自民党総裁選(17日告示、29日投開票)が混戦模様だ。「脱安倍・麻生」「脱派閥政治」で世代間対立の様相を呈しているという。AERA 2021年9月27日号から。

*  *  *

「1993年によく似ているな」

 ある自民党のベテラン議員は、水面直下で繰り広げられている総裁選のゴタゴタをそう揶揄(やゆ)した。93年に何が起きたのか。当時の宮沢喜一内閣に対する不満が自民党内で爆発。「派閥の古い体質はもうたくさんだ」「このままでは自民党の未来はない」と一部の若手が鉄の結束とまで謳われた派閥の掟(おきて)を振り切り造反。自民党は分裂し、直後に行われた解散総選挙で自民党は大敗。細川護熙首相が誕生し、自民党の55年体制に終止符を打つきっかけとなったのだ。

 無論、今の状況で自民党が割れることは想定できない。しかし、目下の総裁選で繰り広げられているのは「総選挙の顔を誰にするべきか」だけではない。自民党の若手を中心に深まる「古い派閥政治への抵抗」だ。

 その結果、この総裁選は世代間対立の様相を呈している。この「古い体質の派閥政治」の象徴こそ、今の自民党を支配する安倍晋三・前首相と麻生太郎・副総理兼財務相だ。総裁選の鍵となる人物は石破茂・元幹事長だと言われている。

■岸田氏は変化アピール

 総裁選の有力候補は岸田文雄・前政調会長(64)、河野太郎・行政改革相(58)だ。この2人を追う格好で高市早苗・前総務相(60)、野田聖子・幹事長代行(61)が続く。それぞれの候補について派閥との関係を整理する。

 まず最大派閥「細田派(衆61人、参35人)」の大勢の支持を取り付けたのは岸田氏だ。派閥トップの細田博之・元幹事長は14日に行われた臨時総会で「候補の一本化はせず、それぞれの議員の判断を尊重する」と語った。一本化をせず、という意味は、一部の所属議員から高市氏を推す声があがっているためだ。事実上の自主投票という体裁だ。

「本命は岸田氏。ただ自民党の自主性をアピールする意味でも高市氏も視野に入れた格好となった。安倍さん本人は分からないけれど、安倍さんに傾倒する人は高市さんを推すんじゃないかな」(細田派所属議員)

 岸田氏も「岸田派(衆34人・参12人)」を率いる派閥の領袖(りょうしゅう)だ。自分の派閥に加えて、他の派閥から何人の支持を得るのか。中でも細田派から何人の支持を得られるのかによって、決選投票の行方が大きく左右される。当初、岸田氏は菅政権の受け皿として「脱安倍・菅」、そして「古い派閥政治」からの脱却を掲げた。出馬会見では我こそは今までと違う自民党のリーダーとのアピールに余念がなかった。

 何しろ二階俊博幹事長を否定した上、アベノミクスの経済政策にダメ出し。新自由主義路線を否定し「助け合う社会」と、まるで立憲民主党を彷彿(ほうふつ)とさせるような独自の経済政策をぶちあげた。決定打は「森友問題の再調査」への言及だった。

「岸田さんは地味な人で何か大きな実績があるわけでもないけど、よく言えば安定している。抜きんでた存在ではなかったのですが、総裁選への出馬会見は生き生きとしていて、仲間内では『岸田変わったな』と評判も上々でした」(自民党議員)

■麻生は河野を信頼せず

 ところが、高市氏が立候補した途端、出馬会見で高らかに宣言した「脱安倍・菅」「古い派閥政治」への言及は急速にトーンダウン。会見の度に「アベノミクス継続」を表明し、「森友再調査」も封印した。

「しぼんだな。結局、安倍さんに尻尾をふってしまった。あれではダメだ。結局、地味な味気ない元の岸田さんに戻った」(同)

 党内から岸田氏を総裁へ押し上げようとする中堅、若手の支持が消えた。いったんしぼむと、岸田氏ほど地味なキャラクターはいない。

「太郎は変人をそのまま絵に描いたような人物だ。操縦不可能。権力を与えたら何をやりだすか分からない。だから同じ派閥の人間でも常に疑心暗鬼なんですよ」(麻生派所属のベテラン議員)

