作家・北原みのり氏の連載「おんなの話はありがたい」。今回は、間もなく幕を下ろす安倍政権について。安倍晋三首相が辞任を表明した後に支持率が上がったが、北原氏は数々の疑惑や負の遺産をなかったことにはできないと訴える。



*  *  *
 私が40歳になった時、当時85歳だった祖母は「おめでとう。40代って、人生で一番楽しいよ。仕事も恋愛も」と教えてくれた。実際祖母の40代はよく働き、そしてよくもてたそうだ。私は祖母が45歳の時の孫娘だ。幼い私の目から見ても、旅館の女将として大勢の人の上に立ち、采配を振るう祖母は、堂々と格好良く美しい人だった。

 さて私の40代はもうすぐ終わる。この10年が「人生で一番楽しかった」かどうかは70代くらいにならないと分からないのかもしれないが、心から残念なのは私の40代のほとんどが安倍政権だったことだ。というか人生のほぼ5分の1が安倍政権……嫌すぎる。仕事や出会いに恵まれている人生だとは思うが、こんな政権でなければ、こんな悔しさを味わうことはなかったのではないか……という傷がたくさんついた。そう、安倍政権の8年間、社会への安心と信頼を失うに十分な時間になった。
 
 沖縄の声を全く聞かない強硬な姿勢。「慰安婦」問題をずっと否定し続けたあげく、被害者の頭ごしに取り交わした「日韓合意」。オリンピックを招致するために「(原発事故の放射能汚染水は)アンダーコントロール」と国際社会に向けて堂々とついたうそ。死者まで出した森友学園問題で説明責任を果たす姿勢も見せず、加計学園、桜を見る会の件もうやむやのまま。公文書は、情報開示請求をしても真っ黒で出てきたり、破棄されたりするのがフツーに見えてくる異常な状態。
 
 だいたい「女性活躍」をうたってはいるが、2003年に内閣府が決めた202030(2020年までに社会のあらゆる分野で指導的地位に女性が占める割合を少なくとも30%にする)の目標を全く守ろうともせず、国会では女性議員(特に福島みずほさんや辻元清美さん)の質問にばかにしたような姿勢で臨み、女性蔑視を隠さなかった。財務省の福田淳一事務次官(当時)がセクハラで問題になった時、「セクハラ罪という罪はない」という麻生太郎副総理の発言をとがめることもなく、2013年に週刊誌でベトナムでの買春が報じられた西村康稔経済再生相(当時は内閣府副大臣、本人は否定)を重用し続けている。

 堂々とうそをついたり、堂々と疑惑を否定したりすれば、説明をしなくてもなかったことになる。そんな空気が当たり前になってしまった。そういえば巨額の賄賂を受け取ったとされる甘利明経済再生相(当時、事件は不起訴処分)とかもいましたよね。いろいろありすぎて、忘れていることも多いです。
 
 さて、そんな安倍さんともついにさよならできるわけなのだけれど、辞任のニュースを聞いてもあまり気が晴れない。多くの人が指摘するように、病気を理由にさまざまな疑惑に対する説明責任を果たさずに「逃げた」ように見えるから、というのもある。せめて森友文書改ざんに関与して自殺した財務省職員の赤木俊夫さんの妻の前に立つ姿勢をみせるべきでは。真実を知りたい、という必死な闘いをしている人を前に、こんな恥ずかしい「逃げ方」はあるだろうか。

 しかし、何より気分が重いのは、辞任表明後のニュースがなぜか「なんだかんだ安倍さん頑張った」みたいな優しい姿勢が多いことかもしれない。案の定、共同通信社の世論調査では支持率がいきなり20ポイント以上あがり、56.9%になった。日本人は悪いことも何もかも水に流しすぎる。水が豊富な国とはいえ、流しちゃいけない悪もあるでしょう。ちなみに韓国には「水に流す」という言葉はないそうです。忘れず、記憶し、変えていく。そんな国に対して「早く忘れろ!」と言い続けてきたのが安倍政権がつくった空気だ。さっさと忘れ、水に流し、なかったことにし続ける。そんな国だからこそ安倍政権は8年間、やりたい放題できたのだろう。

 変わらなければいけないのは、私たちの方なのかもしれない。私も次の10年はもっと優しく明るい社会に生きたい。

■北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表