衆院選が終わり、今後は11月10日の特別国会で首相指名が行われ、今月下旬からは臨時国会が始まる見込みだ。コロナ対策や経済対策など課題が山積している中でどのような国会が展開されるのか。AERAdot.は、主要政党の党首らが選挙最終日の演説で語った内容を分析した政府資料を入手した。この資料をもとに次の国会で期待できる政党はどこなのか、専門家とともに読み解いた。

 まず、与党から検証しよう。自民党の岸田文雄総裁の演説はどうだったか。最後の演説は東京都品川区のJR大井町駅前で行われた。およそ12分の演説だった。AERAdot.が入手した政府資料を見ると、内容は「候補者の紹介」21%から始まり、「コロナ対策」25%、「経済対策」23%、「外交安保」9%、「決意表明等」12%となっている。金持ち喧嘩せずなのか他党への批判はなかった。

 総裁選では「令和版所得倍増」「金融所得課税の見直し」「子ども庁の創設」など看板政策を掲げたが、演説ではコロナ対策とそれに絡んだ経済対策の主張が全面に出て、総裁選で語られた看板政策は出てこなかった。自民党の公約でも看板政策は消えており、 “岸田カラー”は完全に希薄化した形だ。

 政府資料の分析では

「コロナ対策、経済対策、外交安保をバランスよく説明するも、聴衆を引き付けるパワーワードなし」

「『成長と分配』を強調するも、野党の分配政策との差異が伝わり切らず」

 などとなっており、岸田カラーの後退がそのまま評価に表れているといえそうだ。選挙アナリストの岡高志さん はこう見る。

「岸田総裁の演説を見ましたが、迫力がなく、何を訴えているのか伝わってきませんでしたね。可もなく不可もないような内容でした。ただ、失敗はしない感じ。国会でも安全運転で乗り切っていくのではないでしょうか」

 公明党の山口那津男代表の最後の演説は、東京都江戸川区の船堀駅前だった。15分程度の演説で、内容は「比例投票の呼びかけ」17%、「コロナ対策」23%、「経済対策」13%、「子ども政策」34%。意外だったのは「立憲批判」が8%と多いこと。さらに「勝たせてコール」5%となっていた。

 演説では、経済対策としてマイナンバーカードを持っている人に電子マネーとして使えるポイントを一人一律3万円付与する施策の実現や、0歳から高校3年生まですべての子どもたちに「未来応援給付」を届けるなどと主張した。

 生活者目線を重視する公明党らしい演説でもあるが、政府資料の分析では

「堅実な政策を理路整然と語るも、自党支援者向けのアピールに終始」

「経済対策や子ども対策については、実現可能性の低いバラマキ型事業のPRが中心」

 などとバラマキであると厳しく見ている。

●国会で中心プレーヤー不在の維新

 そして今回、大躍進し、自民党が連立を組む公明党の議席を超した日本維新の会はどうか。

「なんでも反対ばかりの立憲民主じゃダメ。感染が増えてきたら吉村が悪いんだとか言っていましたよ、立憲民主党の代表。名前いいませんけど、枝野さん。じゃあ、立憲民主党は大阪のために何をしてくれたんですか、立憲民主党は国のために何をしたんですか、辻元清美さんは何をしたんですか」

 10月30日、大阪市の南海難波駅前で、日本維新の会副代表の吉村洋文大阪府知事は、立憲の枝野代表、大阪10区から出馬していた辻元氏を名指しで批判。集まった聴衆からは歓声と拍手が上がった。

 吉村氏の演説は約20分だった。政府資料によると、その内容は、「檄(自民党に一泡吹かせる)」8%、「大阪の実績アピール」46%、「改革の連呼」21%、「他党・政府批判」25%となっており、一番、攻撃的だった。

 維新の公約では「消費税のみならず所得税・法人税を減税する『フロー大減税』を断行」「日本の競争力を高める規制改革を実施」などを掲げているが、吉村氏から政策の話は出てこなかった。他の政党の党首らの演説には「コロナ対策」、「経済対策」などが一定の割合で語られている中で、この姿勢は「異質」だ。

 政府資料の分析では

「橋下時代の大阪での実績のアピールに終始し、大阪での施策の全国展開を主張」

「枝野幸男氏、辻元清美氏など、具体的な人物名を挙げて、激しい他党批判や個人攻撃を展開」

「『改革』というワードを連呼も、その中身は『経済成長』『民間に任せる』という抽象論のみ」

「大阪のコロナ対策は全国的に最低水準であり、主要政党の中で唯一コロナ対策に言及なし」

 と厳しい評価が並ぶ。

 前出の岡さんはこう見る。

「コロナ対策はアピールできる成果が少なく、話さなかったのでしょう。しかし、吉村さんは大阪の人に大阪の話、大阪の未来を語りながら、国会議員を批判して、それだけで支持を集めている。独特なポジションを確立しています」

 今回の衆院選では大躍進した維新だが、国会でも存在感を見せられるかは不透明感が漂う。岡さんはこう指摘する。
「吉村さんは国会議員ではないので、維新は国会でどう存在感を出していくかが課題ですね。共同代表の片山虎之助参議員がよく出てきますが、政府との対決姿勢がなく、質問もマニアックな印象です。国会で中心的なプレーヤーになる人材がいません」

 維新以外の野党の方はどうか。

 立憲民主党の枝野幸男代表の演説は「自己紹介」10%、「コロナ対策」24%、「自民党批判」8%、「経済対策」37%、「子ども政策」7%、「投票呼びかけ」14%といった内容だった。

 政府資料では

「与党の政策との違いを丁寧に説明しつつ、政権批判も織り交ぜながら、説得力のある演説」

 と評価されながらも、

「バランスよく各政策に触れているものの、いずれの対策も財源の担保がなく実行可能性低」

「『変えよう』というフレーズを多用するも、パワーワードとして有権者に刺さらず」

 と全体的には辛めの評価だった。

 日本共産党の志位和夫委員長の演説は「挨拶」15%、「自公批判」12%、「コロナ対策」17%、「新自由主義批判」15%、「環境」13%、「ジェンダー」15%、「平和」4%、「政権交代呼びかけ」4%だった。

 政府資料の分析では

「自公政権との明確な対立軸を提示するとともに、立憲民主党らとの『野党共闘』をアピール」

「ジェンダー、環境、平和など他党に比べて幅広い政策課題をカバーし、社会的弱者へも目配り」

「訴求性のある演説とはなっている」

 と他党と比べて評価の文言が並ぶが、

「党派色が強く、幅広い層に浸透するには依然、高い壁あり」

 と指摘されていた。

 先の岡さんは今後の国会の展開についてこう見る。

「維新にはキープレーヤーが不在、立憲も枝野氏が代表辞任を表明し、これまで国会を盛り上げてきた辻元清美氏も落選し、不透明感が強いですね。共産党の志位さんは実力がありますが、国会議員の数が少なく、政府と厳しく対峙する機会も少ない。岸田さんが強力なリーダーシップを発揮するわけでもなく、野党も弱く、中心となる人物が不在で、『核なき他弱国会』になるのではないでしょうか」

 国民の期待に応える政治が展開されるか。

(AERA dot.編集部・吉崎洋夫)