第100代首相に就任した岸田文雄氏。「安倍傀儡色」が濃厚な人事に早くも“ガッカリ”の声があがっているが、よく見るとそこには「安倍外し」の萌芽が……岸田氏は独自色を出していけるのか──。

 怒りを覚えた人も多いのではないか。岸田文雄新総裁が10月1日に選んだ自民党新執行部の顔触れは「安倍カラー」が濃い布陣となった。清新さはなく、スキャンダル議員も居並んでいる。

 安倍・菅政権で8年9カ月にわたり副総理兼財務相を務めた麻生太郎氏(麻生派)を、副総裁に起用。安倍晋三氏と近いことで知られる甘利明氏(麻生派)は幹事長に就いた。2016年に「政治とカネ」の問題で経済再生担当相を辞任したが、岸田選対の顧問を務めたことで表舞台に復帰したかたちだ。政調会長には、総裁選で安倍氏の全面支援を受けた高市早苗氏(無派閥)が就任。国対委員長の高木毅氏(細田派)は、過去に女性宅から下着を盗み逮捕された疑惑が報じられた。政治ジャーナリストの野上忠興氏が指摘する。

「新政権へのご祝儀相場に水を差した布陣と言えます。昨年9月の菅政権発足時では、内閣支持率が約70%にまでなりました。内閣支持率が上がれば、連動して自民党の支持率も上がるものです。岸田政権も、まずは人事で無難な船出をして、衆院選に弾みをつけるべきでしたが、今回の党役員の顔触れを見ると、スタートから減点です。国民の岸田自民党を見る目が厳しくなり、衆院選にも影を落とすことになるのではないでしょうか」

 ただでさえ“地味キャラ”な岸田首相。今やキングメーカーとして君臨する安倍氏が政権の命運を握るようでは、それこそ傀儡でしかない。政治学者の白井聡氏がこう語る。

「人事には安倍氏の影響が強く表れるとは思っていましたが、予想以上にひどい。岸田氏がなぜ、ここまで安倍氏にひれ伏すのか理解できません。総裁選では、岸田氏はかなり壮絶に闘って勝利を収めています。二階俊博氏を狙い撃ちすることで菅義偉前首相を不出馬に追い込み、乱戦のきっかけをつくった。そこへ河野太郎氏が参戦して本命視された。頼みの安倍氏は高市氏推し。当初は河野氏を総裁にさせないための当て馬とも見られていましたが、結局、安倍氏はかなり真剣に高市氏を応援しました」

 実際、総裁選が進むと安倍氏は中堅・若手議員に対して電話攻勢をかけるなど、高市氏を猛烈にサポートした。だが、高市氏が2位につけ河野氏と決選投票になれば、岸田派議員はタカ派のイメージが強い高市氏に投票しないかもしれない。河野総裁誕生を阻むために、安倍氏は土壇場で翻意し、岸田支持に切り替えざるを得なかった。

「安倍氏の影響力の限界もそこに表れていた。岸田氏は今回、非常に強い勝ち方をして総裁の座を得たのだから自分の思うような人事もできたはず。それをやらないのですから、政治家としてやりたいことがないということでしょう。それが岸田氏の最も欠落している部分です」(白井氏)

 こうした厳しい見方がある一方、今回の人事に「安倍外し」の“深謀”が隠されているとの指摘もある。その象徴が、安倍氏の「イチ推し」だった高市氏の処遇だ。高市陣営関係者が言う。

「高市さんは安倍政権で総務大臣を経験し、今回の総裁選はそれ以上のポストを目指すための出馬だった。その結果が、過去にも経験したことのある政調会長。安倍さんは、幹事長就任を希望していたそうですが……」

 総裁選で高市氏を支持した議員で、党五役はゼロ。内閣の重要閣僚である官房長官、財務相、外相への就任もない。

 官房長官人事にも注目したい。当初、安倍氏の最側近である萩生田光一氏(細田派)の就任が有力視されていたが、党内から異論が出て直前でひっくり返り、細田派事務総長の松野博一氏に決定した。岸田氏を支援した自民党議員は「萩生田さんは、安倍さんに近すぎる。松野さんは親分がいないから」と説明する。

