混戦模様の自民党総裁選だが、世論調査で国民からの支持が高いのは河野太郎行政改革担当相(58)だ。【前編 河野太郎の旧友が語る「歌いっぷり」から「夫婦秘話」まで 新総裁本命候補が地元で見せた素顔】では幼少期〜社会人になるまでの河野氏の人物像に迫ったが、今回は政治家になって以降の人生を追った。地元での振る舞いを知る人たちからは、永田町で語られる河野氏の印象とはまた違った一面が語られた。


*  *  *
 河野氏が初めて衆院選に立候補したのは1996年。それまでの中選挙区制に代わり、小選挙区比例代表並立制が導入された最初の衆院選だった。選挙制度の変更により、父親の洋平氏の選挙区が分割されたため、河野氏は神奈川15区から自民党公認で立候補し、見事に当選。33歳のときだった。


 河野氏が政治家になる前から交流がある平塚市の片倉章博市議は、初出馬までの経緯をこう振り返る。


「河野が31歳くらいの時、平塚青年会議所(平塚JC)に入って来たんです。ちょうど(富士ゼロックスから)日本端子に転職した後くらいです。私はすでに平塚JCに入っていましたが、同じ年齢だし、前から知っていたこともあって、より深くつきあうようになった。この平塚JCで知り合った仲間たちが、河野の選挙の支持基盤になったんです」


 河野氏とは30年来の付き合いだという平塚商工会議所の常磐卓治会頭は、若き日の河野氏の姿をこう話す。


「地元の食事会にも顔を出して、当選1期目の時からみんなの前で『将来は総理を目指す』と言っていました。河野さんはお酒を全く飲まず、だいたいはウーロン茶なんですけど、七夕祭りとか地元のイベントにもよく顔を出していました。女性から人気も高かったですね」


 河野氏は祖父、父と3代続く政界のサラブレッドゆえに、選挙では先代から受け継いだ「地盤・看板」の力も大きかっただろう。だが、河野氏自らも地元では人脈作りに励み、選挙の基盤を作っていたようだ。片倉氏が続ける。


「彼が2期目くらいの時、車の中で『河野、大臣だったら何になりたいのよ』と聞いたら『やるなら外務大臣をやりたい』と言っていましたね。2009年に自民党が下野した後も、シャドウ・キャビネットで行政改革・公務員制度改革担当大臣としてがんばっていた。でも、われわれは河野を応援しているから、いつ本当の大臣になれるのかと思っているわけですよ。2015年10月に行革担当大臣に選ばれる直前くらいかな、河野と2人で『核のごみ』について議論したことがあります。私は『脱原発を封印しろとは思わない、でも、大臣になるなら、ちゃんと説明できなきゃダメだ』と言うと、彼は『何で』と聞いてくるわけです。だから私は『これからの日本でエネルギーがなければ産業は進展しない。閣外からほえているのと、国務大臣になるのとではわけが違う』という話をしました。その後、彼はブログから脱原発に関する記述を消したんです。本気になったと思いました」

 それから約2年後。2017年8月の第3次安倍第3次改造内閣で、河野氏は大きな飛躍を遂げることになる。外務大臣に抜擢されたのだ。


「ちょうどその日は地元であいさつ回りをしていて、大磯の鳥料理屋でランチを食べながら 『大臣を取りにいこう』という話をしていたとき、安倍さんから閣僚就任の電話があった。だから、私は『ほらみろ』って言ったんです」


 こうして、政治家として権力の中枢に入っていくことになった河野氏だったが、若手の頃には、後の政治信条である「突破力」を発揮した大きな経験をしている。


 Jリーグに所属する「湘南ベルマーレ」の経営再建である。1999年から同チームの代表取締役会長を務め、地元クラブの再建に尽力したのである。


 同チームの前身は、元日本代表の中田英寿氏ら名選手を輩出してきた「ベルマーレ平塚」だ。だが、99年にメインスポンサーだった大手ゼネコンのフジタが経営不振に陥り、クラブ運営から撤退することになる。大幅な予算縮小により、主力選手の放出を余儀なくされる中で戦った99年のシーズンは最下位に終わり、J2への降格が決定した。経営的にも戦力的にも、クラブは存続の危機に立たされていた。そんな中、白羽の矢が立ったのが、地元選出の衆院議員の河野太郎氏だったのだ。


 河野氏とともにクラブ再建を担い、湘南ベルマーレの代表取締役会長を務める眞壁潔氏は当時の状況をこう話す。


「当時、ベルマーレの資本金は2億4100万円でしたが、クラブ経営には毎年最低でも4〜5億円かかる。当時のJリーグでは1年で億単位の赤字が見込まれ、このままでは、翌年にもクラブ解散かという危機的状況でした。それでも太郎は『1度つぶれたら、復活するのは難しい。地元のチームをつぶしたくない』と必死の思いで、ベルマーレを救うために駆けずり回ったんです」


