批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。

*  *  *

 自民党新総裁が岸田文雄氏に決まった。

 菅義偉首相が不出馬の意向を示したのが9月3日。それから約1カ月、報道は総裁選の話題で埋め尽くされた。河野太郎氏と岸田氏の接戦、高市早苗氏の予想外の健闘など話題に事欠かなかったうえに、コロナ感染が収まりつつあったことも追い風となった。29日午後の総裁選はNHKほか民放各局で同時中継され、広告費換算での効果ははかりしれない。

 8月にはこんな状況はだれも想像していなかった。菅政権は五輪開催で強い非難を浴び、第5波にも襲われ、支持率も下がって総選挙では苦戦が予想されていた。それがいまや目立つのは与党の政治家ばかりで、野党の影はすっかり薄くなってしまった。このメディアジャックまで計算していたとしたら、不出馬を決めた菅首相は天才的な策士だ。

 新総裁が岸田氏であることも野党を戦いにくくしている。氏は「新自由主義からの転換」を掲げ、格差是正に積極姿勢を見せる。温厚で調整型の人物像は安倍晋三前首相や菅首相とは対照的だ。総裁選で女性候補が2人いたことも大きい。自民党は男ばかりとの批判は、今後強い説得力をもたないだろう。

 とはいえ以上は総選挙に論点がないことを意味しない。むしろ逆である。政府はコロナ対策で失敗を繰り返している。ワクチンは遅れたし病床拡大もうまくいっていない。東京五輪は巨額の赤字を残し、自粛の皺(しわ)寄せは弱者に集中している。岸田氏の当選も結局は派閥の力学によるもので、古い体質の表れだ。総選挙は、そんな日本政治がこれからどう変わるべきなのか、与野党がタブーなく論争を交わし未来を切り開く貴重な機会にならねばならない。

 しかしそのためには野党はまず従来の与党批判の方程式を捨てる必要があるだろう。自民党は変わった。少なくとも、多くの国民がそう思うようなメディア状況が作り出された。その状況でいまだ「アベ政治を許さない」一辺倒だとしたら、捨てられるのは野党のほうかもしれない。

 総選挙までまだ1カ月以上ある。今度は野党起点で旋風が巻き起こるのを期待したい。

東浩紀(あずま・ひろき)/1971年、東京都生まれ。批評家・作家。株式会社ゲンロン取締役。東京大学大学院博士課程修了。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。93年に批評家としてデビュー、東京工業大学特任教授、早稲田大学教授など歴任のうえ現職。著書に『動物化するポストモダン』『一般意志2・0』『観光客の哲学』など多数

※AERA 2021年10月11日号