菅義偉首相は9月2日、自民党の二階俊博幹事長と会談し、今月17日に告示される総裁選挙(投開票は29日)に再選を目指して立候補することを伝えた。



「一部には出馬辞退かという憶測が流れましたが、本人はそんな気は全くありません。勝つ気、満々ですよ。『岸田ノートなんてさ…」と小バカにしたように周囲に言ってました」(官邸関係者)

 一時は総裁選を延期し、9月中旬に解散総選挙を打って出て、総裁選を無投票で再選というシナリオが有力視された。

 しかし、「総裁選を先延ばしするのは、菅政権の延命策としか見えない」(自民党の閣僚経験者)と批判が殺到した。

「解散総選挙を先にやるという菅首相の方針に安倍前首相、小泉環境相らが『総裁選から逃げたというイメージになる』とこぞって反対した。菅首相は天下の宝刀の解散権を封じられました」(官邸関係者)

 菅首相は1日朝、わざわざ、官邸でぶら下がり取材に応じて「今のような厳しい状況で解散ができる状況ではない」「総裁選挙の先送りも考えてません」と戦略の修正を余儀なくされた。

 同時に総裁選の目玉とされる二階幹事長を交代させる人事案も進んでいないという。後任には、甘利明元経済産業相、総裁選出馬を断念した下村博文政調会長、石破茂元幹事長、河野太郎ワクチン担当相、小泉進次郎環境相らの名前が浮上した。前出の閣僚経験者がこう指摘する。

「総裁選が9月末に予定通り、行われても菅首相が勝つという保証はどこにもありません。菅首相が負ければ、当然、幹事長は1か月足らずで交代となり、次の政権で干されることは目に見えている。今、幹事長になるというのは火中の栗を拾うようなもの。なり手がなかなか見つからないようです」

 菅首相が目玉としたいのは、人気の高い河野氏と小泉氏。だが、河野氏は麻生太郎副総理兼財務相の麻生派だ。

「麻生氏が今回の総裁選で菅首相支持を明確にしていない上、ワクチン担当相として喫緊の課題が山積していることもあり、引き受けることはないだろう。小泉氏も菅首相と心中する気はないだろう」(自民党幹部)

 今回の総裁選では国会議員だけでなく、党員投票も行われる。

   2012年の総裁選で安倍氏とその座を争った石破氏は、党員投票では安倍氏を上回りトップに立った。だが、国会議員の決戦投票で敗れた。地方に強いことで定評がある石破氏は世論調査の「次の首相」でも必ず上位に名前を連ね人気も高い。

 石破氏が率いる派閥は現在、国会議員は17人。推薦人20人に届かないこともあり、総裁選の出馬も苦しいところ。幹事長は渡りに船かと思いきやそうでもないという。

「石破氏の派閥でも幹事長にと積極的な意見が少ないそうです。実は石破氏は菅首相より、ライバルの岸田氏と良好な関係。話には乗らないのではないか」(岸田派の国会議員)

 河野氏、小泉氏、石破氏と人気者が渋るとなれば、菅首相に残されたカードは安倍氏と麻生氏の支援が取り込める人物という選択になる。安倍氏、麻生氏と並んで「3A」と呼ばれる、甘利氏に白羽の矢が立っているという。

「甘利氏が引き受けてくれれば、安倍氏と麻生氏が派閥をあげて支援してくれる可能性が高い。菅首相からも甘利氏に話をしている。安倍氏と麻生氏にも甘利氏の起用案を伝えているが、返事は芳しくないらしい」(前出の自民党幹部)

 残るは安倍氏の出身派閥、清和会(細田派)に属する下村氏だ。幹事長には適任とみられるが、菅首相が「総裁選に出馬するなら、政調会長は辞めろ」と出馬断念を迫った。下村氏はその後、安倍氏と話し合って断念を決めたこともあり、あまり前向きではないという。

「恫喝した菅首相が窮地になったから助けるというのは、まっぴらという様子ですね。安倍氏が勧めない限り、やる気ゼロじゃないですか」(清和会の国会議員)

 第3の候補として出馬に前向きな高市早苗前総務相はどうか。二階派の国会議員がこう話す。

「若手議員を中心に推薦人20人が確保できたようだ。コロナ対応で後手にまわり党内でも反発が強い菅首相では選挙が戦えないという思いからでしょう。うちの派閥も若手が高市氏支援に回っても止めないんじゃないでしょうか。二階派は菅首相の支援は今回はしないでしょう。二階さんをあんな形で切ったんですから…」(二階派の国会議員)

 肝心な幹事長人事が前に進まず、四面楚歌の菅首相。

「そもそも負ける総選挙を仕切る幹事長なんて泥舟ですから。まだまだ波乱があるんじゃないでしょうか」(自民党幹部)

どう打開を図るのか?(AERAdot.編集部 今西憲之)