秋の衆院議員選挙の前哨戦とみられた東京都議会選挙は、自民党が議席を倍増させるという大方の予想と異なり、自公で過半数に届かない「大敗北」(自民党都連関係者)となった。都議選の結果は、今後の政権運営や総裁選にどんな影響があるのか。菅義偉首相の官房長官時代の”天敵”だった東京新聞の望月衣塑子記者に話を聞いた。


*  *  *
 自民党は都議選で何度か世論調査をやっていますが、直近の獲得予想は50議席でした。これは若干甘めの見通しだったにせよ、最低でも40議席以上は獲得すると見込んでいたはずです。でも、フタを開けてみれば33議席。自民党としては”惨敗”でしょう。

 選挙の空気がガラッと変わったのは、小池百合子都知事が過労で入院した6月22日からの8日間です。

 私は選挙戦最終日の7月3日に、「都民ファーストの会」のある候補者の事務所に張りついて取材していました。すると、事務所のスタッフからはこんな話を聞きました。

「候補が演説をすると、以前はヤジがバーンと飛んで来たけれど、小池都知事が入院してからはヤジが消えた」

 本質的には小池氏は五輪開催推進派ですから、普通だったら、都民ファの候補者も「コロナ禍なのに何をやっているんだ!」というヤジにさらされることもあるわけです。

 しかし、あの小池氏がまさか弱った姿をみせ、退院後の会見では「倒れても本望」など言って同情を誘った。そして最終日には体調が万全でない状態で、約10選挙区も回って候補者の激励に駆けつけた。マイクを持った演説こそなかったものの、その効果は絶大でした。

 こう動くと決断したのは、彼女の独特の勘でしょう。有権者の同情をかっさらっての挽回は、まさに「小池流」の老練さでした。結局、私が張りついて取材した都民ファの候補も当選しました。

 立憲民主党は改選前の8議席から7議席プラスして15議席になったものの、事前予測では24議席と予想されていたので、手放しで喜べる数字ではありません。自公への批判票はどちらかというと共産党ヘ流れ、共産に拒否感がある人の票が都民ファへ流れたという構図だったと思います。

 他に都議選の結果で重くみるべきは、国民民主党が1議席も取れなかったことだと思います。国民のバックには労働組合の中央組織「連合」の地域組織「連合東京」がついていたはずです。それなのに1議席も取れなかった。この結果は、今後の野党の戦い方にも大きな影響を与えるはずです。

 そもそも、連合は共産党との選挙協力には否定的です。しかし今回、共産と候補者調整をした立憲は議席を増やしており、一定の成果を出した。国政選挙では、連合は立憲の最大の支持団体です。そのため、立憲の枝野幸男代表は共産との関係については常に連合を意識した発言をしています。都議選前も今後の政権構想について、「共産党との関係については理念と違っている部分があるので、連立政権は考えていない」と語っていました。

 しかし、枝野氏の共産と距離を取ろうとする発言は、私はパフォーマンスではないかと思っています。枝野氏はときに共産に対して失礼とも取れる発言をしますが、共産からは反発の声は上がりません。実は水面下で、立憲と共産の相当強固な野党連合の合意ができているのではないかと推測しています。

 都議選では、国民よりも共産と組んで結果を出したわけですから、枝野氏も今後は「連合」に気を使うばかりでなく、共産との思い切った選挙協力体制に踏み切る可能性もあると思います。

 もうひとつ、都議選では重要なポイントがありました。それはジェンダーです。

 共産党は女性候補者を前面に出して戦いました。31人の立候補者のなかで女性は18人、実に6割近く。早々とトップ当選を決めた女性候補も4人いました。終わってみれば共産の当選者19人のうち女性が14人と、74%を占めました。

 その一方で、自民党は候補者60人のうち女性は9人だけ。当選は4人にとどまりました。自民党の陣営はいまだに「ザ・石原軍団」のように、男性候補者を真ん中にスーツ姿のおじさんたちが取り囲むという選挙戦をたくさん見かけました。女性からしてみれば、ちょっと威圧感があるわけです。

 でも、コロナ禍で多くの国民が大変な状況で求められるのは、威圧感ではなく、弱者に寄り添うソフトなパワーではないでしょうか。いじめ、不登校、フリーターから弁護士になった女性候補者が当選したように、政治家もエリートや強さを強調する時代ではなくなりました。都議選の結果にも、それはよく表れていたのではないでしょうか。

 自民党内では、都議選の“惨敗”をみて「菅さんでは次の衆院選を戦えない」という空気も出始めています。次期衆院選で、自公で過半数割れなどしたら、それこそ首相を辞めざるを得なくなる。菅首相は「勝てない」とわかったら、むしろ一歩引いて、自分は総裁選に出ずに誰かを担ぐ可能性もあると思います。その方が、菅首相は政治的に生き残れるような気がします。

 とはいえ、ポスト菅で有力な人材が見当たらない。河野太郎行革相は、政権の空気をガラッと変えるにはいいでしょうが、総裁選で菅首相と争う姿はイメージできません。

 安倍晋三前首相の再々登板への待望論もありますが、私は現実的ではないと思います。いろいろなスキャンダルが重なりすぎたうえに、ことごとく説明責任を果たせていない。もう首相はできないでしょう。本人も今が気楽で一番楽しいんじゃないでしょうか。

 その安倍氏も関連する形で、次の政権では二階俊博幹事長を外そうとする動きがくすぶっています。安倍氏と懇意の麻生太郎財務相、甘利明税制調査会会長の「3A」が中心となって二階幹事長を揺さぶっているわけですが、政局にたけた二階氏が黙っているはずがない。昵懇の仲である小池氏を担ぎ上げて国政復帰の道筋をつけて、自らの派閥に引っ張り込む可能性もゼロではない。

 私は小池氏の性格からして、国政に戻ることは考えていると思います。すぐに国政復帰とはならずとも、二階氏が小池氏というカードをちらつかせながら、「3A」に対抗して党内に揺さぶりをかけることは十分に考えられます。いずれにせよ、小池氏の動向には今後も注目が必要です。(構成=AERAdot.編集部・上田耕司)