河野太郎ワクチン担当相は17日告示29日投開票の自民党総裁選挙に出馬する考えを9月10日、正式に表明した。

 河野氏は総裁選に向けて「日本を前に進める」「自民党を変え政治を変える」などをキャッチコピーに掲げて戦うという。

 元外相で岸田派の岸田文雄会長、高市早苗前総務相に続いて総裁選に出馬表明した3人目の候補だ。

 昨年9月の総裁選では、安倍晋三前首相が率いる清和会(細田派)、麻生太郎副総理兼財務相の麻生派、二階俊博幹事長の二階派などが菅義偉首相を派閥で支援表明し、圧勝した。今回も候補者が派閥支援が得られるかが、大きなカギだった。

 しかし、今回、河野氏が所属する麻生派の領袖の麻生氏は河野氏の出馬について「(河野氏には)やるなら、しっかりとやれ、勝たない選挙ならやめた方がいいと言ってきた」と会見で素っ気なく述べた。麻生派の国会議員はこう語る。

「麻生氏の記者会見の言葉通り。しっかりやれとしか言わない。麻生氏自身は4回、総裁選に出てやっと勝った。その辛さを河野氏によく話していた。また、河野氏が出馬すると世代交代という感が強くなる。派閥や自民党内には当選回数を重ねつつも、閣僚になっていない議員もいる。そのあたりに配慮している。今回、麻生派は派閥として河野氏を支援しないでしょう。半分近くは岸田氏に票が流れると思います」

 10月21日に衆院議員の任期満了となるので、総選挙は10月〜11月には実施される。無派閥の若手議員はこう喜ぶ。

「河野氏がやっと表明してくれた。派閥を超えて若手の多くは河野氏を応援しますよ。選挙を戦うには、看板、顔が大事です。今回は派閥の締め付けが昨年の総裁選と比較してあまりない。コロナ禍で幹部から呼び出されることも少ないそうです。河野氏に投票しやすい状況が整いつつありますね」

 岸田氏は小泉純一郎元首相以降の新自由主義的な政治から脱却というリベラル的な政策を発表した。高市氏は出馬表明した時に靖国神社参拝を明言するなど、安倍前首相の路線の継承、保守的な政策を打ち出している。河野氏は改革路線とみられる。


「河野さんは何をするのかわからん。コロナ禍で政治が混乱してはいけない、とうちの派閥は警戒感が強い。ちょっと乗りにくいよ」

 こう語るのは、二階派の幹部だ。自民党の中では「脱原発路線」など、ハッキリものをいうイメージが強い河野氏だが、実際に一緒に仕事をした人に聞くと、そうではないという。

 自民党で20年以上、政務調査会の調査役を務めた政治評論家の田村重信さんは、河野氏が防衛相時代に防衛、安全保障問題で一緒に汗を流した。
河野氏についてこう語る。

「何も枠がない、フリーハンドの時はバーンとアドバルーンをあげて持論を徹底して言いますよ。しかし、枠に入れば、その中でキチンとやる。今回の出馬前に麻生氏のところへマスコミに見せるように何度も相談に行っている。最初、勢いはいいが、うまく最後は収める。そういう政治家だ。河野氏には小泉進次郎環境相もつくはず。私は自民党に在籍した時、何度も幹部の遊説に随行した。今、自民党で人が一番集まるのが、小泉氏で次が河野氏、そして石破氏です。私のところにも総裁選で誰を支持したらいいかと何人もの議員から相談がありました。話を聞くと、8割が河野氏と言っていました」


 かつては「脱原発路線」だった河野氏だが、会見では「安全性が確認されれば、(原発を)再稼働」と安全運転の発言だった。前出の無派閥の議員も本音をこう話す。

「誰が勝ってもすぐ選挙。河野氏は選挙用の組閣をする意向と聞いている。小泉氏など人気の高い人を要職に起用するという話もある。おそらく総裁選に出馬する岸田氏や高市氏もメンツの立つポストにつけて党がまとまる体制を組んでくれるのではないか。選挙ファーストが、若手の河野氏支持につながっています」

 河野氏の出馬表明で、さらに激戦となってきた総裁選。人気の高い石破茂元幹事長はまだ、態度を明確にしていない。二階派幹部は水面下の動きをこう話す。

「石破氏には出馬すれば、二階派をあげて支援すると伝えています。しかし、石破氏のグループ17人の中には、すでに河野氏支持で走っている若手議員が何人もいます。グループをまとめきれなかったこともあって、決断できないようだ。今回の総裁選、他の派閥は自由投票になるところもあるが、二階派はまとまって行動する。次の組閣、衆院選などを考えると、河野氏、岸田氏、高市氏といい勝負ができる候補を推して総裁選のキャスティングボートを握りたい。昨年は菅首相を一番に支援して、流れを作った。今回も石破氏と組んでタイミングを作りたいと武田良太総務相が奔走していると聞いている。二階氏が今回で幹事長を退任するので、次の組閣でのポスト確保に必死です」(前出・二階派議員)

 石破グループの議員を二階派に引っ張ろうという狙いもあるという。総裁選挙で最後に笑うのは、誰なのか。


(AERAdot.編集部 今西憲之)