エンブレムの盗作騒動や招致を巡る買収疑惑、女性の容姿を侮辱する言動等々、振り返れば(まだ大会が始まってもいないのに!)東京五輪を巡る不祥事は数えきれない。「負のレガシー」として記憶にとどめておくべき出来事や人物を、“時事芸人”のプチ鹿島さんに選んでもらった。


*  *  *
「数々起きたゴタゴタは、どれもこれもすごい。ランキングをつけるにしても、オリンピックらしく大接戦ですね」

 新聞14紙を読みこなし、時事ネタを得意とする芸人のプチ鹿島さんは開口一番、そう語った。

 2013年9月、IOC総会で東京大会の開催が決まると、大きな喜びが日本を包んだ。しかしその後、数々の問題点が噴き出した。鹿島さんは、招致運動のプレゼンテーションでついた「嘘(うそ)」が、その後のゴタゴタの伏線になっていると感じている。

「安倍(晋三首相。肩書はいずれも当時)さんが原発の汚染水について『アンダーコントロール』と言ったわけですが、その嘘がブーメランのように返ってきています」
 福島第一原発の汚染水漏れはその後も続き、廃炉への道筋すら、いまだにめどが立たない。

「『東京の夏は温暖で理想的な気候』というのも、よくぞ言ったものです。暑さもコロナウイルスもコントロールできないまま、大会は始まります。『お・も・て・な・し』という言葉も今思えば、“五輪貴族”に対するおもてなしのことだったんでしょう。入管に閉じ込められたまま亡くなる外国人もいる国なのに……。海外の選手たちを隔離して、どうおもてなしをするんでしょうね」

 招致運動をめぐる買収疑惑が明るみに出て、フランス当局の捜査対象となった竹田恒和JOC会長は、任期満了とともに退任した。

「フランス側の捜査は続いています。JOCは違法な支出ではないと発表しましたが、疑いがもたれている当事者がお手盛りの調査をしただけ。森友問題の財務省と同じです。招致に大金が動く構図が想像され、アメリカのテレビ局のため真夏に開催することも含め、五輪はIOCの興行にすぎないことが可視化されました」

 IOCが金もうけに走る一方、日本側もオリンピックを「政治利用」した。ザハ・ハディド氏設計の新国立競技場の総工費が、当初予算を大幅に上回る2520億円に膨らむと、安倍首相は15年7月、見直しを明言する。鹿島さんはそのタイミングに注目した。

「安倍さんの表明は、安保法案の強行採決をした直後。五輪に関してヒーローっぽい会見をして、安保法案から目をそらそうとしたわけです」
 政治家といえば、組織委員会のトップだった森喜朗氏も忘れてはいけない。女性蔑視発言で辞任に追い込まれただけでなく、自身の肝いりで開会式の演出統括の座に就けたとされる佐々木宏氏も、週刊文春で女性蔑視の言動を追及されて辞任した。東京大会の基本コンセプトは「多様性と調和」なのだが……。

「哀しいですね。世界に新しいメッセージを発信する機会なのに、価値観をアップデートできない“昭和のおじさん”たちが実権を持っていた。そもそも五輪をやれば経済が回る、東京が再生するという発想が、昭和。発展途上国ならともかく、2度目なんですから別の価値観を持った大人の五輪を目指すべきでした」
 森氏同様、すっかり悪役になったのが「ぼったくり男爵」ことIOCのトーマス・バッハ会長だ。問題発言を連発し、今月13日には組織委の橋本聖子会長と面会した際、「日本の人々」と言うべきところを、あろうことか「中国の人々」と言い間違えた。

「つい本音が出たんですね。バッハさんにとっては、日本よりも中国のほうがずっと上客。来年の北京冬季五輪を成功させるために、日本は今回、滞りなくやってくれればいいと考えているんですよ。バッハさんにすれば、東京はかませ犬なんです。何で日本の国士といわれる人たちは、ここまでIOCに邪険にされて黙っているのか。“愛国者”の皆さん、これでいいんですか?」

 政治利用は、菅義偉首相にも引き継がれている。コロナ感染の抑え込みに完全に失敗し、ワクチン接種をめぐる施策は迷走。東京都議選をはじめ、直近の選挙で自民党は振るわず、何とか五輪を成功させたうえで解散・総選挙に臨もうという魂胆が見え見えだ。
 鹿島さんは「勝負師」と称される菅首相を、「負けが込んだギャンブラー」とたとえる。

「新人の国会議員時代に総裁選で梶山静六さんを担いだり、加藤の乱に加わったり、政局での賭けは負けてばかりでした。首相になってからも、Go Toや緊急事態宣言の発令、解除の判断はやはり負けばかり。でも菅さんの怖いところは、これまでに万馬券を2回当てたこと。安倍さんの2度目の総裁選で応援したときと、自身の総裁選出馬です。ギャンブラーは万馬券を取った快感を忘れられませんし、負けが込んでいる人ほど大きな賭けに出ようとするもの。菅さんは、大会が始まれば国民は不満を忘れてくれると思っているんでしょう。ギャンブルに弱い人が必死に賭けているところが、非常に怖い」

 付き合わされる国民はたまったものではないが、賭けは吉と出るか、凶と出るか。

「実際に大会が始まれば、どんどん問題点が出てくると思います。それにもかかわらず日本の新聞やテレビは、メダルラッシュで『感動をありがとう』報道を続けるかもしれません。それに対して海外のメディアは、辛辣な報道をするでしょう。両者の読み比べをして大会の成否を判断したいですね」

【金メダル】
・安倍晋三(前首相)
「アンダーコントロール」/招致プレゼンでの発言が、その後のゴタゴタの伏線に

【銀メダル】
・森喜朗(前大会組織委会長)
価値観をアップデートできない“昭和のおじさん”
・佐々木宏(クリエーティブディレクター)
古い感性で女性蔑視の言動が問題に

【銅メダル】
・菅義偉(首相)
「負けが込んだギャンブラー」/五輪成功は総選挙のため?

(本誌・菊地武顕)

※週刊朝日  2021年7月30日号