「政権選択選挙」を掲げた総選挙で、立憲民主党は議席を減らした。引責辞任する枝野幸男代表に代わり、「次世代の野党の顔」には誰がなるのか。

*  *  *

 その日、SNSには「#枝野辞めるな」の文字が躍った。2日、2017年の立憲民主党の誕生時から同党を率いてきた枝野幸男代表(57)が党執行役員会で辞意を表明した。自ら掲げた「政権選択選挙」で、公示前の109議席から「13議席減」させたという理由だ。辞任表明する枝野氏の表情は淡々としていた。

「政権選択の構えを作ることはできたが、現有議席を下回るという大変残念な結果となった。ひとえに私の力不足だ」

■夢にも思わなかった

 突然の辞任劇に同党は騒然となった。枝野氏は憲政史上初めて全国217の選挙区で「野党共闘」を実現した。中でも5野党、特に共産党との選挙協力は画期的だった。対する自公政権は危機感を抱いた。自民党は「これは選挙のための野合だ」と、自ら創価学会を母体とした公明党と長年、選挙協力している事実を棚上げし批判した。選挙期間中、SNSを埋め尽くしたのは共闘を揶揄する「立憲共産党」の言葉。その発信源は、自民党副総裁の麻生太郎氏だった。

 多くのメディア関係者が、この与野党対決の軍配は、野党に上がるのではないかと感じていた。選挙当日の出口調査でも「自公過半数割れ」を裏づける数字が全国で相次いだのだ。しかし、結果は全く違っていた。開票日当日、枝野氏の盟友で、立憲民主党の福山哲郎幹事長(59)は「議席が増えることはあっても、議席が減るなどとは夢にも思わなかった」と声をつまらせた。

 興味深い数字がある。実は217の選挙区のうち、1万票以内の差で負けた選挙区が「31」。5千票以内の僅差で負けた選挙区が「15」あったのだ。福山氏は衆院選での「野党共闘」は間違っていなかったと強調した。

「つまり1対1の構図に持ち込んだからこそ、最後の最後で競り負けたことが全て倍返しとなって跳ね返った。もし、競り負けた選挙区の半分で勝っていたならば、比例も合わせて立憲の議席は最低でも130から140は獲得していただろう。そして、維新の躍進はあったにしても自民党は単独過半数割れ。永田町の風景は大きく変わっていた可能性がある」(福山氏)

■一言で言えば中途半端

 枝野代表は辞任すべきか否か──。党内外から責任論が巻き起こった。これに先立ち、福山氏は早々と「私の腹は決まっている」と周囲に幹事長職辞任を告げた。事実、党内には「13減」の衝撃はあったものの、良くも悪くも福山氏が引責辞任することで「枝野続投」という選択肢もあった。ある自民党のベテラン議員の一人は、「わずか13減で党首の首をすげ替えるのであれば、党首は何人いてももたない」と逆に枝野氏を慮った。しかし、枝野氏は身を引くことを決意。責任論を抱えたまま、来年7月の参議院選挙を戦うのは不可能と考えたのではないかと周囲は臆測する。

 企業で言えば「オーナー社長」に当たる枝野氏に対する不満や批判は党内に少なからずあった。ある中堅議員の一人は、2017年に一人で立憲を立ち上げた時の意気込みや執念が最後まで感じられなかったと話す。

「一言で言えば中途半端。例えば野党共闘を掲げながらも、他の野党とは一緒に街宣で並ぶことさえ極力避ける。消費減税は事実上の公約のはずなのに選挙戦では最後まで触れない。この人は口では政権交代と言いながら、本気ではないのではないかと有権者に勘ぐられ、見透かされてしまったのではないか」

■次世代の自覚と責任

 枝野氏の辞任を受け、党内は一気に「政局」へと転じた。誰が次期代表になるのか。本命の一人と名前が挙がっているのが、ドキュメンタリー映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」で一躍脚光を浴びた小川淳也衆議院議員(50)だ。今回の選挙で小川氏は、対立候補である平井卓也・前デジタル大臣に2万票の差をつけて圧勝した。しかも、当選確実が出たのは開票開始直後、世に言う「ゼロ打ち」だった。選挙戦最終盤、後援会幹部は「勝ち」を確信していた。

「電話をかけても、ビラを配っても、前回とは感触が全く違う。本人が街宣をやるとなれば、郊外のスーパーマーケットに200人近い群衆ができる。人から人へ支持が広がっていっているな。その手応えを感じました」

 小川氏はこれまで選挙区で当選したのはわずか1回。実はその1回が民主党政権誕生の09年の選挙だった。しかし、今回の勢いはその時以上だった。

 選挙期間中には、枝野代表も応援に駆けつけた。実は小川氏は衆院選の前から「次期代表選に出馬する意思」をSNS上で明言していた。この時も大先輩である枝野氏に感謝の意を述べつつ、聴衆と枝野氏本人を前にして、こう演説をしている。

「次世代もそろそろしっかりしないといけない。先輩をお支えしつつも、次世代はここにあり。その自覚と責任感を持ちたい」

 これを受け枝野氏は「小川淳也と言えば、なぜ君は総理大臣になれないのか。まだ、なられたら困るのですが、私がやりたいから」と、聴衆の笑いを誘いながらこう続けた。

「小川淳也が総理になるためには、党のリーダーになるためには、絶対に自分で乗り越えなければならないハードルがある。選挙に強くならないといけない。リーダーたるもの、自分の選挙に顔を出さなくても勝てなくてはならない」

■自らは中道ど真ん中

 小川氏と枝野氏の接点は、民主党時代にさかのぼる。「影の総理」と言われた仙谷由人元官房長官が主宰する勉強会「凌雲会」の同志だった。無論、小川氏は最若手。枝野氏は仙谷氏を「政治の師」と仰ぎ、小川氏も同じ四国出身の仙谷氏に政治のイロハを教わった。小川氏はその勉強会に参加していた前原誠司氏、細野豪志氏らと意気投合し、民主党の若手世代として切磋琢磨したという経緯がある。

 その後、小川氏は前原グループに所属。前回の衆院選、いわゆる「希望の党」騒動時には前原氏と行動を共にし、比例復活当選を果たすも、選挙後の両院議員総会で希望の党代表・小池百合子氏を前に「首班指名は立憲民主党の枝野幸男氏と書くべきだ」と主張し前原氏と袂を分かち離党。その後、無所属時代に枝野氏を通じて立憲民主党の会派入りを認められ今日に至る。

 小川氏は本誌のインタビューに、自らの立ち位置についてこう述べた。

「前原さんより左、枝野さんより右の中道ど真ん中」

 そして、代表選への立候補についてはこう語った。

「枝野代表の今回の決断を重く受け止め、次世代で何ができるのかを真摯に考え、取り組む所存です。私なりの決意は固まっています。すでに賛同を示して下さっている同志と丁寧な協議を重ね、改めて態度表明をさせていただきます」

 時代の歯車なのだろうか。小川氏は2万票の大差で勝利し、逆に枝野氏は、選挙区当選はしたものの苦戦を強いられた。代表選には小川氏の他に泉健太政調会長、馬淵澄夫元国土交通大臣、大串博志元財務政務官などの名前が挙がっている。小川氏のいう「次世代」が乱立する選挙戦になることは間違いない。

(編集部・中原一歩)