「趣味は何ですか?」。会話の糸口に聞かれることは多いもの。だが、これといって趣味がないと、この質問はプレッシャーだ。SNSにはリア充趣味に興じる様子がてんこ盛り。趣味界は、なんだかんだと悩ましい。インスタ映えを重視して「趣味偽装」する人、趣味仲間から抜けられずに苦しむ人もいるらしい。AERA 7月31日号ではそんな「趣味圧」の正体を探る。

*  *  *
 菅直人、小沢一郎、山崎拓──かつて政局をにぎわせた与野党の重鎮たちが7月13日、参院議長公邸に顔をそろえた。“ポスト安倍”をにらんだ鳩首協議ではない。超党派の「囲碁文化振興議員連盟(議連)」の一員として、韓国の囲碁議連「棋友会」との親善交流対局に臨んだのだ。

 日韓の囲碁議連交流は1999年に始まり、日韓関係の悪化で一時途絶。2015年に日本の囲碁議連議員が韓国を訪れて交流が再開し、今回は韓国側の議員が15年ぶりに日本を訪れた。

●囲碁で思慮深い人間に

 今年から議連会長を務めている柳本卓治参院議員が囲碁を始めたのは6年前。ともに中曽根康弘元首相の元秘書で、囲碁好きで知られる故・与謝野馨元財務相から勧められた。今はアマチュアの強豪に指導をしてもらい、腕を上げている。

「囲碁は陣地を広げていくゲーム。日本がいかに大きく世界に友好の輪を広げていくか、大局観が磨かれる気がします」

 対局すると相手の人格がよくわかり、「おおらかな気持ちになる」と柳本氏は言う。政治的には敵対している小沢氏や菅氏とも親しくなった。会長に就任してから会費を月100円から500円に上げ、初心者を含めて講習会も定期的に開く予定だ。

「いろいろ問題を起こす議員がいます。暇があったら囲碁を勉強したらいい。思慮深くなると思いますよ」(柳本氏)

 国会には政策を実現するための議連が多数存在し、一人が100近い議連に参加するのも珍しくない。そんな議連の中には明らかに、趣味のための集まりと思われるものもある。

 超党派で作る「自転車活用推進議員連盟」。今年6月、国会議員約20人がおそろいのマークをつけたウェアで自転車にまたがり、国会議事堂から皇居外周を疾走した。自転車好きで知られる会長の谷垣禎一・前自民党幹事長は現在ケガで療養中だが、自転車の利用環境改善をめざす「自転車活用推進法」が5月に施行されたことをPRするイベントだった。

 議連幹事を務める岩屋毅衆院議員が自転車を始めたのは5年前。同僚の衆院議員が自転車好きで、ダイエットに成功したのを見て興味を持った。今や東京と地元の大分県にあわせて8台を所有。年200日は朝5時半に起きて自転車を走らせ、体重も7〜8キロ減った。

●税金廃止めざして活動

「海外を視察する時もシェアサイクルで走ります。人々の息遣いを感じることができる。自分の力で風を切って走る爽快感はすばらしいです」

 自転車が縁で、普段はあまり接点のない共産党議員とも話ができるようになった。

 サークル活動のような議連だが、政治家が集まれば政策が生まれる。囲碁議連は義務教育に囲碁を取り入れることを訴え、自転車議連は前述のように推進法の制定を超党派で実現させた。

「環境にも優しいし、自転車を活用することで観光振興にもつなげたい。自転車に乗っていると、何が不便で何が危険かもわかる。自転車に優しい町づくりをしていきたい」(岩屋氏)

「自民党ゴルフ振興議連」の会長、「超党派ゴルフ議連」の名誉会長を務める衛藤征士郎元衆院副議長は、会の主目的は「ゴルフ場利用税」の廃止だと語る。

「スポーツに対して税をかけるのは国辱的行為です」(衛藤氏)

 ゴルフ税は地方税のため、税収を確保したい総務省とのせめぎあいで廃止はなかなか進まない。昨年ようやく自民党の税制改正大綱で「長期的に検討する」というところまで進んだ。

「ゴルフ好きの議員はたくさんいるけど、利用税廃止の決議案に名前を出しているのはみんな選挙に強い議員なんですよ」
 と衛藤議員は笑う。政治家の人脈を広げる趣味もあれば、自らの“政治生命”をかける趣味もあるのだ。

(編集部・福井洋平)

※AERA 2017年7月31日