自民党最大派閥「安倍派」が誕生した。清和政策研究会(旧細田派)は11月11日に総会を開催。会長だった細田博之氏が衆院議長に就任したことで安倍晋三元首相が新会長となり、安倍派に衣替えした。

 安倍氏は第10代会長で父で自民党幹事長などを歴任した安倍晋太郎氏が第2代目会長だ。その頃からさかのぼると、30年ぶりに安倍派が復活したことになる。

 挨拶に立った安倍氏は、前会長の細田氏に謝意を伝え、こう訴えた。

「清和政策研究会は半世紀にわたり日本の背骨を担い、ひたすら政策を鍛え、磨いてきた。さらに実践のため、団結して汗を流し続けたい」

 得意の外交安全保障や憲法改正についても熱弁をふるった。

「外交安全保障であります。総選挙が公示された日、北朝鮮がミサイル発射。中国は近年、急速な軍事費を背景に台湾に軍事的威圧をかけている。厳しい環境を直視することが求められている」

「憲法改正であります。維新も国民民主党も憲法改正の議論については前向きです。議論の先頭に清和会が立とうじゃないですか」

 安倍派は衆院選で所属議員数人が落選したが、それでも数は93人。第二派閥、麻生派は53人なのでダントツの数を誇る。

 そして竹下亘前会長の逝去で会長不在だった旧竹下派(51人)は茂木敏充幹事長が次期会長に内定した。自民党幹部がこう言う。

「今回の衆院選では261議席を獲得と善戦した。ただ、派閥単位でみれば、どこも人数を減らしている。これから、派閥再編の中で次の総裁候補をどう育てるのか、それが最大のポイントだ」

 麻生派は9月の総裁選に立候補し、人気の高い河野太郎氏を擁する。旧竹下派もこれまで加藤勝信元官房長官、小渕優子元経産相など「次の」争いが注目されたが、茂木幹事長が次期会長に決まった。

「次の総裁候補に一応の決着がつき、茂木氏の下で一致結束を図る」(旧竹下派の国会議員)

 一方、苦戦が続くのが、石原派、石破派、二階派だ。

 

 石原派は会長の石原伸晃氏が落選、議席を失ったことで7人にまで減少。石破派も12人となり総裁選出馬への推薦人20人には届かない。

 そして安倍、菅政権で「キングメーカー」となった二階俊博元幹事長が率いる二階派は、衆院選直後は47人から37人に減らした。

「大臣経験者の桜田義孝氏まで小選挙区で敗退し、比例復活当選。次の会長の有力候補である武田良太氏も閣僚から去った。9月の総裁選で、勝ち馬に乗れず所属議員が10人も減った。無所属の新人議員らの派閥入りが認められ、44人まで増やした。石原派や石破派、菅義偉前首相のグループに声をかけて、増やそうとやっているが、すぐにまとまる話ではないので厳しい」(二階派の所属議員)

 そして、安倍派も最大派閥ながら悩ましい問題があるという。安倍氏の再々登板も噂される中で、次の総裁候補が乱立し、まとまらないというのだ。萩生田光一経産相、下村博文元政調会長、世耕弘成参院幹事長、西村康稔元経済担当相、稲田朋美元防衛相など総裁候補者は数多い。

 しかし、9月の総裁選で安倍氏が無派閥の高市早苗政調会長を推したことで、さらに混沌としているという。安倍派の国会議員は厳しい現状をこう話す。

「なぜ安倍氏の再々登板という話が出るのかといえば、切り札がいないからです。萩生田氏、下村氏、西村氏、稲田氏と言ってもピンとこないでしょう。世耕氏は参院議員ですしね。高市氏は以前、清和会所属だったから戻れば、総裁候補の一番手となる。だが、他の有力者から待ったの声がかかるのは必至。参院選が来年7月に迫り、最大派閥として一致団結して推せる総裁候補がほしいところなのです」

 その中で一番うまく立ち回ったのが、岸田首相だ。総裁派閥・岸田派は衆院選で所属議員を42人に減らしたが、林芳正氏が参院から衆院に鞍替えして、外相に就任。岸田氏の次の総裁候補にのし上がった。

 衆院選で自民党が261議席確保したことで、岸田政権は来年夏の参院選さえ乗り切れば、長期政権になるという見方もある。

「今の状況なら、岸田首相の後継は河野氏、林氏、茂木氏という感じですよね。安倍派はまたもキングメーカーにまわるのか、高市氏が派閥に戻って総裁候補として一本化するか……。安倍氏は『高市氏を女性初の総裁に』と衆院選の時も語っており、自分の再々登板には乗り気でないようだ」(清和会所属の国会議員)

 総裁派閥の岸田派、麻生派は「大宏池会構想」を掲げて最大派閥・安倍派に対抗していくとみられる。麻生派の国会議員はこう語る。

「派閥の数で言えば、安倍派1強です。対抗できるのは、岸田派、麻生派、谷垣グループと宏池会を源流とするグループが合併する大宏池会構想しかない。まとまれば、最大派閥になります。次の総裁候補の切り札がない安倍派に対して、大宏池会構想を掲げ、林―河野連合で戦い、岸田政権後も政権を取りに行く。今回の総裁選で麻生氏は岸田首相を支持した。だが、次は派閥をあげて河野氏を支援し、総裁の椅子を取りに行くはず。大宏池会構想は安倍氏に対抗できる力を持つ、麻生氏が元気な間でしか、まとまらない。麻生氏も保守本流の大宏池会構想はやり遂げたいはずだ」

 自民党閣僚経験者の公設秘書を長く務め、派閥事情に詳しい政治評論家の藤川晋之助氏はこう話す。

「安倍氏は高市氏に力を入れていますね。憲法改正というテーマもあり、田中角栄のような闇将軍ではなく、表のキングメーカーとして影響力を保持していくとみています。それに応戦できるのは、岸田首相と麻生氏が連携する大宏池会構想でしょう。首相になるには財務相、外相、幹事長、官房長官のいずれかのポスト経験が必須と言われた。河野氏、林氏はクリアしているが、高市氏はまだ未経験です。今後の政局は安倍派と大宏池会が激突する展開になるのではないか」

(AERAdot.編集部 今西憲之)