自民党の甘利明前幹事長や石原伸晃元幹事長、立憲民主党の小沢一郎氏など与野党の大物議員の小選挙区落選が話題になった今回の衆院選。前回の選挙と比べて、どの候補者が票を集め、逆に失ったのか。2017年の衆院選と今回の衆院選のいずれにも出馬した候補者を対象に、2回の選挙の得票数を比較し、増減数をランキングでまとめた。

*  *  *
 総務省が公表したデータによると、今回の衆院選の最終投票率は55・93%で、前回17年の衆院選より2・25ポイント上回っていた。自民党の小選挙区での得票数は2760万票で前回より110万票の増加、公明党は87万票で4万票増加している。

■票を減らした与党候補者、上位に大物がズラリ

 まずは与党系候補者の減少ランキングを見ていこう。

 最も票を減らしたのは、宮崎1区の自民・武井俊輔氏で3万5千票減だ。武井氏は今年6月、自身も乗っていた車検切れの車で、秘書が当て逃げ事故を起こしていた。これに対して批判が高まり、自民の県議を辞めた候補者が無所属で出馬したことなどが影響したと見られる。

 2位の静岡5区の自民・吉川赳氏、3位の新潟5区の自民・泉田裕彦氏は、保守分裂が影響したと言えそうだ。静岡5区からは自民二階派の細野豪志氏が無所属で出馬し、当選。新潟5区では前長岡市長で保守系の森民夫氏が出馬し、泉田氏、森氏ともに野党統一候補の米山隆一氏に負けている。

 4位以下には、大物議員の名前がズラリと並ぶ。

 4位は福岡8区の自民・麻生太郎氏で3万票減、山口4区の自民・安倍晋三氏は2万4千票減らし9位となった。二人とも小選挙区では圧倒的な強さを誇って当選しているが、票の減り方は大きい。

 その他にも、8位は熊本2区の自民・野田毅氏(元自治相)で2万5千票減、11位は千葉8区の自民・桜田義孝氏(元五輪担当相)で1万8千票減、12位は長崎4区の自民・北村誠吾氏(元地方創生相)で1万7千票減となっている。

 政治ジャーナリストの角谷浩一氏はこう見る。

「麻生氏や安倍氏は選挙で負けることはないにしても、ここまで減ると無視はできないでしょう。森友問題や桜を見る会などの発言や対応の一つ一つが報道され、有権者もそれをしっかりと見ているのだと思います。特に安倍氏の山口4区では投票率が前回より9ポイントも減り5割を切った。離反票を招いたのも特筆すべきですね。また、今回は与野党問わず、70歳以上のベテラン層に厳しい選挙になりました。コロナ禍を経験し、古い価値観を持つ政治家を変えるべきという投票行動があったのでしょう」

■暴言、失言が影響した候補者も

 野党系の候補者はどうか。最も減少数が大きかったのは、日本維新の会から出馬した石崎徹氏で9万4千票減だった。石崎氏は前回選挙は自民党から出馬していたが、19年に秘書に暴言を浴びせ、暴行を加えた事件が発覚。20年に新潟簡裁から罰金20万円の略式命令が出され、自民党を離党した。今回の選挙では維新から立候補。維新には全国的に風が吹いたが、得票率は7・6%にとどまり、供託金没収の惨敗だった。

 2位はれいわ新選組から出馬した愛知10区の安井美沙子氏で4万5千票の減、次いで無所属の千葉6区の生方幸夫氏が3万7千票減となっている。愛知10区はれいわの他、立憲や共産、維新からも候補者が出ており、野党票が割れたと言えそうだ。生方氏は今年9月、北朝鮮による拉致被害者について「もう生きている人はいない」などと発言し、関係団体の他、世論からも激しい批判を受け、大きく票を減らしたと見られている。

 反対に票を増やした候補者のランキングを見ていこう。

 与党系で最も票を増やしたのは愛知11区の自民・八木哲也氏で6万1千票の増加だった。自民党総裁選で注目を集めた神奈川15区・河野太郎氏の5万票増をも上回った。これまで愛知11区では、トヨタ労組の組織内候補が野党から出馬し圧勝してきたが、公示直前に立候補を取りやめ。その結果、八木氏に票が流れたと見られている。

 票を増やした候補で目を引くのは、40代、50代の比較的若い候補者だ。岸田内閣で経済安保担当相に抜擢された千葉2区の自民・小林鷹之氏は4万4千票増の4位、同じくワクチン接種推進担当相になった山梨2区の自民・堀内詔子氏が3万8千票増で6位に入っている。

■野党で最も増やしたのは神奈川13区

 野党系候補者のランキングで最も票を増やしたのは、自民党の甘利幹事長(当時)に勝った神奈川13区の太栄志氏で6万7千票の増加だった。石原伸晃元幹事長に勝った東京8区の吉田晴美氏が6万1千票増と続いた。

 その他には、日本維新の会から出馬した兵庫7区の三木圭恵氏、兵庫6区の市村浩一郎氏が、それぞれ5万票強を増やすなど、維新の候補者がトップ10に4人入り、勢いが伺える。

 角谷氏はこう見る。

「甘利氏は金銭問題が再び注目されたことが影響したのでしょう。伸晃氏は10年も前に幹事長をやってから、これから先への期待感がない。太氏と吉田氏は、未来への期待に応えてくれそうな候補者として評価されたのだと思います」

 さらに維新についてはこう語る。

「維新は自民党に代わる保守政党であるという認識が定着しつつある。橋下徹氏が政界を去って勢いは落ちたと思われたが、吉村洋文大阪府知事がコロナ禍で注目を集め、人気を集めている。明らかに吉村時代になっており、維新にとっては第二黄金期に入ったと言える。維新の改革が全国区になるかは、吉村氏が全国区になるかにかかっているでしょう。吉村氏はいつ国政に来てもおかしくない状況で、今後の展開に注目が集まっています」

 次の参院選ではどのような変化が見られるか。(AERA dot.編集部・吉崎洋夫)