次期衆院選の前哨戦となる東京都議選(定数127)は、最終日に「小池劇場」の幕が開き、想定外のどんでん返しとなった。



 小池百合子東京都知事の応援で都民ファーストの会(以下は都民ファ)が劣勢を覆す善戦で31議席を獲得。一方、50議席以上の大勝と予測されていた自民党は最終日に失速し、辛うじて第一党となったものの、33議席に留まった。公明党は前回と同じく23議席を獲得したが、自公であわせても最低ラインとした過半数(64議席)には遠く及ばず、与党に衝撃が走った。

 投開票が始まった7月4日夜、自民党本部に集まった東京都連幹部らの表情は固く、候補者の名前に当確の花を付けるようなムードになかなかならなかった。

「50議席まではいかないにしても、45議席以上は堅いと予測され、党内は最終日(3日)まで大勝ムードでしたので、33議席はショックが大きかった。小池さんが選挙区に入った際も、叩き潰してやれ、という感じでまだ余裕でしたから。それがたった1日で情勢をここまで一変させるとは、小池さんこそ都議選のゲームチェンジャーでしたね」(自民党都連幹部)。

 一方、菅首相は投開票日の4日夕には官邸から引きあげ、議員宿舎に引きこもったという。

「選挙プランナーの三浦博史さんから都議選の情勢についてレクチャーを受け、相当ショックを受けたようです。選挙に勝てないイメージを払拭するチャンスだったのに小池さんにしてやられた。何が起こっているのか理解できず、茫然となっているようでした。あくまで地方選挙であり国政に影響しない、とコメントするしかないでしょう」(官邸関係者)

 菅首相の今後の政権運営はもちろん、今秋の衆院選に向け、求心力が低下することは確実となった。自民党の閣僚経験者はこうため息をつく。

「都議選の結果でこのままでは、衆院選は戦えないことがはっきりしたのではないか。菅首相のコロナ対応、東京五輪・パラリンピックへの対応は都民に支持されなかったということだ」

 逆に小池知事の政治的な存在感は高まった。

「最終日に都民ファの候補者の応援に入る大勝負にでた。下馬評通り大敗していたら、政治力は失墜したが、勝ったということですね。菅首相も今後は小池さんの政治力を無下にできないでしょう」

 菅首相は東京五輪・パラリンピック開催や新型コロナウイルス対応について、世論調査や都議選の議席予測の数字を常に参考にしながら決めてきたという。

「公明党と足せば、過半数は軽くクリアできると思っていたのに…。都議選で大勝し、東京五輪・パラリンピックを成功させて、解散総選挙につなげたいというのが本音だった。風向きが変わったのは、小池さんが退院し、リモートで公務に戻った7月1日から。急に都民ファが勢いづき、2日に小池さんが記者会見し、『東京五輪は無観客を軸に』と言い、明らかに風が吹き始めた。それでも大丈夫だろうと思っていたが、最終日は小池旋風に飲まれてしまった」(自民党東京都連幹部)

 象徴的だったのは定数1を4人で争った千代田区だ。都民ファの平慶翔(けいしょう)氏が、かつて「自民党都議会のドン」と呼ばれた内田茂氏の娘婿の直之氏を破り、2度目の当選を果たした。自民党は17年の区長選と都議選、今年1月の区長選に続き、都民ファに4連敗となった。前出の都連幹部はこうぼやく。

「菅首相は東京五輪の開幕を目前に控えているのに、有観客、無観客などの策を小出しにし、世論の反応を見ていた。ワクチン接種にしても職場接種や自治体の大規模接種を散々、煽っておきながら7月になって急に数が足らなくなったとストップをかけた。こうした場当たり的な対応に国民の不信感が募っていたように思う。コロナと五輪対応が勝敗のカギだった」

 衆議院の任期は今年10月までで解散総選挙は目前だ。だが、菅首相は4月の衆参補選・再選挙で3連敗、千葉県知事選挙、静岡県知事選挙でも敗北している。「選挙の顔」として不安視する声が党内で相次いでいる。

「衆院選となれば、立憲民主党や共産党など野党だけではなく、吉村洋文大阪府知事が率いる日本維新の会も含めた厳しい選挙戦になる。都議選で20近く議席を落とした菅首相では負け戦となると衆院議員から厳しい声が出ている。安倍前首相と違って菅首相は選挙に弱い。菅首相で解散総選挙が戦えないとなれば、これからは完全に政局になる。河野太郎ワクチン担当相、岸田文雄元外相、小泉進次郎環境相、野田聖子幹事長代行らがポスト菅の有力候補だろう。だが、ダークフォースとして小池待望論が党内で巻き起こる可能性もある」(前出の自民党幹部)

 政界の一寸先は闇のようだ。

(AERAdot.取材班/今西憲之)