あなたの周りにムダにやる気を下げてくる人物はいないだろうか? 経営・組織戦略コンサルタントの西野一輝氏は、こうしたやる気を下げてくる人物への対策を『モチベーション下げマンとの戦い方』(朝日新聞出版)として上梓した。今回のテーマは「『これだから女は』と言いがちな上司」について。



*  *  *
「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります」と発言した東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の会長だった森喜朗氏が、女性蔑視だと国内外の批判にさらされ、辞任する騒動がありました。

森氏だけでなく、こうした発言をする上司が生息する職場は意外とあるのかもしれません。知人に話を聞いてみたところ「女性に対する偏見を口にする上司は当社にいますよ」と教えてくれました。

その職場には「女はすぐ感情的なる」などと偏見に満ちた発言を口にする上司がいるとのこと。社内で行われる宴会など、気が緩む場面に限らず、会議中や朝礼などの発言でも問題発言を連発。部下たちは大いに反感を抱いているようです。

でも、どうして、このような上司が存在できるのでしょうか?

 まず、差別発言をする上司は問題を認識していない可能性が高いと思われます。日本法規情報株式会社の男女間格差に関する調査(2016年)によると、女性の約3人に2人が男女差別を受けたことがあると回答していました。ところが7割以上の男性は差別をした経験がないと回答。男性だけが差別的な言動をしているとは限らないのでしょうが、一方で認識のないまま差別発言をしている男性が多いこともうかがえます。

 発言者が同世代の同僚であれば注意もできますが、上司だと指摘しづらいもの。「下手に注意して自分の評価を下げられやしないか?」といった不安をいだけば、言わないという判断をする人が大半でしょう。職場が上司に対して気軽にモノが言える風土か否かも、差別発言をする上司の存在と大きくかかわるのは間違いありません。

 ちなみに前述した知人の会社は創業100年。上下関係の規律が厳しい社風が有名な会社です。いまどきの会社が風通しをよくするために行なっている「360度評価」(様々な立場の人が一人の従業員を評価するもの)などの取り組みもなく、当然ながら上司のハラスメントを聞いてくれる窓口もないといいます。

 さらに調べていくと、女性に対する問題発言が平気で行われる職場に対して特徴が見つかりました。

 それは人事異動が少なく、組織が硬直化していること。

 上司と部下の関係が長く続き、別の上司のマネジメントを受ける機会が少ないので、不満があっても我慢するしかないのです。異動も困難なので、当然部下は上司に対して嫌われない努力をします。ですので、差別発言に直面しても黙認してしまうのです。こうして差別発言を差別とも思わない上司が誕生することになります。

 もし、あなたがこうした上司に直面した際に、どうしたらいいのでしょうか。大事なことは差別発言があったら、その場で対策を講じること。あとで指摘すると「覚えていない」「終わったことはいいじゃないか」と真摯に受け止めない状況に陥る可能性があります。

 とはいえ、直球で注意をするのも憚られる方も多いでしょう。そこで、発言を聞いたら速やかに

「どのような意図の発言でしょうか?」

 と質問するのです。当人は差別発言であると気づいていない場合が多いので、質問によって問題に気づかせるのです。すると、慌てて弁解する上司が相当数現れるでしょう。

 差別発言があったらその都度もれなく質問を続けるのもポイントです。すると、組織の中で慎む意識が醸成され、差別発言は減っていくことでしょう。ただ、質問を自分だけが行うと嫌われるリスクが高いと感じるならば、同僚と協力して質問を交代で行ってもいいかもしれません。

 いずれにしても問題発言に気づかせる取り組みを果敢に行い、古い体質の職場から女性蔑視をなくしていきましょう。

■西野一輝(にしの・かずき)/経営・組織戦略コンサルタント。大学卒業後、大手出版社に入社。ビジネス関連の編集・企画に関わる。現在は独立して事務所を設立。経営者、専門家など2000名以上に取材を行ってきた経験を生かして、人材育成や組織開発の支援を行っている。