ついに菅義偉首相が“変わり”始めたかもしれない。これまでの答弁は目線を落として官僚が作ったペーパーを読み上げるだけだったが、2日の緊急事態宣言延長の会見では、顔を上げ、感情を込めながら言葉を発するようになった。コロナ対応で後がなくなり、「鉄仮面」を脱ぎ捨てる決意をしたのか。はたまた、周囲の振り付け役に従っただけなのか。答弁姿勢を追求してきた野党議員と専門家はどうみたのか。



*  *  *
 2日の会見に臨んだ菅首相は、いつもの会見とは少しばかり様子が違っていた。プロンプターを使用したことで手元の原稿を見る回数が減り、目線は正面に。自民党議員による「深夜に及ぶ会食」を謝罪する際には、深々とお辞儀をする場面もあった。

 過去、菅首相の会見や答弁には「言葉に感情がこもっていない」「棒読みで心に響いてこない」などの指摘があり、本サイトも「なぜ菅首相の言葉は“響かない”のか 表情、話し方、しぐさ…過去の首相との『決定的な違い』」と記事にした。国会でも同様の指摘はあり、1月27日の参院予算委員会では、立憲民主党の蓮舫参院議員が「そんな答弁だから言葉が伝わらないんです」と強く迫ると、菅首相が「失礼じゃないでしょうか」と色をなすこともあった。

 その2日前、25日の予算委員会でも立憲民主党の江田憲司衆院議員が「首相、紙見て答弁するの、やめませんか。官僚が作成した答弁書読んでも国民に伝わりません。ご自身の言葉で答弁されませんか」と質問していた。その江田氏は、2日の会見をどう感じたのか。

「一応の努力は感じました。『あらゆる方策を尽くす』など強い言葉を使っていたのは、菅さんらしくないなと思いましたが……。私の提言も、多少は気にしていただいたのかなと思いますし、姿勢が変わったのは良いことだと思います」

 野党である江田氏にも、首相の変化は伝わっていたようだ。だが、こうも指摘する。

「(話し方は)あれが限度でしょう。柄にもないことをやったら、別の意味で国民の見方が変わってしまう。人間にはそれぞれ持ち味があり、菅さんは地味で朴訥だけれど、実直だという良さがあります。なにも、小泉純一郎元首相のようなパフォーマンスをしてほしいわけではありません。菅さんの持ち味を発揮してもらうためには、たどたどしくても、自分の言葉で話してほしいと思います」

 発足直後に65%あった内閣支持率は、先月には33%にまで急落(朝日新聞調べ)。緊急事態宣言下で銀座のクラブをはしごしていた与党議員たちの不祥事も、国民の反発を招いている。さらに1カ月も緊急事態宣言を延長して国民に負担を強いる状況では、菅首相の態度が“変化”するのも無理はない。

 江田氏はこう語る。

「(首相は)追い詰められてきている。今回の変化も『殊勝さを出さないといかん』という判断があったのでしょう。緊急事態宣言も、これで最後にしなければならず、失敗したら後がない。そうした危機意識は感じているのだと思います。あと、問題は発言の中身です。国民は実効性のある政策を期待している。あの会見でも、具体的な政策やメッセージをもっと聞きたかった。例えば飲食店への事業者支援は1店舗あたり1日6万円の一律支給ではなく、実態に応じた支援をするべきです。休業する飲食店も、あの会見を聞いて、『もうひと月我慢しよう』という気持ちにはなれないはずです」

 スピーチの専門家の目にはどう映ったのだろうか。政治家の演説指導などを請け負うスピーチコンサルタントの阿部恵さんは次のように話す。

「プロンプターを使い始めたことには驚きました。用意していた原稿を読みあげる、という点では変わりませんが、手元を見ずに話せるので、印象は大きく違います。声も大きく出るようになりましたし、お辞儀の角度も、おわびに一番ふさわしいとされる45度の角度でした。どなたかが、見せ方について考えた方がいいという助言をしたのだと思います」

 とはいえ、まだ言葉自体にはエネルギーが感じられないという。

「雄弁である必要はないので、心の底から出てくるような、気持ちを乗せた言葉や強いメッセージを聞きたかったです。先日の蓮舫さんの追及に対して『失礼じゃないか』と応酬していましたが、あの発言は、ご自身の本当の感情だったと思います。会見でも、感情を乗せて話してほしいですね」

 一方、「会見の基本姿勢は変わっていない」と語るのは、「ご飯論法」の生みの親である法政大の上西充子教授だ。

「冒頭の発言は非常に聞きやすかった。発声や言葉も練り込んでいて、おそらくすごく練習されたのだと思います。努力の跡は見えますが、会見を思い通りにコントロールしようというスタンスは変わっていませんでした。例えば、質問回数も産経新聞が1月以降3回当たっているのに対し、朝日新聞は一度も指名されていません。東京新聞に至っては9月の就任当初から一度も当たっていない。嫌な質問や厳しい質問を抑えようという姿勢を感じます。そして予定した時間になったからと、会見を打ち切ってしまう。真剣勝負の質疑応答になっておらず、本当の意味で国民の疑問に実直に向き合うという姿勢は感じられません。見かけ上の姿勢は変わっても、そういう点は改める気がないのだなと思いました」

 崖っぷちの菅首相が難局を切り抜けるためには、本当の意味での「実直な姿勢」が求められている。(取材・文=AERA dot.編集部・飯塚大和)