 河野氏から眞壁氏にベルマーレ再建について協力を求める声があったのは、1999年10月上旬だという。それはあまりにも突然の電話だった。


「ここが彼が奇人、変人と言われるところだと思うんですけど、私は仕事で香港にいたんですが、夕方頃、日本から電話がかかってきたんです。何だろうと思ったら、甲高い声で『太郎です』と言うわけですよ。彼は電話で『川淵三郎チェアマン(当時)が、ベルマーレの存続を心配してくださっているけど、存続なら10月末までに決められないと、来年のカレンダーの調整ができないし、放映権も進まないと言われている。残り3週間しかない。川淵さんには、今日、平塚市長、商工会議所会頭と相談して代表は受けるけど、私一人じゃやり切れないから眞壁と一緒にやりますと答えた』と勝手に話を始めたのです」


 一方的に電話でまくしたてられた眞壁氏はあぜんとした。


「そんな大事なこと、先に私に相談するのが普通でしょう。完全に事後報告なんだもの。時間もないし、引き受けることにしたけど、太郎は『明日、帰国する?』とせかすんです。『今日着いたばかりで仕事がある。これから中国の厦門(あもい)にも行くので帰国は4日後になる』と断ると、太郎はしぶしぶ『しょうがない、待ちます』と言ってたけどね。私には笑い話だけど、初めての人はカチンと来るかもしれない。彼は根回しとかあんまり好きじゃないんですね。その代わり、スピード感を持って、やると決めたらどこまでも行動する人なんです」


 経済的に逼迫していたこともあり、クラブ再建には時間が限られていた。当然、対外的な交渉もハードなになるが、そこでは河野氏の“熱さ”が発揮されていたという。


「太郎はフジタの幹部とも、よく大声で言い合いになっていた。太郎としては、フジタ側は経営を放り出して撤退するんだから、社員は1人もいらないと言う。それに対して、フジタ側は『経験者を何人か置いていった方がいいだろう』という主張。太郎は『いや、いりません』とガンとして受けつけないから、フジタ側も『そうですか、1人もいらないんですか。けっこうです』とやりあっていたわけなんです。結局、私が意思のある人との面接をセットして、太郎の前で残りたい社員たち一人一人に思いを語ってもらったら、太郎はこの人もあの人も必要だと言って結構な人数を残しました」

 河野氏の性格について、眞壁氏はこう続ける。


「太郎はすぐに怒鳴るとかキレやすいんじゃなくて、適当にごまかそうとする人や、やったフリをする人、うまく乗り切ろうとする人が大嫌いなんです。議論をしたら面倒なことになるかもしれないけど、そこを避けて通ろうとはしないんですよ。声が甲高いから、熱が入ると怒鳴っているように聞こえちゃう。私とも何度も熱い議論になったことがありますよ」


 結果、河野氏はベルマーレを小田原市や茅ケ崎市、厚木市なども含めた湘南地域をホームタウンとするチームに再編。新たに「湘南ベルマーレ」として再出発させた。1999年から2002年まで湘南ベルマーレの会長として汗をかき、以後は眞壁氏に引き継いだ。


 湘南ベルマーレの経営から離れた後は、政治家として出世街道を歩み、外務大臣や防衛大臣を歴任するなどキャリアを重ねた。だが、私生活は一向に変わることなく、地味なままだったという。


「昨年、金の時計をしていると騒がれたけど、実際は竹で作った時計が反射して光っていただけです。車は国産エコカーばかりだし、高級品には興味がないみたいですね。自慢の一品は、ソーラー板がついている変わり種のリュックサックくらい。酒はワインも含めてまったく飲めないので、スナックへも行かないし、本当に政治が趣味の人ですね」(眞壁氏)


 今回の総裁選出馬について、眞壁氏はベルマーレの再建と重ね合わせてこう話す。


「太郎は英語が堪能だから、世界とのパイプがある。ペンタゴンに大学時代の旧友がいて携帯で話ができるし、中東にもヨーロッパにも人脈がある。太郎みたいな政治家は今後、日本に現れないと思います。総裁選はどうなるかわからないけれど、頭を取らないと何もできない。ベルマーレを立て直した時のように、嫌なことにもぶつかっても、きっと日本に必要な政治をやってくれるはずです。次の世代のために、日本が沈没してしまわないように、頑張ってほしい」


 総理になれない一族、と言われ続けた河野家。河野太郎という3代目がそのジンクスを破るか否か、地元支援者たちも固唾をのんで見守っている。(AERA dot.編集部・上田耕司)