大リーグ屈指の鋭いスイング(写真:アフロ)

 大谷は世界最高の野球選手かという問いに、「ロサンゼルス・タイムズ」記者のディラン・ヘルナンデスと、「ジ・アスレチック」記者のサム・ブラムは『米番記者が見た大谷翔平 メジャー史上最高選手の実像』(朝日新書)のなかで、間違いないと答える。世界一の野球選手の強さを象徴するプレーの数々を、一部抜粋して解説する。

※記事中の「トモヤ」は在米ジャーナリストの志村朋哉さん。3人による会談は昨年中に行われました。

■史上最高の二刀流

トモヤ  ズバリ聞くよ。大谷は世界最高の野球選手だと思う? 僕は議論の余地すらないと思う。チームにもたらす価値、数字、能力、影響力など、どれをとってもナンバーワンだから。

ディラン  間違いない。

サム そうだね。

ディラン  議論は、史上最高かどうかってところになってくるだろうね。現役選手と比べると、頭が一つも二つも抜けているから。この6年間で、野球が上手くなることだけに集中して、毎日、少しずつ積み上げてきたことで、大きな差が生まれた。

サム  個々の面で見れば議論は成り立つ。大谷は現役で最高の打者か? そうとも言えるし、そうでないとも言える。最高の投手か? おそらく違うだろうけど、そうなる可能性はあるかもしれない。走塁で一番か? ホームから一塁までのスピードはそうかもしれないけど、盗塁王が狙えるかは分からない。でも全てを足し合わせると、比較になる選手なんていない。議論の余地すらない。野球選手としての完成度を見たら、同じ次元の選手はいないと思う。歴史を遡ってもいないかもしれないし、これからも出てこないかもしれない。そういう意味で、僕は史上最高の選手だと思う。

トモヤ  これもみんな同じ意見だと思うけど、大谷は二刀流選手としてベーブ・ルースを超えたと思う?

 
野球殿堂入りのベーブルース(左)(写:アフロ)

サム うん。大谷の体のケアに対する意識はすごいものがある。体つきを見てれば分かるよね。ベーブ・ルースは正反対だったという。天性のバッターだったんだろうね。僕は生まれてなかったから分からないけど。ディランは覚えているんじゃない?

ディラン  僕はまだ42歳だよ(笑)。僕もベーブ・ルースより上だと思う。それにベーブ・ルースに関して言えば、人種統合の前だという注意書きも必要になる。黒人選手は参加を許されていなかったから。それも含めて、今とは野球そのものが違いすぎる。

 今の時代は、投手が桁違いに速い球を投げる。殿堂入りした昔の選手を連れてきても、打てるかどうか分からない。ベーブ・ルースの社会的な影響力がすごかったことは理解している。野球が今の地位にあるのも、ベーブ・ルースがいたから。それでも、大谷と比べるのは、ペレをメッシと比べるようなもの。ペレの時代のワールドカップの試合を見たら、中盤で歩いてボールを運んでいるんだよ。昔の選手が今の選手より優れているなんて、とても言えないくらいスポーツは進化しているんだ。

エンゼルス時代の大谷(写真:アフロ)

トモヤ  これまで大谷を見てきた中で、最も印象に残っているシーンは? 僕は18年の本拠地での3試合連続ホームランかな。アメリカでの大谷劇場の幕開けだった。

サム  僕は、エンゼルスを取材し始めた初年度にシアトルで打ったホームランだな。推定飛距離が確か460フィートくらいだったけど、間違いなくそれ以上だった。21年7月のことで、1カ月半か2カ月くらい絶好調が続いていた時だったと思う。このホームランはまさにその象徴だった。

サム あとは23年6月に本拠地で打った493フィートのホームランもすごかった。大谷のスイングはとにかく力強い。ホームランを狙っているのが明らかなくらい。「当たったらホームランというくらい、できるだけ強くボールを打つ」という思考なんだと思う。

 今年、9回に2点差で負けていて、カウントが3−0になったことがあった。大谷は先頭打者で四球を選んで出塁さえすればいい場面。それでも彼はフルスイングした。

 だからこそ、彼は特別なんだ。500フィートのホームランを打てる可能性があることを分かっているんだろうね。

ディラン  僕が印象に残っているのは、(23年8月3日に)先発した大谷が指の痙攣を起こして交代した本拠地でのシアトル戦かな。ポストシーズン争いから脱落しないように粘っていた時期で、8回には打者としてホームランを打って2点にリードを広げたんだ。そしたらクローザーのカルロス・エステベスが崩れて逆転負けを喫した。ひどい負け方だったのに、いつもと変わらない調子で記者の質問に答えたんだ。

 さっきも言ったけど、彼は気持ちを切り替えるのが抜群にうまい。あとで映像を見たら、ダグアウトで涙を堪えているようにすら見えたのに、その感情を何らかの形で処理して、僕らと話す時には、もう気持ちを切り替えていた。その日の活躍も含めて感心するしかなかったよ。

 僕はいまだに、あれは単なる痙攣じゃなかったと疑っている。ピッチングもいつものような感じではなかったし。本人も何かおかしいと感じていたと思う。それでも、彼は頑張り続ける。それでホームランを打っちゃうんだから。彼の競争心、そして彼がどんな人間なのかを物語っている。

 あとは22年の後半戦に見せた圧倒的なピッチングが印象に残っている。それまでは、ただボールを強く投げている感じに見えていたんだけど、22年の投球を見たら、「今もとんでもないけど、まだまだ成績が良くなる余地があるんだ」と思わされた。