ロッテ時代のクルーズ(写真提供・千葉ロッテマリーンズ)

 NPBでプレーする外国人野手は、一発長打が売りのパワーヒッター、またはアベレージを稼げる中距離打者のように打力優先のイメージが強いが、中にはディフェンス力を買われて来日した守備型助っ人もいる。

 MLBでも守備の名手として長く活躍し、来日後は選手兼任で守備コーチも務めたのが、大洋のクリート・ボイヤーだ。

 ヤンキースで7シーズンにわたって正三塁手を務め、ブレーブス時代の1969年にゴールドグラブ賞を受賞したボイヤーは、球団と対立し、71年に自由契約になったが、「まだまだやれることをアメリカ中に見せたい」と、独立リーグのハワイ・アイランダーズを経て、72年に大洋入り。

 当時35歳と年齢的にピークは過ぎていたが、”守りの助っ人“の名にふさわしい堅実な守備は、「強い打球をまるで平凡なゴロのようにさばいてしまう。ああいう真似は天下の長嶋(茂雄)でもできないね」(週刊ベースボール72年3月20日号)と青田昇ヘッドコーチを脱帽させた。

 その言葉どおり、73年は長嶋と同票でダイヤモンドグラブ賞を分け合い、翌74年は単独で2年連続の栄誉を手にした。当時の大洋内野陣は、一塁・松原誠、二塁にハワイアイランダーズのチームメイトだったジョン・シピン、三塁・ボイヤー、遊撃・米田慶三郎と12球団でもトップクラスの布陣を誇っていた。

 また、当初はあまり期待されていなかった打撃も、72年に打率.285、18本塁打、51打点を記録するなど、主に6番打者としてチームに貢献した。

  さらに現役引退後の76年も内野守備コーチとしてチームに残り、実質ヘッドコーチとして夏以降は采配も担当。その後、次期監督候補にもなったが、コーチの人選などで球団側と折り合わず、“幻の監督”に終わっている。

 ボイヤーとほぼ同時期に中日に在籍したバート・シャーリー(登録名・バート)は、“守備特化型”と言えるほどの守備型助っ人だった。

 1971年、ドジャース、メッツ時代に堅守でならした経験を買われ、遊撃手として入団。当時の助っ人では珍しく、来日後に日本語を勉強し、キャンプでナインと合流したときに「ドウゾ、ヨロシク」と覚えたての日本語で挨拶した。

 メジャー仕込みの守備は、打球を捕ってから投げるまでの動作が飛び抜けて早く、名二塁手・高木守道をも「とても真似できない」と唸らせたほどだった。

 だが、「守備は一流だが、打撃は……」と首脳陣も顔を曇らせたように、外国人らしいパワーが感じられず、前のめりのフォームからチョコンと当てるという不器用なもの。1年目は打率.174、3本塁打、28打点。対戦する投手たちは“安全パイ”バートに打順が回ってくると、ホッとひと息ついたという話も伝わっている。2年目も首がつながったものの、年俸は560万円から500万円にダウンした。

 ところが、翌72年、開幕からバートのバットが突然火を噴きはじめる。4月9日の開幕戦、阪神とのダブルヘッダー第1試合、バートは2対0の4回に古沢憲司から勝利を決定づける左越え3ラン。さらに第2試合でも2対2の9回に江夏豊から値千金のサヨナラ満塁弾と“恐怖の8番打者”ぶりを発揮。開幕から8試合で3本塁打、11打点をマークした。

 日本の投手に慣れた同年は12本塁打、チーム3位の51打点と打撃でもそこそこ結果を出したものの、打率は.191と2年連続2割切り。助っ人史上初の遊撃手のダイヤモンドグラブ賞(現在でもバートだけ)も残留の決め手とならず、わずか2年で日本を去った。

 1970年代後半に阪急の右翼手を務めたバーニー・ウイリアムスは、打率は毎年2割5分前後、本塁打も在籍6年で96本と打つほうは今ひとつながら、俊足と強肩を生かした好守備で、76年と78年にダイヤモンドグラブ賞を受賞。福本豊、大熊忠義(後に蓑田浩二)とともに鉄壁の外野トリオを構成し、3年連続日本一になったチームを支えた。

 83年から広島で2年間プレーした二塁手、ティム・アイルランドも、隠し球の名手として名を馳せた。

 近年では、ロッテ、巨人、楽天の3球団で計4年間プレーし、主に二塁、遊撃手を務めたルイス・クルーズも忘れられない一人だ。

 ロッテ時代の2015年6月28日のオリックス戦では、「パ・リーグTV」の動画でも大反響を呼んだナイスアシストの好プレーを披露している。

 問題のシーンは、2対1とリードしたロッテの8回の守り。無死一、三塁のピンチで、T‐岡田がショート上空に高々と飛球を打ち上げた。

 7回裏に代走で出場したあと、この回からショートの守備に就いた三木亮が打球を追いかけたが、マリンスタジアム特有の風に煽られ、ボールは二塁方向へと流されていく。ひたすら上空を見上げながら走っていた三木は、捕球態勢に入る直前で、二塁ベースの左足を引っかけてスッテンコロリン!この瞬間、ベンチの伊東勤監督も同点を覚悟したに違いない。

 だが、すでに落下点で待ち構えていたセカンドのクルーズが何事もなかったようにキャッチ。この沈着冷静なプレーが三木のチョンボを救ったばかりでなく、チームの逃げ切り勝利にもつながった。

 リズミカルかつ華麗な守備でファンを魅了した助っ人は、同年はゴールデングラブ賞にも輝いている。(文・久保田龍雄)

久保田龍雄/1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。