日本中に衝撃を与えたカルロス・ゴーン日産前会長(64)の逮捕から2週間が過ぎた。東京地検特捜部としては田中角栄元首相や金丸信元自民党副総裁以来の“大物逮捕”と言われているが、国内外で捜査への批判も噴出している。



 ゴーン前会長の容疑は、有価証券報告書で役員報酬の一部を少なく記載したことで、虚偽記載の総額は2010年3月期から18年3月期までで総額95億円にのぼるとされる。

 日本で1億円以上の報酬を受けている役員の個別開示が義務化されたのは10年。反発する経済界を押し切り、実現させたのは鳩山由紀夫内閣で金融相を務めた亀井静香氏だった。思わぬ形でゴーン氏逮捕の“仕掛け人”となってしまったが、なぜ、役員報酬開示の義務化が必要だと考えていたのか。また、亀井氏は国会議員になる前の警察時代に組織犯罪の捜査を担当していたこともある。今回の特捜部の捜査についても聞いた。

* * *
──11月19日、ゴーン氏が逮捕されました。報道によると、特捜部は10年に役員報酬の開示が義務化されてから、実際の報酬より少なく記載していたとのことです。

 ゴーンさんは大金持ちなのにやることがセコいね。家族のために会社の金を使っていたとか、報酬をわざと少なくしていたとか。世界の大企業と比べればゴーンさんの報酬なんて高くないんだから、堂々としていればよかった。経営者としてのゴーンさんの虚像が、はがれたね。

──逮捕のきっかけとなったのが、亀井さんが金融相だった10年に、1億円以上の報酬を受けている役員の個人名開示を義務化したことでした。義務化したのはなぜですか?

 その理由はいたって簡単で、子供でもわかる。会社の経営者は社会的存在であり、公の存在。だから、どういう報酬を得ているかはオープンにしなければならない。

 私は、社長が高い報酬をもらうべきではないと考えているわけではないよ。高額の報酬を得ていても、世間の評価に耐えるだけの仕事をすればいいんだ。

 当時は経済界から「個々の企業の問題で政府が介入する必要はない」といった反発もあって、批判を受けた。それでも金融庁の部下に「やれ!」と言って実現させた。会社の幹部が、一部の人間だけで報酬額を密室で決めて、そこに誰も光を当てられない状況はおかしいと思っていたから。

──1億円以上の報酬開示については、誰の提案だったのですか。

 私です。誰からのアドバイスも受けていないよ。官僚に案を話した時は最初びっくりしてたけど、説明すると「たしかにその通りですね」と納得していたね。

──当時の新聞には、記者会見で亀井さんが「公表されちゃ困るというアホな経営者もいるけど、さらされるのが格好悪いのなら、ちゃんと仕事をしろ」と発言したと書かれています。

 そんなこと言ったかもしれんね(笑)。ただ、もっと批判があると思っていたけど、すぐに落ち着いたね。当時は、リーマンショックの影響で世界の大企業のトップが高額報酬をもらっていることに批判が高まっていて、役員報酬開示は時代の流れもあったと思う。

──役員報酬開示の決定から8年以上経過して、ゴーン氏は逮捕されました。金融庁によると、役員報酬の虚偽記載については行政処分も前例にないそうです。逮捕は日本だけではなく、世界に衝撃を与えました。

 これには問題があると思う。

 検察としては、ゴーンさんを「反社会的存在」と捉えたんだろうね。その意味では、「高額報酬を隠していた」というのは“切り口”。人々の共感が得られ、身柄を押さえたら事情聴取で弁護士もつかないし、捜査もやりやすい。いわゆる別件逮捕。検察は、ゴーンさんに“闇”を感じていて、捜査でその全体像の解明を目指しているのではないか。

 しかし、大きな疑惑が明らかにできなかったら「幽霊の正体見たり枯れ尾花」。検察の失態となる。ゴーンさんには優秀な弁護士がたくさんつくだろうからね。法務省の幹部にも電話したよ。「公判は大荒れだな」って。

──現時点では、「闇」と思えるほどの罪状は明らかになっていません。少なく記載した報酬は、会長退任後にコンサルタント契約などをして受け取ろうとしていて、会社の取締役会などで正式に決定したものではないと報じられています。

 退任後の報酬を現役時代に約束していたからって、そんなの本当にもらえるかわからないよ。それで有罪にできるのかね。それにしても、私が作ったガイドラインでひっかける(逮捕する)とはね。これだけで終わってしまったら、私も後味が悪いな。