「派閥の論理」として、党内最大派閥である細田派の意向を無視した政権運営はできない。だが、よく見ると安倍氏の影響が強い議員は巧妙に外されているのだ。

 たとえば、総務会長に抜擢された福田達夫氏(細田派)は、安倍・菅政権の強引な政権運営を批判して結成された派閥横断の若手議員グループ「党風一新の会」の代表世話人。祖父、父が首相経験者という“政界のプリンス”だ。当選回数3回だが、すでに年齢は54歳。60歳の高市氏と今後は次のリーダーの座を競い合うことになる。

 11年に細田派を退会した高市氏を安倍氏が総裁候補に指名したことに、細田派内では反発がある。その亀裂に岸田氏は手を突っ込んだのだ。前出の自民議員は、「安倍氏は衆院選後、細田派に戻って派閥の長となり、高市氏を同派の次期首相候補にすると言われているが、それを阻止したい人も多い」と話す。

 安倍氏の権勢を削ぐには、細田派内に安倍氏の影響を受けない総裁候補をつくるのが近道ということだ。

 では、「独自色」に欠かせない岸田氏自身の人脈はどんなものか。カギを握るのが、出身校である開成高校のOBたちだ。

 開成は東大合格者数40年連続全国1位の超進学校だが、意外にも同校出身の首相は初。永田町には、開成出身の国会議員と官僚でつくられた「永霞会」という組織があり、悲願は「開成OBから総理を」だった。会長は岸田氏だ。同会事務局長を務める井上信治衆院議員が言う。

「永霞会は同窓会のような組織でOB同士の親睦が中心。現在は国会議員9人、各省庁の国家公務員を中心に約600人が会員になっています」

 上下関係が厳しく「質実剛健」をモットーとする開成は、政治家よりも官僚を目指すOBが多い。だからこそ、政治家として開成OBであることに大きなメリットがあるという。井上氏は続ける。

「私も役所にいる開成OBの知人に協力してもらうことはよくあります。永霞会とは関係ありませんが、渡辺恒雄さん(読売新聞グループ本社代表取締役主筆)も開成の大先輩で、これまでもOBの国会議員を集めて戦後政治のお話を聞かせていただいたことがあった。開成のつながりは大きな財産です」

 その開成人脈が早くも動いている。政権運営の陰の司令塔となる首相秘書官には、開成OBの嶋田隆・元経産事務次官が起用される方向。また、やはり開成OBで元警察官僚の北村滋・前国家安全保障局長を官房副長官に起用する案も一時は検討された。北村氏といえば安倍政権で内閣情報官を務め「官邸のアイヒマン」と呼ばれた人物。またも安倍氏と近い人物が……とも思えるが、『官邸官僚 安倍一強を支えた側近政治の罪』などの著書があるノンフィクション作家の森功氏はこう話した。

「北村氏は安倍氏が送り込んだというより、開成高で岸田氏の1学年先輩でもともと仲がいい間柄で、ブレーン的存在。ただ、『安倍傀儡』と見られるのを避けるため、今回は官邸入りすることはなさそうです。永霞会を取りまとめている武藤敏郎・元財務事務次官や、丹呉泰健・JT会長らも『岸田推し』でまとまっています」

 実際、10月4日には北村氏ではなく、栗生俊一元警察庁長官が官房副長官に内定したと報じられた。

 岸田政権に対する安倍氏の影響力について、森氏はこう見る。

「岸田氏には安倍氏の傀儡と見られたくはないという思いがある。むしろ頼っているのは麻生氏です。麻生氏も宏池会の流れを汲むので、気脈は通じているようです」

 前出の政治ジャーナリスト・野上氏が解説する。

「中曽根康弘氏が1982年に田中支配の中で政権を取った時も“田中曽根内閣”と揶揄されたものでした。田中角栄氏の影響下にある内閣という意味ですが、角栄氏がロッキード事件で失脚したこともあり、中曽根氏はしだいに自前政権へと舵を切っていきました。キングメーカーの安倍氏もモリ・カケ・サクラの“爆弾”を抱えています。岸田氏も急な安倍離れは無理としても、権力のトップに就いたのですから、徐々に自分のカラーを出していくべきです。安定した堅実な政治家に変身、国民の信頼感を取り戻すチャンスはあり得ます。たとえ3Aといえども、総理大臣をないがしろにはできないのですから」

(本誌・亀井洋志、西岡千史)

※週刊朝日10月15日号に加筆