記者会見で質問に答える河村たかし市長=2023年6月、名古屋市役所

 名古屋市立の小中学校の校長、教頭、教務主任の人事に際し、毎年「校長会」など数十の任意団体が、推薦名簿とともに1団体につき数千〜6万円の金品を同市教育委員会の教職員課に提供していたことがわかり、市などが調査を進めている。教育現場の「幹部」のポジションをカネで買っているとも取られかねない事態に、同市の河村たかし市長は取材に、「“教育とカネ”の問題。徹底的に調べる」と怒りをあらわにして話した。

<校長会 熱田区 40000>

<算数・数学   25000>

<大学・愛知教育大学 3年次 60000>

 数字がずらりと並ぶ。名古屋市教委が作成した、2023年に任意団体が教育委員会に“上納”した金額の「リスト」をAERA dot.が入手した。

 推薦名簿を提出した任意団体は86あり、現金もしくは商品券を提供していたのは69にのぼる。うち、現金を贈っていたのは、6万円が4団体、4万円が2団体、3万円が13団体。商品券では、3万5千円が2団体、3万円が8団体、2万5千円が1団体、現金と商品券で計4万円が1団体。これらの合計は221万1千円と集計されている。

「表ざたになってはしょうがない」

 暗い表情でそう話すのは、15年ほど前に名古屋市内の学校で校長を務めたAさんだ。

「毎年、人事異動の時期になると、推薦名簿とともに3万円を出していました。推薦状がないと、教頭や校長にはなれない。直接、市教委に払うのではなく、(校長会などの)団体が払ってくれるので罪悪感があまりなかった。それに、校長になれば校長会をはじめ様々な団体関連で毎年10万円ほどは会費名目で取られてしまう。当時は推薦状で3万円くらいは出してくれても当然という感じでいました」

 Aさんはそう打ち明ける。こうしたことがいつくらいからあったのだろうか。

「私も一時期、教育委員会にもいたのでわかるが、人事の時期は非常に多忙です。その陣中見舞いという話でした。教員の人事は基本的に教職員課の課長らが決めるので、そこに現金が流れていることがわかった。たぶん30年ほど前からやっていたようで、最初は商品券やビール券だったが、いつの間にか現金に代わった」(Aさん)

 Aさんは、人事異動の作業を「キャンプ」と呼んでいた。

 そして、上納された現金は教職員課だけでなく、指導部指導室にも流れていたことが市教委でも確認されているという。

「指導室も校長や教頭の人事評価をする部署なので権限が大きい。市役所の他の部署だってみんな忙しい。なぜ、教育委員会だけに陣中見舞いが必要なのか変だとは思ったが、そんなことを口にしたら左遷されてしまう。情けない話だが、私は教務主任、教頭、校長と3回、推薦状をもらっている。9万円を渡してカネと引き換えに校長になったと思われても仕方ない」(Aさん)

 校長や教育委員会を経験した複数の人によると、小中学校の教諭の任意団体は、教科別や卒業した大学別、校長や教頭経験者らの会など様々なものがある。特に名古屋市の各区で計16ある「校長会」と、教員を多数送り出している愛知教育大のOB会が有力な組織だったという。

 市教委の記者会見によれば、

「額は年間200万円ほど。パソコンで出入金を管理していた」

「金品は教職員課や銀行口座で保管していた。人事の繁忙期に菓子や栄養ドリンクの差し入れに使ったり、教員採用試験後の飲み会などの費用に充てたりしていた」

 などと現金の受け渡しを認めている。そして、

「(金品が)人事の評価には影響していない」

 とも説明している。

 だが、河村市長はAERA dot.の取材に、

「校長などになるための上納金ですよ、これは。推薦状がないと教務主任、教頭、校長にはなれんのです。年間200万円と教育委員会は言っているが、その程度で収まるのだろうか。人事は基本的に教職員課に権限が集中しており、職務権限は十分にあると考えている。また指導室も人事にはそれなりのものがあり、現金が流れていた。これは、贈収賄事件にもなりかねない。地方公務員法、倫理規程にも反している。まさに“教育とカネ”の問題だ。名古屋市議、愛知県議、国会議員までもが恩恵を受けていたとも聞いている。“政治とカネ”の問題にまで発展しかねない」

 と話す。

 河村市長が指摘する“政治とカネ”の問題というのは、今回の問題とどう関連するのだろうか。その点についてAさんは、

「教員になって20代後半か30代前半になると、組合関係の役職がまわってきます。そこで組合が応援している市議、県議、参院議員の選挙の手伝いをしないかと相談を持ちかけられます」

 と説明する。手伝いの具体的な内容については、

「選挙事務所に行って、電話をかけたり、推薦はがきを書いたりします。私もやりました。それをすると、やがて教務主任になる道が開けます。ある程度の年次になれば、やはりなりたいと思うので、入っている団体の一つ、大学のOB会に推薦状をお願いしました。すると、ある国会議員のパーティー券、1万円を買って参加してくれときました。年間に千円だったかの会費か寄付かも必要となって、払いました。組合に入っていろいろやらないと出世できないというのが背景にあります」

 河村市長は、

「教育委員会に上納されているカネが、私的に使われたのかどうかが非常に重要なポイントだ。上納されたカネが、教職員の組合が応援している議員の飲み代や帰りのタクシー代に使われているとか、年間の額は400万円くらいあったとか、幹部が現金を懐に入れていたといった情報もあった。徹底的に調べるし、調査の結果いかんでは市が刑事告訴することもやむなしだ」

 と語気を強めた。

 冒頭のリストには政治的な背景を持つような任意団体の名称も含まれる。名古屋市は、元文部官僚で京都芸術大学の寺脇研客員教授を座長に検証チームを立ち上げた。一方、愛知県警は市教委の幹部など関係者から話を聴いているようだ。

(AERA dot.編集部・今西憲之)