「衆院選で261議席をとって勝ったという側面はあるが、正直、敵のダメさにも助けられての支持率アップだね」

 こう苦笑するのは、自民党幹部だ。目線を落とすのは、マスコミの世論調査結果だ。

 NHKの世論調査(11月5日から3日間)によると、岸田内閣を「支持する」と答えた人は、衆議院選挙の1週間前に行った調査より5ポイント上がって53%だった。11月13、14日の産経・FNN合同世論調査では、63・2%とさらに高くなった。

 10月に政権が発足し、すぐに衆院選を決行した岸田文雄首相。国会論戦もはじまっておらず、「手柄」は衆院選の勝利のみだが、支持率はじりじりとアップしている。

 自民党幹部はアゲの要因の一つ目として立憲民主党(以下は立憲)と国民民主党(以下は国民)がともに略称を「民主党」としたことをあげる。

 朝日新聞デジタル(11月12日配信)はこう報じている。

<衆院選比例九州ブロックで、「民主党」と書かれた投票用紙が福岡県内だけで10万票を超えたことが県選挙管理委員会への取材でわかった。立憲民主党と国民民主党がともに略称として用いたため、両党の得票割合に応じて「案分」された>

 この状況は全国でみられたという。

「どちらも民主党という略称を使ったので、票が割れた。おそらく民主党票の多くは立憲に投じたものだと思われる。略称など立憲が失敗しなければ、議席はあと10〜15程、増えていてもおかしくなく、逆に自民党にプラスになった」(前出・自民党幹部)

 さらに自民党幹部は二つ目の要因として、最大野党である立憲の代表選の迷走をあげている。

 枝野幸男代表が衆院選の敗北の責任をとり、辞任表明。11月19日告示、30日投開票という日程で立憲の代表選が決まった。立憲は自民党ほど結束の強い派閥はなく、グループで緩やかにまとまっている。

 映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』で人気となり、衆院選でも香川1区で平井卓也前デジタル大臣に圧勝した小川淳也衆院議員が当初、本命視されていた。

◆実録「なぜ、君は代表になれないのか」

 小川氏が所属するのは「サンクチュアリ」という旧社会党中心のグループで、立憲では最も数が多く、27人が名を連ねる。

 小川氏は代表選が行われると決まると、11月2日に自身のツイートで<次世代で何が出来るのかを真摯に考え、取り組む所存です。私なりの決意は固まっています。すでに賛同を示して下さっている同志と丁寧な協議を重ね、改めて態度表明をさせていただきます>と意欲を示した。

 ところが、立候補に暗雲が垂れ込めている。その要因は、立憲の最高顧問や衆院副議長を務め、引退したサンクチュアリのトップ、赤松広隆氏の存在だという。

「赤松氏が毎日のように立憲の議員の事務所を訪ねては、いろいろと持ち掛けている。事実、私が不在の時も赤松氏は事務所にお越しになられた。サンクチュアリは最大グループなので、その気になれば2人の候補に推薦人を用意できる。赤松氏が院政を敷こうとし、小川氏という候補がいながらサンクチュアリがまとまらないと聞いている。他のグループも対応に苦慮している」(立憲の国会議員)

 サンクチュアリ所属の国会議員はこうぼやく。

「赤松先生がうちの会合に来ちゃうのかな、誰も止められないもんね。また混乱しちゃう。うちは小川氏ではなく、衆院5期の逢坂誠二氏を擁立することが決まってしまった。前評判の高い小川氏だが、サンクチュアリ以外からも推薦人を集めないと、とても無理らしい。小川氏側から泣きが入っている」

 そして逢坂誠二衆院議員は20人の推薦人を確保できたとして、16日夜、代表選に出馬する意向を表明した。

 枝野氏の下で政調会長を務めた泉健太衆院議員も16日夜、出馬を表明。旧国民のグループ「新政権研究会」(22人)に所属している泉氏も推薦人を確保した。菅直人元首相の「国のかたち研究会」(16人)は、衆院当選6回の西村智奈美衆院議員を推している。しかし、西村氏本人からはまだ、正式な態度表明がない。

 立憲の役員室長、大串博志衆院議員は2017年、希望の党時代も代表選に出馬した。今回もその実績から「代表選に」との声があがる。また元国交相の馬淵澄夫衆院議員も出馬に意欲を見せている。

 しかし、他の候補者たちはまだ出馬表明していない。立憲幹部はなかなか候補者が出ない理由として「資金」の問題だという。今回は国会議員、地方票、党員票、フルスペックの代表選となる。立民の党員数は約10万人とされる。候補として名前があがっている立憲の衆院議員はこう内情を話す。

「党員の名簿などがあれば、代表選に出馬したいのですが…。党員の皆様に支援を訴える郵便を出すのが通例。10万人にはがきを出しただけで500万円以上、かかります。当然、それ以外の経費だってかかる。衆院選が終わったばかりでとてもとても……」

 自民党閣僚経験者や旧民主党議員の公設秘書を務めた、政治評論家の藤川晋之助氏はこう話す。

「自民党は代表選になれば、いろいろな意見でぶつかっても最後はまとまる。立憲を見ると同じ党なのに、互いの相手を敵視して、つぶすことで必死になり、旧民主党と変わらない内ゲバ体質です。その象徴が小沢か反小沢かで分裂し、失敗した。今回の代表選でも同じ失敗を繰り返しているように思えます。本当に政権を奪う気持ちが党としてあるなら、誰が代表にふさわしいか、見えてくるはずです」

(AERAdot.編集部 今西憲之)