「大阪維新の会」の看板がかけられた白の選挙カーが8月28日、大阪府池田市内の路地を走り去った。

「大阪府知事の吉村です」

「手を振ってくれありがとうございます」

 

 マイクを握り、選挙カーから大きく手を振るのは、大阪維新の会代表の吉村洋文・大阪府知事。沿道から次々と住民が集まってくる。緊急事態宣言の中、府庁を離れて突然、予告もなく姿を現したのは、サウナ市長の辞任で全国的に注目される池田市の出直し市長選挙(投開票は29日)だ。

 吉村知事は大阪維新の会の公認候補の前池田市議、滝沢智子氏(40)の応援に入った。

 他に立候補しているのは、前池田市長、冨田裕樹氏(45)、前池田市議、保守系支援の渡辺千芳氏(67)、元池田市議の労組系支援の内藤勝氏(74)の3人。

 当初、サウナ問題で吉村知事、大阪市の松井一郎市長は「維新が公認して市長になった冨田氏の問題で、池田市民にご迷惑をおかけした。池田市長選挙に維新は関与しません」と消極的だった。

 選挙戦の初日も維新幹部がマイクを握り、「吉村知事はコロナ対応で応援に入れない」と語っていた。

 選挙情勢は当初、女性で40歳という若さの滝沢氏が有利と伝えられていた。だが、後半になって、渡辺氏が組織票や市議20年のキャリアで猛追。そしてサウナ市長として全国区になった知名度で、冨田氏は街頭演説で多くの人を集めるようになった。

 そんな選挙情勢に危機感を抱いたのか、吉村知事は会見で「池田市に絶対入らないということではない」と前言を翻し、池田市に入り、滝沢氏の応援にやってきたのだ。

 だが、大阪は連日、コロナ新規感染者が2千人を超え、自宅待機者があふれる危機的な状況が続く。吉村知事も自身のツイッターで「大阪で大規模な野戦病院を作る。課題も多い。できない理由を考えたらきりがないので、できる理由を考える。どこまでできるか分からないが、できる限り、やってみる。行動を起こす」と深刻さを綴っている。

 密の回避、人流抑制を吉村知事自身、ずっと言い続けてきたはずだ。

 演説中の吉村知事に「コロナ禍の池田市長選の応援、批判もあるが」とAERAdot.が直撃すると、こう答えた。



「選挙カーの中からの応援です。コロナ対策して応援しています」

 隣の滝沢氏も「吉村知事の応援は心強い」と語った。

 このような光景は、7月の兵庫県知事選挙でも見られた。維新の推薦候補の応援で、吉村知事は何度も神戸市の街頭でマイクを握った。結果は維新の推薦候補が圧勝した。

「吉村氏に池田市へ応援に来てほしい、とお願いしていた。しかし、大阪府は緊急事態宣言下なのでビデオメッセージでとなった。しかし、滝沢氏が苦しい戦いと知り、立ち上がってくれた。トップが来るのですから、負け戦はない。吉村氏の池田市入りで一気にこちらに流れがくると思う」

 維新幹部は嬉しそうな表情でこう語った。

 しかし、大阪維新の会の副代表だった今井豊府議は「闇献金」と「女性問題」を週刊新潮に暴かれ、26日に議員辞職。大阪維新の会の不祥事は続いている。選挙中の渡辺氏はこう訴えた。

「池田市で4千万円の税金を使って市長選をやっている責任は、サウナ市長を作った維新にあります。緊急事態宣言で不要不急の外出が求められている。にもかかわらず、外出をうながすように池田市へ選挙応援に来る吉村知事。何をお考えなのか、理解ができません。土曜日といえども、コロナ対応に専念してほしいと府民の一人として感じました」

 手を振る吉村知事を歓迎する市民がいる一方で、冷ややかな声もある。

「コロナやのに、おとなしくしたらどうなんか」

 AERAdot.の直撃後、こうした冷ややかな声が聞こえたのか、吉村知事は「市長選になって申し訳ありません。維新にもう一度、チャンスをください」と謝罪を入れ、訴えるようになった。29日の投開票に「吉村砲」はどんな影響を与えるのか?

(AERAdot.編集部 今西憲之)