自民党が国政選挙の締めくくりに選ぶ秋葉原。聖地に響いた「安倍やめろ」コールは、安倍首相から「こんな人たち」発言を引き出した。その余波が収まらない。

 東京都議選の自民惨敗で、潮目が変わった。閣僚や自民党議員の失言、暴言に加え、選挙戦最終日の7月1日、東京・秋葉原の遊説で飛びだした安倍晋三首相の発言が再び注目を集める。

「こんな人たちに皆さん、私たちは負けるわけにはいかない」

 安倍首相は都議選初の街頭遊説に立っていた。聴衆の一部から「安倍やめろ」のコールが起こり、カーッと来たのだろうか。その言葉を間近で聞いていた自民党都議選候補者だった中村彩さん(27)は、こう振り返る。

「壇上から見ていて『安倍やめろ』と書かれた横断幕の周りでコールをしていたのは全体の5%程度。私の演説のときからコールは起きていました」

●退陣求める緊急デモ

 首相演説が始まると、

「横断幕周辺以外の人にも演説が届きづらいほど大きくなっていた。あの場は自民党が場所を借りた演説会。大多数は話を聞きに来た人であり、多少の礼儀は持ってほしかった」(中村さん)

 ただ、有権者を“敵”と“味方”に分断した安倍首相の乱暴な物言いに、違和感を持った人は少なくなかった。

 いったい「こんな人たち」とは誰なのか。都議選後の9日、「安倍政権に退陣を求める緊急デモ」があり、「安倍やめろ」横断幕が再び姿を現した。デモの集会に駆けつけた民進党の初鹿明博衆院議員は、
「“こんな人たち”の集まりに呼んでいただき、私も“こんな人たち”の仲間に入れていただき、ありがとうございます」
 そんなあいさつに会場は沸いた。デモ実行委員会のメンバーで、秋葉原に足を運んだ内装業を営む井手実さん(37)によると、デモは正式の主催団体はなく、事務局が日時と場所を設定した自由参加のスタイル。SNSで情報は拡散され、東京でのデモには8千人が参加したという。 

●頼みの支持率が続落

「反自民の市民団体にデモへの動員の有無を確かめたが、連絡はなかった。閣僚や自民党議員の不祥事が続き、極めつきは安倍首相の『こんな人たち』発言。反原発、安保法制や共謀罪反対の市民グループのほか、特定の思想や政治団体に属さない普通の人がSNSを通じて集まった」(井手さん)

 デモには、見覚えのある団体も参加していた。先頭を歩いたのは、大学生を中心とした政治を考える市民団体「未来のための公共」だ。メンバーで大学生の中山美幸さん(22)は、

「両親が特定の政党を支持し、自分の投票行動にまで口を出されたことで、政治への関心を持つようになりました。父親からデモについて『共産党の集まりだろ?』と言われ、ショックでした。メンバーは漠然と政治に不安を持つ普通の人。納得のいく説明を求めているだけです」

 貧困・格差問題に声を上げる市民団体「エキタス」もデモに参加していた。メンバーの藤井久美子さん(38)は、専門学校卒業後、アパレル関係の職を派遣社員として転々とした。

「手取りはどの仕事も20万円程度。雇い止めになると就活を支える貯金もないから、また有期契約の派遣の仕事に頼る――その繰り返し。いつまで不安定な状態が続くのか。働く世代にも政府は目を向けてほしい」

 都議選後、内閣支持率は日本テレビ31.9%、朝日33%、読売36%と続落。森友学園、加計学園問題での説明責任もなお不十分だ。安倍首相は8月上旬にも内閣改造に踏み切る構えだが、支持率を上昇させる切り札は見当たらない。2007年の参院選での歴史的大敗から内閣改造後も支持率が回復せずに終わった第1次安倍政権の姿がだぶってくる。(編集部・澤田晃宏)

※AERA 2017年7月24日号