10月19日公示、31日に投開票と決まった衆院選挙―-。5年あまり幹事長を務めた二階俊博氏の退任で自民党内が混乱している。

 党内の競合区に多くの候補者を抱える二階派は、2017年の衆院選でも岸田文雄首相が率いる岸田派などと激しく対立した経緯があり、その取り扱いが焦点となっている。

「選挙日程が想定より2週間ほど早まり、サプライズ感がすごくありますね」

 自民党の二階派の衆院議員は選挙準備に追われながらこう話す。

 特に懸案になっているのは、総裁派閥である岸田派と二階派が競合する山口3区、静岡5区だ。

 山口3区は二階派ナンバー2で11回目の当選を目指す河村建夫元官房長官が現職だ。そこへ岸田派ナンバー2で農水相、防衛相などを歴任した林芳正氏が参院山口県選挙区から鞍替えし、激突する。

 林氏は山口3区の県議らをほぼまとめ上げ、選挙体制を築く。林氏支援の地元県議によると、「林氏が優勢との声が多い」と話す。林氏が出馬の意向を固めてから、山口3区では美祢市や宇部市で昨年、市長選があった。宇部市は林氏の元秘書が当選、美祢市も林氏に近い人物が勝った。

 だが、河村氏も黙っていない。今年3月の萩市長選では、河村氏の実弟、田中文夫氏が当選。前哨戦は2勝1敗で林氏がリードしている。

 一番の焦点は、自民党の公認問題だ。山口県連は林氏を党本部に公認申請することを決めた。自民党の原則は現職優先だが、それをひっくり返した形だ。

「次期衆議院選挙について山口県第3選挙区は林芳正氏を公認推薦候補として、本日の自由民主党山口県連選挙対策委員会にて全員一致で決定し、自民党本部に公認推薦願を提出致しました」

 県連の塩満久雄会長代行は自身のSNSにこう綴っている。

◆大物同士が激突する山口3区

 だが、河村氏の陣営は「現職優先だ」として反発。河村氏陣営の地方議員はこう語る。

「現職の河村氏がいながら、なぜ、公認が林氏になるのか。こんなおかしな決定は認められない」

 

 また、河村氏の実弟、萩市の田中市長は萩市商工会議所のトップが林氏の後援会長を務めているとして、「是正を求めたい」と勧告。

 二階派の領袖、二階幹事長も昨年、山口県に派閥議員を連れて乗り込み、「売られた喧嘩は買う」と対決姿勢をアピールした。自民党幹部はこう嘆く。

「二階氏が幹事長続投なら河村氏という可能性もある。だが、林氏は岸田派で県連でも決定している。河村氏は追い込まれた。今回勝てば、衆院議長の可能性もある河村氏は『黙って林氏に譲るわけには』と言っていた。一方、林氏は『もう今回しかチャンスはない。不退転です』と言っていた。林氏にとっては岸田氏が首相になり、二階氏が幹事長を退任と風が吹いているね。しかし、お互い引くことはなさそうで最後まで揉めるでしょう」

 河村氏も自身のSNSで「いよいよ決戦に向けて前進あるのみ」と記している。ちなみに河村氏の前回の衆院選の得票数は103173、林氏の前回の参院選での得票数は374686。河村、林両氏や安倍晋三元首相と親しい山口県防府市の松浦正人元市長はこう語る。

「地元では河村氏の衆院議長待望論もある。安倍元首相に続き、地元ではおめでたい話になるかもしれない。私は山口県で何回も地方選挙も国政選挙を仕切ってきた。確かに用意周到な林氏がリードしているようだが、私が歩いた感触ではあまり差はないと思うよ」

◆静岡5区の細野豪志元環境相は?

 もう一つ、二階派と岸田派でガチンコなのが、静岡5区だ。

 自民党の現職、吉川赳衆院議員と二階派特別会員で無所属の現職、細野豪志元環境相が対決する。

 前回の17年の衆院選では、希望の党から出馬した細野氏が137523票を獲得、92467票の吉川氏を破った。その後、細野氏が無所属となり、二階派に所属し、自民党入りを目指した。

 一方で敗れた吉川氏は19年に自民党議員の不祥事で繰り上げ当選となり、バッジをつけることとなった。

 これまで静岡5区では細野氏が吉川氏に3連勝しているが、いずれも野党時代だ。

 細野氏と地元の自民党県連は長年、対立。県連は吉川氏支援でまとまっているという。だが、二階氏が幹事長時代の昨年11月、静岡5区に入り、「勝つか負けるか分からない(候補者)ではだめ」「細野さんなら間違いない、彼を支援する」とぶち上げた。

 だが、土壇場で頼みの二階氏は幹事長の座を去り、無役になった。

一方の吉川氏は総裁派閥、岸田派に属する。

◆二階派と近い小池新党の動きは?

「無所属で戦うわけで、非常に厳しい。覚悟はできています。来るべき戦いに臨みます」

 細野氏は出馬の方針に変わりないことを自身のSNSで明かした。前出の自民党幹部がこう語る。

「静岡5区でも細野氏の後ろ盾、二階氏が表舞台から消えた。吉川氏のバックは岸田首相、甘利明幹事長だ。吉川氏の公認は確実だ。細野氏は小選挙区で勝つしかないが、自民党でも野党でもない立ち位置では難しい選挙になるだろう」

 二階派の苦境はこの2選挙区以外でもある。群馬1区では二階派の中曽根康隆衆院議員(比例当選)と安倍元首相が実質的に率いる細田派(清和政策研究会)の尾身朝子衆院議員が激しく公認争いをしている。ちなみに前回の衆院選で尾身氏の得票は92641。野党共闘が成立していれば、計97387票となり、逆転される可能性もある。

「岸田氏がうまく二階氏を幹事長から追い落としたね。公認争いの相手は岸田派や細田派でしょう。二階派は圧倒的に不利になり、負け組になり、たぶん、公認は取れないだろう。そうなった場合、良好な関係である東京都の小池百合子知事の国政政党『ファーストの会』に入れて出馬させるのも選択肢でしょうね。事実、細野氏は前回、希望の党で小池氏とともに戦いました。二階氏ならやりかねない」(二階派幹部)

 ご祝儀相場とならず、支持率で伸び悩む岸田政権。新執行部はどのような決断を下すのか。(AERAdot.編集部 今西憲之)