルほど飛ばされた。「交通事故のレベル」と振り返るが、ケガ予防のためにも体を大きくする必要があった。村上に「ご飯を噛(か)まないで食べると太る」と教えられ、お代わりしては飲み込んだ。努力の結果か約3カ月で61キロまで増えた。

2023年10月9日、小学生向けの「調布市ジュニア陸上体験教室」で講師を務める。最初は表情が硬かった参加者だが、次第に活発に。「私が子どもなので一緒に遊んでもらう感じ」と寺田(撮影/今祥雄)

 当時は大学最終学年。練習で疲れた体にむち打って、合宿所で夜遅くまで卒論を書いている姿を村上は覚えている。心配になった村上は「もう寝なよ」と言っても、プロテイン飲料を流し込みながらキーボードをうっていたという。

 12月には日本代表練習生になり、翌年からは月の8割を合宿に費やす日々が始まる。選手としては充実していたが、母親としてはつらい思いもした。村上によると、「タックルの痛みより、子どもと一緒にいる時間が短い方がキツい」と泣いていたという。当時2歳半の娘・果緒(9)には「ママの仕事はラグビー。私の仕事は保育園。泣かないで」と言われていたが、厳しかったのだ。

 それでも猛練習を積みトライを何度も奪えるようになっていた。だがその矢先、17年5月、公式戦で相手選手と交錯し右足腓骨(ひこつ)を骨折。治癒はしたが、半年のブランクは大きく、練習に戻ってもついていけず、オリンピックは無理だと悟る。

■ハードルはタックルしない ラグビーで恐怖がなくなる

 しかし、寺田はある手応えを掴(つか)んでいた。

「走るのがすごく楽しく好きになっていたんです。しかも速くなっている。今やらずに後悔することは何かと考えた時、それは陸上に戻ることだと」

 その直感は正しいのか。寺田は複数の人に確かめた。ラグビーのトレーナーは「ありじゃないですか」。恩師の中村にも聞こうと北海道に飛んだ。18年10月のことだ。中村と一緒に寺田の走りをみた、元チームメートの北風(38、前出)は、「一歩一歩が地面に伝わる力、推進力がすごく強くなったな」という印象を受けた。肝心の中村は……。

「30歳前だったらいけるかもな。ただ、オリンピックは無理だぞ。そんな甘いもんじゃない」

 陸上復帰の意思を固めた寺田は夫に報告。すると「自信あるの?」と尋ねてきた。「なければやらない」と寺田。夫は「自信家でない彼女がそこまでいうのは根拠があるのだ」と思った。

 そこから寺田は「チームあすか」結成に動きだす。コーチやトレーナー、栄養管理などの専門家を集めアドバイスをうける体制をとったのだ。

「当時はそれらを監督やコーチ一人がやりくりするのが一般的でした。それではキャパオーバーになってクオリティーが下がる気がしていました」

 こうしたチーム制は陸上選手としては当時かなり新しかったが、これはラグビーから学んだ。寺田自身、集団で取り組むのが好きだし合理的だということにラグビーを通して気づいたのだ。

 練習も過去にこだわらない方針が立てられた。昔の寺田に戻すのではなく、「新しいハードラー・寺田明日香をつくる」という方向性を寺田自身が示した。また、東京オリンピックを視野には入れていたが、コーチの高野は試合日程から逆算して練習内容を決めないようにした。徹底的に技術的な課題を洗い出し、関連する筋肉、関節の柔軟性を最適な状態にするなど土台を積み上げた。地味な練習のようだが、寺田は楽しかった。

「23歳までの自分とは違って純粋に陸上が好きで好奇心が強くなっていたので、この練習をしたら自分がどうなるかとか、1本走ってどう感じたか、それをコーチに伝えて、次はどう走るか……みたいにアイデアがぐるぐる頭の中にわいてきて、わくわくしていた。練習の質も高くなりました」

 練習をする中で発見があった。引退前はあったハードルへの恐怖感がないのだ。ハードルはタックルしてこない。タックルで吹っ飛ばされた経験がハードルの怖さを蹴散らしてくれたのだ。

 19年4月、復帰レースに出場。緊張ぎみで13秒43だったが、レースのたびにタイムはよくなった。高野は「できる時はとんとんと全部うまく運ぶからそれを待っていた」というが、その時が訪れたのは8月。金沢イボンヌの日本記録13秒00に並び、翌9月には12秒97と日本人初の12秒台をマークした。(西所正道)