──日産の幹部社員で、特捜部との司法取引に応じた人がいるとのことです。亀井さんは警察時代に詐欺や脱税、贈収賄などを扱う捜査2課にいたことがありますね。

 司法取引は問題。人を売る話だからね。

 詳しくは話せないが、私も捜査2課時代に誤認逮捕しそうになったことが何度もある。なぜかというと、人間は他人のことなら平気でウソを言う。みんなウソっぱちを言うから、捜査が間違った方向に進む。私の時代は司法取引はなかったけど、似たことはよくあった。

 長時間の取り調べで拘禁性ノイローゼになって、捜査官の都合のいいように証言する参考人や被疑者もいた。人格を否定され、自尊心が失われ、捜査官の機嫌ばかり取るようになるんだ。

 捜査には美学があり、常道がある。簡単に言うと、「カッコよさ」が必要。それが世間に理解されることで、はじめて捜査関係者は賞賛される。事件を無理やり作るような捜査は、私は評価しない。

 司法取引の最大の怖さは、えん罪を生むこと。あるいは、謀略によって他人をおとしいれることができる。殺人とは違って、経済犯罪は物証が少ない。経済犯罪での司法取引は、特に問題がある。

──事件の背景に、日産の43%の株式を保有し、経営への影響力を強めようとするルノーに日産側が反発していたことが指摘されています。

 フランス政府はルノーの筆頭株主だから、フランスがそう考えるのは当然のこと。好きなように言わせておけばいいんだよ。検察が正しい捜査をしていれば、逆に日本人に反発心が生まれて「日本の司法に口出しするな」となる。ただ、ゴーンさんの逮捕については、いまだ全体像が明らかになっていないことは事実。今のところ「捜査の美学」が見えてこない。

──ゴーン氏以外の日産幹部たちの責任は。

 今回の事件で最も悪いのは、日産の幹部だ。親分が逮捕されたのに、西川広人社長以下、幹部たちは平気な顔をしている。ましてや、親分を裏切って捜査機関に協力したなんて許せない。ゴーンさんの金の使い方が荒いなら、なぜ、逮捕される前に「親分、これはマズいです」とアドバイスしてあげなかったのか。企業統治がまったくなってない。

 日産の幹部には法的な責任はないかもしれんが、経営陣として、こういった状況になるまで放置していた道義的責任はある。「日本男児として恥を知れ」と言いたい。

──長期間の勾留など、特捜部の捜査手法に外国メディアから批判も出ています。

 法律は国によって違うんだから、そんなものは気にする必要はない。正しい捜査をしていればいいだけだ。

 それよりも、特捜部がゴーンさんを逮捕した後、日産の幹部はゴーンさんを会社から追い出した。こんなことが許されていいのか。世界に日本の恥をさらさないでほしい。

 私はね、ゴーンさんの経営手法には共感しないよ。コストカットで人を切って、自分は給料をたくさんもらうなんて、まったく理解できない。それでも、ゴーンさんが気に入らないなら、企業内で処理する方法はいくらでもあったはずだ。それがなぜ、親分を捜査機関に売るようなことをしたのか。ジャーナリズムはもっとここを追及せんといかんよ。

──亀井さんも現在は一企業の経営をして、太陽光発電の普及事業などを手がけていますね。

 私はね、2011年の東日本大震災の後、原発事故の被害を受けて立ち入り禁止になった福島県の浪江町に行った。その風景は今でも忘れられない。牛が野放しにされていてね。今ごろ、あの牛はどうなったのかな……。あれから、日本は脱原発、再生可能エネルギーしかないと思った。小泉純一郎(元首相)は全国で脱原発の宣伝をやってるけど、私は事業でやっていく。兵庫県丹波市のゴルフ場開発が頓挫した土地で太陽光発電をやる。

 日産とは会社の規模が違うけど、会社を経営するには、軍隊でいう大尉、中尉、少尉と下士官や兵隊がしっかりと働いてくれることが必要。自分はそんなに仕事をしなくても、ウチの会社には優秀な社員がいっぱいいるからね。私は、彼らと一緒に日本のためにこれからも働いていくよ。

──日産の経営陣に言いたいことは。

 私が日産の株主になって、総会で幹部たちを追及してやりたいぐらいだ。ゴーンさんだけではなく、幹部たちも総退陣だ。

(聞き手/AERA dot.編集部・西岡千史)