作家の室井佑月氏は、公選法違反の罪で起訴された衆院議員・河井克行容疑者とその妻で参院議員の案里容疑者について、安倍首相の責任を追及すべきだと主張する。



*  *  *
 選挙の票が金で買えるとなると、あたしたちはどうしたらいいのかな?

 前法相の河井克行容疑者(広島3区)と妻の案里容疑者(参院広島)が逮捕された公職選挙法違反事件。

 この件では中国新聞が飛ばしていて、6月30日付の中国新聞デジタルでは、

「1億5千万円のうち1億2千万円の原資が、税金などで賄われる政党交付金と中国新聞の取材で判明している」

 とはっきり書かれていた。そこがかなり重要だ。

 あたしは自民党へ投票したことがない。そんなあたしも税金を納めている。自民党議員が自民党議員を選挙で当選させるため、あたしが納めた税金が使われたってことじゃんか。

 この原稿を書いている今現在でわかっていることは、河井夫妻に渡った1億5千万円は自民党本部から出たもので、地元議員の買収に使われた金額は約2900万円ほどだったということ。金額が合わない。

 自民党側はこの金の行方を、

「支部の立ち上げに伴う党勢拡大のための広報紙を複数回、全県配布した費用に充てられたと報告を受けている」(6月17日・二階俊博幹事長)

 そういっていたが、広報紙に1億の金がかかるはずもなく、

「党として支出した先がどうなったか細かく追及しておらず、承知していない」(23日・二階幹事長)

 と言い訳を変えた。けど、それだって、自民党は血税をそんなにずさんに扱ってるんだ、という話になる。

 そして、この件について、7月1日の中国新聞に「現金受領『辞職ドミノ』焦点議員ら去就『にらみ合い』前法相夫妻買収事件」という記事が載った。

「(地元議員は)夫妻が起訴されれば裁判で名前が出ると覚悟しており、進退は自らの刑事処分を踏まえて考える構えでいる」

「一方で、『辞めれば責任を取ったことになるのか。首長とは違い、地方議員はそうはいかない』と主張する議員もいる」

「『1人、また1人と辞めていけば、県政界はぐちゃぐちゃになる』。自民党県連幹部は天を仰ぐ」

 いやいや、天を仰ぎたいのは、一票を清きものだと信じていた、しかも自民党へ入れてないあたしたちなんですけど。

 もと法相であった人とその妻である議員が、選挙の票を買収するという違法行為を犯した疑いが持たれている。法相であった人は、安倍首相が任命した。その妻は、安倍首相を以前コケにした同じ自民党の候補者の対立候補として立てられた。そして、自民党の金、原資は税金であるものが違法に使われた。

 7月1日の中国新聞の記事の最後に、「一番辞めなければならないのはあの夫妻だ」という広島市議の吐き捨てた声が載っていた。が、あたしは捕まったあの夫婦はもちろん、あの夫婦を駒にしていたあの夫婦も糾弾されねばおかしいと思う。ドミノはそこまでいくかしら?

室井佑月(むろい・ゆづき)/作家。1970年、青森県生まれ。「小説新潮」誌の「読者による性の小説」に入選し作家デビュー。テレビ・コメンテーターとしても活躍。「しがみつく女」をまとめた「この国は、変われないの?」(新日本出版社)が発売中

※週刊朝日  2020年7月24日号