 河野氏は麻生財務相が束ねる「麻生派(衆41人、参12人)」の所属だ。しかし、だからと言って、当の麻生氏から次期リーダーとして絶大な信頼を得ているかと言えば、全くそうではない。菅政権で同じ閣内にいても、2人が冗舌に会話をしている場面はほとんどない。麻生氏が、河野氏を信用しきれていないのは「脱原発」に象徴される、麻生氏から見れば突拍子もない言動の数々だという。

「麻生さんの本音は『お前、何、考えてんだ』でしょう」(同)

■「反安倍・麻生」の結集

 その河野氏は「脱安倍・菅」「古い派閥政治」への言及を独特の微妙な言い回しで回避し続けている。例えば会見で「森友再調査」を否定してみせ、細田派への配慮をちらつかせる一方、経済政策では日銀重視の需要型の財政・金融政策とは違う、どちらかといえば従来の自民党型の社会保障を重視し、需要ではなく経済の供給部分の改革に行革担当相としての実績もアピールしながら踏み込んでいる。会見ではアベノミクスに対する評価には具体的には触れていない。つまり、岸田氏に比べると「脱安倍」路線は明確だ。

 その意味で安倍・麻生両氏が恐れるのが、河野氏の元への「反安倍・反麻生」勢力の結集だ。中心人物は3人。石破元幹事長、小泉進次郎・環境相、そして二階派(衆37人、参10人)を率いる二階幹事長だ。結局、今回の総裁選の本当の意味での権力闘争は、安倍・麻生派閥とそれ以外の派閥の代理戦争ということになる。

 中でも安倍、麻生の両氏の政敵と言われる石破元幹事長の影響は大きい。大きいが故に、それを受けいれるか否かで、当初、河野陣営も議論が割れた。

「石破さんは自民党内野党だから、彼がこっちの陣営とのニュースが流れるだけで、それはもう、安倍・麻生陣営を刺激するでしょ。しかも、太郎さんは麻生派だからね」(自民党議員)

 石破氏と麻生氏の因縁は2008〜09年の麻生政権時代にさかのぼる。当時、石破氏は農水相だった。麻生内閣の末期、石破氏が「このまま麻生さんでいったら、自民党が3分の1になる」と麻生氏に退陣を迫ったことがきっかけだと言われている。

■選挙には河野・石破

 実際に総裁選に一票を投じる議員、党員にはこんな葛藤があると、ある自民党地方議員は打ち明ける。

「党内での出世を考えたら麻生さん、安倍さん。けれども、選挙のことだけを考えると、石破さんと組んだ河野さんがいい。安倍さん本人が出るならともかく、岸田さんや高市さんでは乗れない」

 つまり、国民目線に立てば安倍・麻生はダーティー過ぎる。人気度、好感度の高い「石破」「小泉」を率いた「河野」という布陣は決して悪くないというのだ。何しろ石破氏自身はともかく、「若い次世代」という面をアピールできるのだ。ただ、来年に選挙を控える参議院の改選議員は少し事情が異なる。「先を考えれば安倍さんが推す岸田さんだ。河野氏はそれまで人気が持たない可能性がある」

 女性初総裁を目指す2人はすでに厳しい戦支度となっている。高市氏は「政治思想が安倍さんよりも極端でついていけない」。野田氏は「推薦人20人を集めるのが精いっぱい。決選投票までたどり着くだけの政治的体力に乏しい」との党内の声があり、先をゆく2人には後塵を拝している。

 また意外にも「コロナ禍」であることが、どの陣営にも影響を与えている。なぜならば、いつ、どこで、誰が、誰と会っている、ということが可視化されにくいのだ。あるベテラン議員が苦笑する。

「かつて総裁選は、あの会館で誰と誰が会っていた、みたいな情報に各選対が一喜一憂したものです。けれども今は若手になればなるほどオンラインでしょ。影響力のある議員ほど動向が見えないのです」

 いずれにしても自民党というコップの中の権力争い。選挙のために顔をすげ替えるだけでは、有権者はすぐにさじを投げるだろう。(編集部・中原一歩)

※AERA 2021年9月27日号