一線は越えてない──。元SPEEDのメンバーで、自民党の今井絵理子参議院議員(33)は、神戸市の橋本健市議(37)との「略奪不倫」疑惑を報じられ、釈明に追われた。

 「週刊新潮」(8月3日号)によると、2人は新幹線のグリーン車で手をつなぎ、大阪府内のホテルで、白いパジャマ姿の今井氏が市議と同じ部屋に消えていったそうだが……。

 今井氏は、報道関係者へのファクスやブログで、「私も好意を抱いていたのは事実ですが、(中略)(橋本市議は)法律上はまだ妻帯者なので“一線を越えてはいけない”と思い、『きちんとけじめをつけてから考えましょう』と申し上げました。そして、今日までこの約束を守ってもらっています」と説明した。

 相手の橋本市議も、コメントし、「本騒動は今井議員による略奪不倫ではなく、私が積極的に今井議員に交際を迫ろうとしたものであります」と、今井氏をかばった。ただし、「客観的事象は概ね事実」だとした。

 橋本市議とはどのような人物なのか。自身のホームページでは「ハシケンは闘う」としており、みずからを「ハシケン」と呼ぶようだ。プロフィルなどによると、神戸市生まれで、地元の小中学校に通い、高校は兵庫県内屈指の進学校へ。大阪大学歯学部へ進学し、卒業後、20代で神戸市議に当選した。関西では勝ち組コースだろう。

 同じ高校に通っていた地元関係者はこう話す。

「彼は高校時代は優等生で、音楽部に所属していました。服装は派手さはなく、清潔感があり、話し方もきちんとしていました。ただ、真面目な割に、当時からまわりには女の子が多く、チャラチャラしたイメージでした。モテたと思いますよ。でも、まさかこんな騒動を起こすとは」

 歯科医師として働きつつ、市議3期目。元歌姫を口説き落とせるほど、話術にも長けているようだ。

 一方の今井氏は、「一線を越えてはいない」という弁明の言葉が、それで通るのかという巷の議論に拍車をかけ、騒動をいっそう大きくする格好となった。

 自民党の官僚経験者は残念そうに言った。

「大臣政務官か、党の女性局長などの要職につけるつもりだったんですが。ぽしゃってしまいました」

 SPEEDの解散から17年。解散以来の衝撃を与えた今回の騒動は、スピード解決を願うばかりだ。(本誌・上田耕司)

※週刊朝日 2017年8月11日号