東京都議会議員選挙の告示が6月25日に迫り、お笑い芸人のカンニング竹山さんは「まぁ、都議選は毎回盛り上がらないんだけど……」としながら、今回の都議選、いつもとは違って注目しているところがあるという。



*  *  *
 先週の土曜(12日)深夜放送のABEMATV「カンニング竹山の土曜TheNight」で「どうなる東京! 7月4日都議選前徹底討論SP」という放送回で都議選を扱ってとても面白かったんですよ。

 そもそも都議選って盛り上がっていないですよね?(笑)まぁ、毎回盛り上がらないんですよね。でも、コロナ禍での都議選って、実はものすごく重要で、東京都以外の人には関係ないって思うかもしれないけれども、都議選って国政にも結びつく部分があるものなんですよね。今回の場合は、これからの小池都知事がどうなるかを決めるのも都議選じゃないですか。だから、実はとても面白いなと番組での討論を聞いていて思った。

 番組では都民ファーストの会から内山真吾都議と自民党から川松真一郎都議にスタジオに来ていただき、立憲民主党の栗下善行都議と共産党の和泉なおみ都議をリモートでつなぎ、公明党にはインタビューで答えてもらった話を出しながら、2時間たっぷり都議選についてやりました。

 まず、皆さんおっしゃっていたのがいつもよりも「選挙の準備ができていない」。目の前のコロナに対する課題も多く、このまま都議選に突入してしまうの? って言うくらい準備ができていないそうです。

 各党の立場から色々な意見が飛び出しました。自民党川松都議は「小池百合子が好きか嫌いかではない。政策が一致すればいいだけ。素直になって」と、これまでもダメ出しし続けてきたと。自民党は、協力していこうとしているのに“素直じゃない”と主張していました。

 一方、共産党の主張は「コロナ、コロナ、コロナ」なんですよ。それで、共産党が都議選の争点で上げてきたのが「オリンピック中止」。それを糧に戦うそうです。立憲民主党の争点も「オリンピック延期または中止」。

 僕は司会として中立だから、質問をしながら進行はするけれども意見は黙って聞いていて、4人に話してもらった。都議選の争点で、立憲民主党と共産党は「オリンピック中止」で戦うんだけど、自民党がそれに対して指摘したところでは、新しく選出された都議会議員で始動するのが7月23日からなんですって。だから、まかり間違って、共産党や立憲民主党が過半数以上票を獲得して、オリンピック中止だってことで勝ってしまっても、その時にはオリンピックは始まっているんですよ(笑)。その点も面白かった。

 自民党の争点は「減税」。”減税ってできます? 増税って話ばかり聞きますが?”って、僕から質問したら、都民税は減税できると。議員の定数を減らしたり行政改革が必要となるが減税できると話していました。

  一方、都民ファーストの会は放送の時点では争点を打ち出していませんでした。出演した内山都議は、放送の時点ではハッキリお話できないけれどしたうえで、「コロナを乗り越え新しい東京へ」。いやいや、それ、わかりにくいですよってツッコミましたが(笑)。昨日、都民ファーストの会の都議選の公約が発表になりましたが「五輪無観客」でしたね。

 都民ファーストの会は小池都知事に右にならえだと言う人もいるけれども、内山都議は「そんなことはないですよ」と言う一方で、立憲民主党の栗下都議は都民ファーストの会を2月に離党していて「小池さんに右へならえな体質がダメだ」と思って辞めたって話していましたね。そんな話から国政とはまた違った派閥とかがあって、我々の知らない都議会が見えてきた。

 あと、今回の東京都議会選の場合、公明党は自民党につく。公明党は前回の都議選では都民ファーストの会にくっついていた。選挙協力の相手が変わって、その点でも面白い。地方自治における公明党は強いわけですよ。若い人が投票にあまり行かないと、公明党の支持率はさらに上がるじゃないですか。

 公明党はその先の衆議院議員選挙をにらんでいるから、今回の都議選は自民党と組むわけでしょ。今回の都議選で自民・公明だったら過半数を取ってしまうことも考えられる。そうなった時に、小池さんをどうするんだ? という質問もしました。それこそ不信任とかそういうことをするのか? と聞いたら、「そういうことはない。政策が一致すればそれでいい。要は政策だ」と。

 傍から見ていると、そういうねじれって、面白いって側面もありますよね。小池さんがトップにいて、議席は自民と公明が過半数っていうことにもなりかねないから、政策を一致させて動いていけるように早くしなさいよと、都民ファーストの会の内山都議がツッコまれて、自民党との議論がアツくなっていましたね。

 一番面白かったのが、番組の最後にひと言ずつコメントをいただいたのですが、“オリンピックに関して、小池さんが開催をひっくり返してやらないというのも噂されているけれどもどうなんですか?” と都民ファーストの会の内山都議に聞いたら、「私たちはそんなことは聞いていない」としながら、話の最後に「私たちだって、どうなるかわからない。オリンピックだって、やる、やらないかわからない……」って(笑)。スタジオ、リモートで参加していた方たちは「えぇーっ!?」ってなったんですけど、内山都議は「天変地異が起きたらの話。自然災害が起きたりだとか、テロがあったりだとかしたら中止って話です……」って言い訳していました。

 このような感じで真面目に面白く盛り上がったわけですが、放送の時点では発表されていなかった都民ファーストの会の争点が、昨日ようやく出てきたことは注目すべき点だと思いました。政治などの真面目なことをやると深夜の生放送の視聴率は低いんですよ。今回は放送直後から視聴率がグングン上がった。書き込みがものすごいあった。それは、都議選にみんなが注目しているというよりも、見ていて単純に面白かったのかなと思う。僕から放送の冒頭で“都民ファーストの会からこの番組が嫌われているんですよね?”なんて質問して(笑)、内山都議には出演してくださって有難いと思っています。

 そんな内山都議、途中から出演している全員が「ん??」となる何を言っているのかわからない発言があったり、1週間は無料で動画が見られるのでよかったら番組を視聴して、都議選がめちゃくちゃ面白いことになっているからぜひ選挙に行ってほしい!

■カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在は全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ。オンラインサロン「竹山報道局」は、4月1日から手作り配信局「TAKEFLIX」にリニューアル。ネットでCAMPFIRE を検索→CAMPFIREページ内でカンニング竹山を検索→カンニング竹山オンラインサロン限定番組竹山報道局から会員登録。カンニング竹山とCalmeraによるユニット・タケヤマカルメラが「ヘイ・ユウ・ブルース」のカバーを披露。「ヘイ・ユウ・ブルース 〜許せ、友よ〜」はこちらから→https://calmera.lnk.to/hyb