東京五輪のパブリックビューイング(PV)をめぐるゴタゴタが続いている。

「ファクトではございません」
「発信された社に事実誤認であると抗議文を出させていただいた」

 11日の定例会見で、小池百合子都知事はそう言い放ち、時事通信社が同日に報じた「PV中止報道」を真っ向から否定した。「ワクチン接種会場への転用も検討していない」(都の担当者)という。



 一方、厚生労働省の田村憲久大臣は同日に開いた記者会見で、埼玉県や千葉県が相次いでPVの中止を発表したことについて、「適切な判断」と評価。「できれば自宅で応援していただきたい」と国民に呼びかけた。

 さらに同日、神奈川県の黒岩祐治知事も定例会見で、五輪期間中に藤沢市で実施予定だったライブサイトの設置を中止すると表明。東京都がPV開催に突き進む裏側で、首都圏の首長らが決断に踏み切っている。

 五輪の開催まで、41日。会場として指定されている井の頭公園の利用者や東京都立大の教職員からは、ため息と怒りの声が聞こえてくる。

*  *  *
 閑静な住宅街が騒然となった。

「井の頭公園にライブサイトを設置するな!」
「五輪は中止」

 東京都などが開催する東京五輪のライブサイト、パブリックビューイング(PV)をめぐって、会場となる東京都立井の頭恩賜公園(三鷹市、武蔵野市)の周辺では6月6日、デモが実施された。約100人が参加し、新型コロナウイルスの感染拡大が続くなかでの開設の中止を訴えた。

■武蔵野市は中止を要望

 樹木の剪定で物議をかもした都立代々木公園(渋谷区)での開催は中止となったが、井の頭公園や都立日比谷公園(千代田区)、東京都立大学南大沢キャンパス(八王子市)など都内4カ所で予定されている。井の頭公園では五輪中継のほか、競技体験やステージイベント、飲食店の出店など幅広いコンテンツが実施される。約2万人が集まるとみられ、感染拡大が懸念されている。

 井の頭公園の近くに住む女性も疑問を投げかける。

「政府はテレワークをするように呼びかけていたのに、五輪は集まって観戦しようというのは矛盾しています。密集させたいのかさせたくないのか、どっちなのかわからないです」

 見直しを願うのは、市民だけではない。

 デモの2日前、武蔵野市の松下玲子市長(50)がツイッターでこうつぶやいた。

「井の頭公園で開催予定の東京2020ライブサイトは中止すべきです」

 瞬く間に拡散され、4千件以上の「いいね」がついた。松下市長は同日に東京都に中止の要望書を提出し、市民からは賛同の声が相次いだという。

「通常は賛否が分かれることも多いですが、今回は違いました。こんな反響は今までにありませんでした」

 市の担当者はそう説明し、決断の裏側を明かす。

「五輪には武蔵野市出身の選手も出場するので、コロナがなければ諸手を挙げて開きたかった。ただ、現実的ではないと思うことも多く、職員からも声を上げなくていいのかという意見がありました。人流抑制をお願いするなかでのライブサイト開設は市民に説明がつきません」

■五輪の装飾は「挑発」

 井の頭公園は三鷹市にもまたがり、ライブサイトは同市のエリアに設置される。武蔵野市が中止を要望する一方で、三鷹市は規模縮小の要請とあいまいな対応にとどまっている。共同で要望を出すことも検討したが、折り合わなかったという。

 揺れているのは井の頭公園のほかにもある。

 新宿駅から電車で約40分。京王線南大沢駅から少し歩いたところに、東京都立大学南大沢キャンパスがある。大学で唯一、PV会場として指定される同大正門に向かう階段には「TOKYO2020」のラッピングが施され、五輪の歓迎ムードが漂う。

 だが、階段を上る学生の足取りは重い。

「大学が学生に制限をかけている状態で、PVはありえない。階段の装飾も挑発しているようにしか思えません」

 そうこぼすのは、同大システムデザイン学部3年生の男子学生(21)だ。新型コロナの感染拡大以降、大学で授業を受けるのは週1度の実験のみ。それ以外はオンライン会議システム「Zoom」を使って受講している。

