河野太郎氏、岸田文雄氏、高市早苗氏、野田聖子氏の4人が立候補した自民党総裁選。ジャーナリスト・田原総一朗氏は、どの候補に期待を寄せ、新総裁に何を求めるのか、AERA 2021年10月4日号で答えた。

*  *  *

 最後まで出馬に悩んでいた石破茂氏が、不出馬を表明し河野氏の支持に回った。

「これは河野さんにとって、プラスとマイナスの両方に働く」

 ジャーナリストの田原総一朗さんはそう指摘する。

 プラスは、石破氏の強みである党員票を取り込むことができる点。マイナスは、石破氏に強い反感を持っている安倍晋三前首相の反発だという。

 森友学園を巡る公文書改ざん問題で、石破氏は再調査をしない安倍氏の姿勢に公然と異論を唱えてきた。その石破氏が河野氏を応援するということは、安倍氏は河野氏に対する反発をあからさまにしてくると。

 しかも安倍氏は、河野氏の考えにも反対しているという。

 昨年、安倍氏が首相辞意を表明して菅義偉首相に決まった時、田原さんは安倍氏と会い、「菅内閣になったら官房長官に河野太郎はどうか」と言った。菅氏は河野氏を非常に買っていたからだ。すると安倍氏は、「田原さん、それは僕は反対だ」とはっきり言った。なぜか。

「河野さんは『脱原発』と『女系天皇』を容認している。どちらも、安倍さんと逆の考え」

 4人が名乗りを上げた今回の自民党総裁選は「本命」なき選挙戦といわれる。1回目の投票で過半数を得る候補者がいなければ、上位2人の決選投票にもつれこむ。

 決選投票になるとしたら、河野氏と岸田氏の一騎打ちになるだろうと田原さんは見る。

「そうなると、安倍さんははっきり『反河野』に回る。しかも、麻生さん(麻生太郎副総理兼財務相)も岸田氏を支持する。そうすると、高市票は岸田さんに流れ、河野さんは厳しくなるかもしれない」

 長年、自民党政治家の傍らで取材をしてきた田原さんは、安倍・菅政権の9年間で自民党の国会議員は皆、安倍氏の「イエスマン」になったと嘆く。

「例えば、桜を見る会。これは税金の私物化で、かつての自民党であれば誰か党内の実力者が安倍さんに『やめなさい』と言い、安倍さんも割と素直な人だから、やめたはず」

 それができなかったのは、選挙制度が小選挙区になったことが大きい。小選挙区制は1選挙区から1人しか出られないため、執行部に公認されないと当選できない。だから全員、安倍氏へのゴマすりしか考えなくなり、何が起きようと誰も安倍氏の批判をしなくなったという。

「ポスト菅」として田原さんが期待するのが、河野氏だ。

 理由は、脱原発。いまアメリカやヨーロッパの先進国はみな反原発。田原さんも最終処分場の問題がある以上、日本は原発を続けるのは難しく、将来はなくすしかないという立場だ。河野氏は、福島第一原発事故前から核燃料サイクル政策を批判し、脱原発を主張してきた。

 だが、河野氏は総裁選を前に「脱原発」の持論を封印した。この点を田原さんは、そうしなければ所属する派閥の会長の麻生氏が出馬にOKしなかったからだと語る。

「河野さんが首相になったら反原発を唱える。実際、僕は河野さんに直接会って、そのことを確認していますよ」

 森友・加計問題の再調査も、石破氏が河野氏を応援する以上、当然行う。小泉進次郎環境相が河野氏支持を表明したのも、脱原発と女系天皇容認、森友・加計問題の再調査を期待しているからだという。

 河野氏が首相になれば、自民党で世代交代が起き党風は一新するのか。田原さんは言った。

「答えはあきらか」

(編集部・野村昌二)

※AERA 2021年10月4日号