昨年10月に市長控室に家庭用サウナやベッド、エアロバイク、電子レンジ、キャンプ用品などを持ち込む動画などが報じられ、全国区の「サウナ市長」と知られるようになった大阪府池田市の冨田裕樹市長。



 池田市議会本会議でサウナ問題などを理由に3月末に冨田氏の「不信決議案」が提出されたが、否決となった。池田市議会は特別調査委員会(以下百条委員会)を設置。

「すでに百条委員会の調査では冨田氏の疑惑が真実となった。証明十分」
という賛成派に対し、反対派の「百条委員会の調査結果を待ってから刑事告訴も視野に」という主張が優勢となった結果だ。

 百条委員会の調査結果は4月12日に出るが、そこが不信任決議の「第2ラウンド」となる。

「百条委員会の調査結果をもとに、4月19日に市議会開催される予定だが、そこで再度、不信任決議案を出すことになる」(池田市議)

 AERAdot.では冨田氏が池田市関係者を恫喝したパワハラ疑惑で、物証となる音声を公開している。

 百条委員会では「パワハラはない」と否定する冨田氏に対し、「この音声は冨田氏のパワハラを証明する物証だ」と池田市議会でも、問題視されている。

 もう一つ、冨田氏のパワハラを証明するのが、一部メディアで最初にサウナ問題が報じられた直後の昨年10月29日、池田市役所の秘書課職員のA氏を池田市の元平修治副市長と冨田氏の後援会長でもあるT氏が呼び出した。

 その場で情報を外部に漏らさないよう、「秘密保持契約書」に署名、指印を強要した。その際の会話の録音データも記者は入手している。

 元平氏はその後に行われた百条委員会の証人尋問で「10月29日にA氏を呼び出しT氏と話したのは市長の指示」と認めている。

 さらに「動画や情報を流出させたのは、秘書課の2人しかいないと市長に言われた」とA氏を呼び出したことや「秘密保持契約書」にサインさせたことなどもすべて認めている。

 録音データには元平氏がA氏 に厳しく、詰め寄る様子も残っていた。

「じゃあ(犯人が)キミじゃないと、誰やと思う」

「まあ僕は一つの秘密漏洩にあたる。となると簡単にすむ問題やない」

「もうホント、いきつくところなってきたら、ホンマに懲戒処分せざるをえなくなってくる。そしたら変な話、名前は出る。犯人探しをしたいワケじゃないけど、そこまでいってしまったら、その人の人生おしまいや」

 そこで記者は池田市役所の副市長室に行き、元平氏を直撃した。元平氏は「10月29日のことはあまり、よく覚えていない」と回答。

 記者が「訴訟をするとか、懲戒免職、人生おしまい、と言ってませんか。それは職員への脅し、パワハラじゃないですか」と質問すると、元平氏はこう否定した。

「懲戒免職なんて絶対に言ってない」

 真偽を確かめるために、記者がスマートフォンで録音データを元平氏の目の前で再生した。

 聞き入る元平氏は「私の声ですね。言ってますね」と前言を翻した。
 副市長という池田市ナンバー2の立場なのに、他人事のように回答していた。

 そしてA氏への聴取について、こう弁明した。

「冨田市長から事前に『こうして聞け』と指示があり、それに従いA氏から聞いた。2、3分くらいだった」

 だが、録音データには10分近く、元平氏がA氏を問い詰めている音声が残されている。

 記者は百条委員会の証人尋問に応じた秘書官職員のA氏も直撃した。

「百条委員会が続いているので…。正直に記憶のある通りに話しました」
と話すA氏にさらに畳みかけた。

―動画や情報流出はA氏と言われているが?

「私ではありません。T氏を通じて市長も私が犯人と言っていると聞かされましたが、そうではありません。犯人でないなら、証明をしろ、真犯人を見つけろと、市長に恨みがあるだろうとまで言われました」

―元平氏や市長の後援会長に脅された?

「確かに怖かったです、失職するのかと思った。秘密保持契約書には犯人と思われるのは嫌だったのでサインするしかありませんでした」

―犯人と認めたら、また真犯人を突き止めたら、将来市長にしてやると言われたというのは、本当ですか?

「犯人と認めたら『冨田市長は3期やる。11年後、市長になると考えたらどうだ』とT氏から言われました」

―家庭用サウナの搬出は手伝った? 

「10月21日に搬出すると市長から昼頃に言われて、非常階段か、エレベーターで運び出すルートに関する問い合わせがきた。その後、T氏から手伝ってほしいと依頼されたが、夜遅い時間でしたので、断った。その時の私の口調がきつかったらしく、犯人と疑われたのかもしれない」

―証人尋問では、3月10日に衆院大阪9区池田市が地盤の足立康史衆院議員
(日本維新の会)から携帯電話に着信があったと話していました。

「確かにありました。市長が相談できるのはT氏と足立議員であることは秘書課員としてわかっています。冨田市長は足立議員の秘書だったこともあり、怖かった。電話には出ませんでした」

(足立氏は自身のSNSで電話について<(A氏に)電話することなどありません。ご指摘の時間にはA氏から相談を受けた際のメッセージの確認作業をしていたのでミスタッチしたのかな><仮にミスタッチだったとすれば、遅ればせながら、怖い思いをさせたことについて、お詫び申し上げます>と説明している)

―冨田氏は百条委員会で「パワハラはない」と言っています。

「パワハラしてないと市長は否定していたが、すごいことを言うなと思った。他の職員からも証人尋問でパワハラはあると証言してほしいと言われました。パワハラはありました」

 冨田氏はサウナ問題が発覚後、それまで所属していた大阪維新の会を離党。池田市議会の大阪維新の会は、百条委員会の設置を反対、冨田氏を支持していた。大阪維新の会の地方議員は冨田氏の“ウルトラC”戦略をこう明かす。

「冨田氏は不信任案に対し、市長を辞め、市議会も解散するダブル選挙で対抗する案も1つだと考えているようだ。もう1つの案は百条委員会の結果がでる前に冨田氏が市議会を解散し、調査結果を出せないようにすることです。しかし、相当な反発が起こりそうです」

 大阪維新の会は大阪都構想の賛否に関連して、2015年と2019年に2度にわたり、大阪府知事選、大阪市長選のダブル選挙で圧勝した実績がある。

 池田市でも市長選と市議会議員選のダブル選挙を仕掛け、ピンチを脱しようと冨田氏が目論んでいるのではないか、と憶測を呼んでいる。

「ダブル選挙という情報は入っています。それを衆院解散総選挙に合わせるという話もあるそうです。調べると手続き、理論的にはできると聞きました。選挙となれば、私たちも戦うしかない。ただ、よく考えてください。サウナ市長と全国で嘲笑われ、AERAdot.でもパワハラ音声を公開された冨田氏に対し、市民からは『サウナ市長と有名になり、恥ずかしい』
『市長がパワハラとは情けない』との声が数多く寄せられています。また市長と市議会選挙と同時にやると、過去の例では約6300万円の税金がかかります」(前出・池田市議)

 また3月末の本会議の最後には多田隆一議長が「冨田市長は辞任を表明するのかと思った。一連の疑惑に憤慨する」と本人を目の前に異例の苦言を呈した。その後、マスコミから進退について質問され、「記者会見します」とだけ答えた冨田氏。辞職か市議会解散か。
「サウナ市長」に残された選択は限られている。(今西憲之)


※冨田市長の音声はこちら(https://youtu.be/p33jn8hrnUI)