「昨年の前期は部活動が一切できず、今も1日4時間以内の活動制限があります。他大学の学生を入れて試合することもできません」

 それなのに、大学の講堂では午前11時から午後6時まで、7時間のPVが予定されている。

 教職員からも批判の声が上がる。同大労働組合は2日、大学に対し、PV中止を求める声明を出した。

「学生に不便を強いるのに、五輪は特別というのはおかしい」

 そう指摘するのは、組合の小林喜平書記長だ。授業や課外活動が制限され、なかにはアルバイト先の休業で経済的に困窮する学生もいる。学生たちの生活がままならないのに、大学が「祭り」に協力することに憤りを感じている。

「この状況下で感染拡大の原因となりうるPVの開催がおろかであることは自明です。大学で理屈に合わないことはしてほしくありません」

 コロナ禍以降、同大はTOEICといった英語民間試験などへの会場貸し出しを停止している。試験での会場提供とPVの違いはどこにあるのか。同大広報係に問い合わせると、

「東京都設置の大学として、都に施設提供を行うこととしています」

 と明確な基準の回答は得られなかった。

■都知事へのトラウマ

 また、感染状況などをふまえ、実施を再検討するかどうかについても尋ねたが、

「PVの実施主体は東京都であり、大学は施設提供を行うのみで、中止等の判断をする立場にございません」

 大学はあくまでも施設を貸すだけだという。

 感染拡大のリスクがあるのに、なぜ貸し出しを止められないのか。同大に勤める教授が匿名を条件にこう打ち明ける。

「大学の教職員の間には、都知事の機嫌を損ねると怖いという思いがあります。うまくやらなければ、また都知事に潰されてしまう」

 さかのぼること16年、東京都立大学は他の都立3大学・短大と統合され、石原慎太郎都政下の2005年に首都大学東京に名称を変更。だが、大学名が浸透せず20年に東京都立大学へと名称を戻した。このときの騒動が同大にとってトラウマになっているという。

「五輪開催が決まった以上はやればいいと思っています。ただ、PVを学内でやるのは疑問です。日本人の命よりスポーツを優先したことが明らかですし、我慢し続けた学生たちの心が折れてしまわないか心配で仕方がありません」(同教授)

 7日には埼玉県が、翌8日には東京都墨田区がPVの開催中止を決定。9日の衆院厚生労働委員会では、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長(72)が応援イベントについて言及し、

「感染がかなりのレベルで進むなか、他の方法でも応援はできる」

 とPV開催を控えるよう訴えた。10日には千葉県もPVの開催中止を発表した。

■都は中止の検討せず

 自治体や市民だけでなく、専門家も警鐘を鳴らすなかでの開催に意義はあるのか。井の頭公園でのライブサイト設置について、東京都オリンピック・パラリンピック準備局のライブサイト担当者はこう説明する。

「2020(東京五輪・パラリンピック)の競技会場が多摩地域に多くないため、会場の雰囲気を感じられる場を設置したいと地元関係者と選定した経緯があります。武蔵野市から中止の要望書はありましたが、その中に実施するなら対策をしてほしいという項目もあった。それを真摯に受け止め、これまで以上に情報提供や連携を密にしていきたいと考えています。中止の検討はしていません」

 都立大学はどうか。

「大学からの中止要請があれば、内容を拝聴して一緒にやっていけるのかを話していきたいと考えています。学生の思いは認識していますが、授業や活動の制限は大学側が判断しているため、こちらから何か申し上げることはできません」(担当者)

 この1年、人流が戻れば感染者数が増えることを誰もが学んできた。スポーツの力を世界に発信する前に、都民が納得のいく決断をしてもらいたい。(編集部・福井しほ)


※AERA 2021年6月21日号に加筆