「このハゲーーー!」

「ちーがーうーだろー。違うだろー!」

 元秘書を罵倒する音声が公開された豊田真由子衆院議員(自民党・埼玉4区選出)。今年6月に週刊新潮で報じられた直後に離党届を提出し、心身症を理由に入院した。その後は公の場に姿を見せていない。

 横暴な態度とピンク色の服をよく着ていたことから「ピンクモンスター」と恐れられていたが、現在は“雲隠れ”している。事務所スタッフも連絡が取れない状況だという。

 被害を受けた元秘書は埼玉県警に被害届を出した。埼玉県の上田清司知事は8月1日の記者会見で、「ほとぼりが冷めたら出てこようというのはひきょう」と述べ、説明責任を果たせないなら議員辞職するよう求めた。

 自民党埼玉県連ホームページの議員紹介欄からは、名前が消えた。

「党本部に離党届を出したとのことなので、名前を外しました。報道が出てから県連には連絡もなく、何をしているのかはわかりません」(県連関係者)

 豊田氏は2012年の衆院選で初当選した安倍チルドレンの一人。不祥事が続発する“魔の2回生”だ。

 自民党関係者は、「党議員の不祥事や失言はたくさん出たが、豊田氏の暴言が一番影響があったんじゃないか。あの怒鳴り声がテレビで流れるたびに、票が減るのを感じた」

 地元での評判は悪くなかったようだ。支援者の一人は言う。

「週末には地元で支援者と会合を開き、国政の報告をしていました。東大卒で厚労省の官僚もしていましたから、とても仕事のできる方だという印象でした」

 7月には本人からおわびの電話もあったという。

「体調が心配だったのでたずねたら、『疲れてます』と話していました」

 豊田氏は最近になって新しく政策秘書を雇った。政治活動を再開するとの見方もあるが、豊田氏の事務所にたずねると、
「迷惑をかけた支援者に秘書がおわびに回っているのは事実ですが、それが政治活動の再開といえるのかどうか……。本人からの指示はなく、記者会見を開くかどうかも決まっていない」

 豊田氏は、仕事の資料は細かいところまで目を通すタイプで「他人に仕事を任せられない人」(関係者)だったという。

 だが、不祥事の後始末は秘書任せ。公の場で説明する時は来るのだろうか。(本誌・西岡千史)

週刊朝日2017年8月18日ー25日号