自民党の野田聖子幹事長代行が秋に行われる自民党総裁選挙について口火を切ったのは、東京都議選の「惨敗」の余韻が残る7月7日だった。



「菅政権になってから、東京都議選も負けっていうことを認めれば全部負けている。知事選で(自民が)推薦出した方も負けている。参院補選も負けている」

 安倍晋三前首相は総裁選で菅義偉首相の再選を支持する考えをすでに表明。総裁選前に衆院の解散総選挙が行われれば総裁選は無投票再選が望ましいと語っている。だが、総裁選は党員投票を含む形で行うべきだと野田氏は訴えた。

「野田さんが発言していたように、菅首相では衆院選で『選挙の顔』にはならない、という空気が大きくなっています。都議選では50議席は確実との予想から一変し、33議席に失速。自民党では、次の顔は誰がいいのかと議論されています。都議選の応援弁士の勝率が分析されましたが、勝率80%で1位だったのは安倍前首相。小泉進次郎環境相は20%で8位と意外に低かった。選挙応援は劣勢な候補のところにテコ入れで応援に入るものなので、数字が正しいと一概には言えないですが、目安にされています」(自民党幹部)

 AERAdot.が入手した自民党の主な応援弁士の「勝率」一覧によると、1位は安倍前首相(80%)、2位は下村博文政調会長(61%)、3位は茂木敏充外相(55%)、4位は加藤勝信官房長官(50%)、5位は岸田文雄元外相(50%)、6位は丸川珠代五輪担当相(48%)、7位は河野太郎ワクチン担当相(41%)、8位は小泉環境相(20%)という結果だった。

 参考として都議選の最終日に都民ファーストの会の候補の応援に入った小池百合子東京都知事の勝率も記してあったが、89%と勝率はダントツだった。

 その小池氏は都議選が終わった翌日(5日)、自民党本部にいる二階俊博幹事長を訪ねた。その足で公明党本部の山口那津男代表とも会談した。

「都議選で戦った自民党、公明党を涼しい顔で相次いで訪問した小池氏。もう次、衆院選を考えているとしか、思えないね」(前出の自民党幹部)

 一方、菅首相は都議選の結果を受けて「自民党と公明党で過半数を獲得できなかったのは、謙虚に受け止める」とうなだれた。

 公明党の幹部はこう話す。

「東京五輪・パラリンピックで菅首相は有観客に最後までこだわったが、小池氏は『無観客を軸に』とコロナ感染拡大の防止こそ先だと退院後、記者会見で訴えた。国民の関心は、五輪よりコロナ。そこを小池氏は読み切っていた。そして事前予測では10議席ほどだった都民ファを31議席まで押し上げた。今、世論調査をすれば、首相にしたい候補で一番、高い数字をとるのは小池氏でしょう」

 衆議院の任期は10月までと迫り、解散総選挙は目前だ。自民党の竹下派の国会議員からは「菅首相で衆院選を戦うと、勝ち目はゼロだろう」と痛烈な批判もある。

 自民党内では二階幹事長や中谷元元防衛相らが「小池知事の国政復帰」「新党待望論」などとラブコールを送っている。

 その中で注目されているのが、公職選挙法違反で略式起訴となり議員辞職に追い込まれた元経産相、菅原一秀氏の地盤だった衆院東京9区だ。菅原氏は公民権停止が3年となり、この期間中は選挙に立候補できない。

 空席になった東京9区から小池氏の出馬が取りざたされている。衆院議員時代は東京10区が地盤だった小池氏。自宅である通称「エコだハウス」は練馬区内にあることから9区は小池氏の地元のようなもの。

「東京9区に自民党から候補を立てず、小池氏には無所属で出馬してもらい、当選すれば戻ってもらうというのが一番ベター。二階氏はその案を想定しているようだ。略式起訴された菅原氏に忖度など必要はない。二階派には総裁候補がいませんからね。菅首相は小池氏の自民党復帰に反対するでしょうが、支持率は低迷し、選挙に勝てないとなれば、党の方針に従うしかありません」(二階派幹部)

 慌ただしくなってきた政局。次の選挙の顔は一体、誰になるのか。

(AERAdot.取材班 今西憲之)